名古屋第二赤十字病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 名古屋第二赤十字病院

Japanese Red Cross Nagoya Daini hospital.JPG

情報
正式名称 名古屋第二赤十字病院
英語名称 Japanese Red Cross Nagoya Daini Hospital
前身 日本赤十字社愛知県支部八事療養所
標榜診療科 内科、神経内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、小児外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、歯科、歯科口腔外科、麻酔科、病理診断科
許可病床数

812床
一般病床:810床


感染症病床:2床
職員数 1870
機能評価 一般500床以上:Ver5.0
付加機能評価(救急医療機能)
開設者 日本赤十字社愛知県支部(愛知県知事
管理者 石川清(院長)
開設年月日 1914年12月
所在地
466-8650
愛知県名古屋市昭和区妙見町2番地9
位置 北緯35度8分42秒
東経136度57分57秒
二次医療圏 名古屋
PJ 医療機関
テンプレートを表示
赤十字の標章

名古屋第二赤十字病院(なごやだいにせきじゅうじびょういん)は、愛知県名古屋市昭和区にある、日本赤十字社愛知県支部運営の病院。名古屋市には中村区名古屋第一赤十字病院中村日赤病院)が存在するため、地元では八事日赤(やごとにっせき)と呼ばれ、隣接の地下鉄の駅名も八事日赤駅となっている。 重症病床は、(ICU 10床)、脳卒中ケアユニット(SCU 8床)を備える。

名古屋市内でPICU(小児集中治療室)を持つ病院は当院と名古屋市立大学病院のみである[1]

沿革[編集]

診療科[編集]

診療協働部門
  • 看護部
  • 薬剤部

医療機関の指定等[編集]

交通[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 長田弘己 (2016年1月13日). “小児専門救急棟 来月開所へ 大府の医療センター、東海3県で初”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 県内版 20 
  2. ^ 厚生労働省HP 特定並びに第一種感染症指定医療機関の指定状況(平成24年4月1日現在)