名古屋聖霊短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
名古屋聖霊短期大学
大学設置 1970年
創立 1948年
廃止 2005年
学校種別 私立
設置者 学校法人南山学園
本部所在地 愛知県瀬戸市せいれい町2
学部 生活学科
  生活文化専攻
  食物栄養専攻
国際文化学科[1]
テンプレートを表示

名古屋聖霊短期大学(なごやせいれいたんきだいがく、英語: Nagoya Seirei Junior College)は、愛知県瀬戸市せいれい町2に本部を置いていた日本私立大学である。1970年に設置され、2005年に廃止された。大学の略称は短大。1995年に学校法人南山学園に運営移管後、2003年度まで学生募集。2004年度より南山大学への統合により短期大学は学生募集を停止し、2005年7月29日正式廃止[2]。校地は、現在南山大学瀬戸キャンパスとなっている。

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 1970年に学校法人名古屋聖霊学園を母体として設置され、その後、学校法人南山学園により運営されていた日本私立短期大学。設置された学科は家政学科のほか国際文化学科である。開学から閉学までの間に輩出した卒業生数は9,999人。キャンパスは愛知県瀬戸市内にあった。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 名古屋聖霊短期大学における建学の精神:『基督教精神に基づく「人間の尊厳」の深い理解と人間愛の実践』

教育および研究[編集]

  • 生活学科が置かれていた。生活文化専攻では、「食文化」・「インテリアデザイン」・「人間関係」・「教養」の各コースが設けられ、食物栄養専攻では、栄養士の養成を執り行っていた」。

学風および特色[編集]

沿革[編集]

  • 1948年 名古屋聖霊学園が創設される。
  • 1970年 学校法人名古屋聖霊学園により、名古屋聖霊短期大学開学。
    • 家政学科:学生数66[4][5]
      • 家政専攻
      • 食物栄養専攻
  • 1982年 国際文化学科増設:学生数116[4][6]。家政専攻廃止。
  • 1983年 家政学科に生活文化専攻開設
  • 1988年 家政学科を生活学科に変更
  • 1995年 運営主体を学校法人南山大学に変更。
  • 2003年 学生募集を終了(生活学科のみ)
  • 2005年7月29日正式廃止[2]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 愛知県瀬戸市せいれい町2

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 生活学科
    • 生活文化専攻:「衣文化」・「食文化」・「インテリアデザイン」・「人間関係」・「教養」の各コースからなっていた。
    • 食物栄養専攻
  • 国際文化学科[1]「英語文化圏」・「ドイツ語」・「スペイン語」・「フランス語」の各文化圏コースからなっていた[3]

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

資格
  • 栄養士:生活学科食物栄養専攻にて設置されていた。
教職課程
受験資格
  • 二級建築士:生活学科生活文化専攻にて設置されていた。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 名古屋聖霊短期大学の学園祭は「聖麦祭」と呼ばれていた。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 名古屋聖霊短期大学の同窓会は「聖麦会」と称する。

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

  • マルチンヒルデ・シュリュテル
  • トマ・アンナテレン
  • 會澤俊三

出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 聖霊チャペル・学生会館・体育館・図書館・学生食堂・セミナーハウスほか[3]

[編集]

  • 「マリアハウス」

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

アメリカ[編集]

  • Chestnut Hill College
  • Delta College
  • Harcum Junior College

姉妹校[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

関連サイト[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 学生募集は、1999年度入学生まで。2001年5月29日廃止。
  2. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』279頁より。
  3. ^ a b c d e f g h i 2000年度用入学案内小冊子より。
  4. ^ a b 出典:『全国学校総覧
  5. ^ 昭和46年度版40頁より。
  6. ^ 昭和58年度版51頁より。