名古屋鉄道デキ100形電気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
名鉄デキ100形電気機関車
デキ100形103
デキ100形103
基本情報
運用者 名古屋鉄道(旧)ほか
製造所 名古屋電車製作所
製造年 1924年(大正13年)、
1926年(大正15年)
製造数 4(うち初期車2、後期車2)
廃車 1965年(昭和40年)
1967年(昭和42年)
主要諸元
軸配置 B-B
電気方式 直流 600V
1500V用に改造(架空電車線方式
自重 20.0t
全長 11,430mm
全幅 初期車:2,426mm
後期車:2,425mm
全高 初期車:3,741mm
後期車:4,013mm
台車 初期車:BW MCB-1
後期車:住友 ST43-B
主電動機 初期車:WH EC221
後期車:TDK 516-A
主電動機出力 初期車:37.3kW
後期車:59.6kW
搭載数 4
テンプレートを表示

名古屋鉄道デキ100形電気機関車(なごやてつどうデキ100がたでんききかんしゃ)は、名古屋鉄道(名鉄)の前身である旧・名古屋鉄道が新製した直流電気機関車。4両(101~104)が存在した。

概要[編集]

名古屋電車製作所で新製された直流600V用凸字形電気機関車である。1924年(大正13年)に2両(デキ101・102)、1926年(大正15年)に2両 (デキ103・104)が製造され、製造年により寸法や台車、主電動機が異なる。車体の中央にある扉は荷物用のドアであり、電動貨車的な使われ方もされていたが、1500V用に改造された際、荷物室に抵抗器、コンプレッサーなどを設置したため、荷物運搬は行われなくなった。

101・102は1965年(昭和40年)、103は1966年(昭和41年)、104は1967年(昭和42年)に廃車。台車は3730系に流用された。

101と104は模型化(鉄道コレクション)された。

主要諸元[編集]

デキ101・102[編集]

  • 全長:11,430mm
  • 全幅:2,426mm
  • 全高:3,741mm
  • 自重:20.0t
  • 軸配置:B-B
  • 主電動機:WH EC221(37.3kW)×4基
  • 台車:BW MCB-1

デキ103・104[編集]

  • 全長:11,430mm
  • 全幅:2,425mm
  • 全高:4,013mm
  • 自重:20.0t
  • 軸配置:B-B
  • 主電動機:TDK 516-A(59.6kW)×4基
  • 台車:住友 ST43-B