名古屋陸軍幼年学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大日本帝国陸軍
War flag of the Imperial Japanese Army.svg
中央官衙
陸軍省
参謀本部
教育総監部
航空総監部
主要兵力
総軍
方面軍一覧
軍一覧
師団一覧
連隊等一覧
飛行戦隊一覧
歴史・伝統
日本陸軍の歴史
日本陸軍の軍服
その他
階級一覧
兵科・兵種・各部一覧
兵器一覧
通称号
 表示ノート編集履歴 

名古屋陸軍幼年学校(なごやりくぐんようねんがっこう)は、幼少時から幹部将校候補を養成するため名古屋に設けられた大日本帝国陸軍の全寮制の教育機関(軍学校)。卒業生は陸軍中央幼年学校、のちに陸軍予科士官学校へ進んだ。当初は名古屋陸軍地方幼年学校と称した。

概要[編集]

1896年(明治29年)5月に陸軍幼年学校条例(明治26年勅令第234号)が廃止され、代わって陸軍中央幼年学校条例(明治29年勅令第212号)及び 陸軍地方幼年学校条例(明治29年勅令第213号)が制定された。これに基づき、東京に陸軍中央幼年学校が置かれ、その下級学校として名古屋に名古屋陸軍地方幼年学校が設置された。そのほか、東京、仙台大阪広島熊本にも陸軍地方幼年学校が設立された。

主な生徒数は約50名で、13歳から16歳で入校し3年間の教育が行われた。学費は陸海軍の士官子息は半額であり、戦死者遺児は免除とされていた。また、制服の襟に金星のマークがつけられたことから「星の生徒」と呼ばれた。

卒業生は中央幼年学校に進み2年間の教育を受けた。中央幼年学校卒業後は士官候補生となり、各部隊で下士兵卒の勤務(隊附勤務)を六箇月間ほど務め、陸軍士官学校に進んだ。

1920年(大正9年)8月、陸軍幼年学校令(大正9年勅令第237号)が制定され、名古屋陸軍幼年学校と改称した。しかし、1922年(大正11年)のワシントン海軍軍縮条約に代表される世界的軍縮傾向のなか、1923年(大正12年)3月31日に廃止となった。

1936年(昭和11年)4月、中国での戦局が拡大しつつあるなか広島幼年学校が復活。次いで仙台幼年学校、熊本幼年学校と復活し、1940年(昭和15年)3月、大阪幼年学校と名古屋幼年学校が復活した。採用生徒数の定員は50名であったが戦時中は増員された。入校年齢は13歳から15歳までで、3年間の教育を受け、卒業後は陸軍予科士官学校に無試験で入学した。

1940年(昭和15年)11月20日、当校に台臨した梨本宮守正王により観武台と命名された。

太平洋戦争の敗戦に伴い廃止され、解散した。

跡地は現在中部管区警察学校となっているが、幼年学校時代に建てられた観武台の碑(戦後埋められていたものを掘り起こして再建)など当時の面影を一部残している。

歴代校長[編集]

名古屋陸軍地方幼年学校
  • 山本悌三郎 歩兵大尉:1897年5月1日 - 1902年4月1日
  • 橘周太 歩兵少佐:1902年4月1日 -
  • 田崎豊彦 歩兵少佐:1904年4月19日 -
  • 大沢月峰 歩兵少佐:1904年11月21日 -
  • 佐藤鶴松 歩兵少佐:1907年3月20日 - 1912年9月28日
  • 汾陽光二 歩兵少佐:1912年9月28日 - 1916年1月21日
  • 山田龍雄 歩兵少佐:1916年1月21日 - 1920年8月10日
名古屋陸軍幼年学校(第一次)
  • 山田龍雄 少佐:1920年8月10日 - 1923年3月31日廃止
名古屋陸軍幼年学校(第二次)
  • 毛利末広 大佐:1940年3月9日 -
  • 鈴木鉄三 大佐:1941年10月6日 -
  • 恵藤第四郎 大佐:1944年6月21日 -
  • 人見順士 予備役少将:1945年4月6日 -

中途退学者[編集]

終戦時に在学中だった生徒[編集]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 原剛・安岡昭男編『日本陸海軍事典コンパクト版(上)』新人物往来社、2003年。
  • 野邑理栄子『陸軍幼年学校体制の研究』吉川弘文館、2006年。

関連項目[編集]