名和統一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

名和 統一(なわ とういち、1906年(明治39年)6月18日 - 1978年(昭和53年)7月8日)は、日本の経済学者兵庫県出身。父はキリスト教徒の株屋。京都帝国大学卒。大阪商科大学(現・大阪市立大学)教授、1943年「大阪商大事件」で追放。戦後復帰、大阪市立大学教授。1951年「国際価値論研究」で京大経済学博士。1971年定年退官、名誉教授岐阜経済大学学長。マルクス経済学による貿易理論を展開した。

著書[編集]

  • 『日本紡績業と原棉問題研究』大同書院、1937 大阪商科大学研究叢書
  • 『日本資本主義と貿易問題』黄土社、1948
  • 『日本紡績業の史的分析』潮流社、1948
  • 『国際価値論研究』日本評論社、1949

共著[編集]

  • 『中国解放区の経済政策』徳田太郎共著 東方書局、1949
  • 『中国の赤い手帳』高桑末秀共著 北大路書房、1949
  • 『現代の経済 第16 新しい社会主義 その体制と運動の革新』佐藤昇共著 河出書房新社、1966

翻訳[編集]

  • エルトン・メイヨー『アメリカ文明と労働』藤田敬三共訳 大阪商科大学経済研究会、1951
  • G.D.H.コール『社会主義経済学』小川喜一共訳 岩波書店、1952
  • I.N.ドヴォルキン『科学技術革命と近代経済学』阪本靖郎共訳 合同出版、1969
  • D.ホロヴィッツ編『現代経済学とマルクス』筑摩書房、1974

参考[編集]

  • コトバンク
  • 名和統一「自画像」1-8『世界経済評論』1968年6月-69年5月