名塚佳織のかもさん學園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名塚佳織のかもさん學園
インターネットラジオ
愛称 かも學(かも学)
配信期間 2003年7月16日 -
配信サイト 音泉
BEWE2006年2月 - )
配信日 隔週 月曜日
配信形式 ストリーミング
スタジオ タブリエ
パーソナリティ 名塚佳織
ディレクター やまけん
提供 GEESTORE.COM
その他 アイエフ放送局(かつての掛け持ち番組)
テンプレート - ノート

名塚佳織のかもさん學園』(なづかかおりのかもさんがくえん)は、隔週月曜日音泉BEWEで配信されている番組。略称「かも學」。

パーソナリティ[編集]

配信曜日など[編集]

  • 配信曜日&配信サイト:隔週月曜日更新(音泉。2006年2月からはBEWEでも聴取可)
  • 放送:2003年7月16日
  • スポンサー:COSPA(#1〜#?)、キャラクターグッズの総合ショッピングモールGEESTORE.COM(#1〜)

番組概要[編集]

  • 2003年7月16日、アニメ・声優関連の総合情報サイトanista.tv(現:アニスタ.TV)で放送開始。2004年4月にインターネットラジオステーション<音泉>の新設を機に移行。
  • 同番組を始めた約2ヶ月後(2004年9月13日)に掛け持ちでアイエフメイト連動番組『インターネットラジオ アイエフ放送局』と交互に配信していた(後に「アイエフ放送局」に改題、放送は2007年12月17日に終了)。
  • オープニングの挨拶は「かもーっす」、エンディングの挨拶は「おつかもさまでした」で締めている。
  • 2006年5月8日配信分からは音泉でのバックナンバーを廃止して、BEWEで最新週を含めた過去3回分をプレミアム会員のみで配信している。
  • 投稿はEメールの他にFAXでも受け付けている。
  • 2014年7月6日にニコニコ生放送『インターネットラジオステーション<音泉>10周年記念24時間生放送』内にて、当番組と『かかずゆみの超輝け!大和魂!!』が“融合合体”した『かかずゆみと名塚佳織の朝からグッモーニン♪』が動画生配信された。

放送概要[編集]

  • パーソナリティーは名塚佳織。1人で進行するのが基本であるため、音泉の他番組と比べてゲストが頻繁に来ることは少ない。出演したとしても新曲CD宣伝(佐藤ひろ美他)や舞台告知絡みなどで出ることがほとんどである。
  • タイトルに入っているかもさんは名塚のニックネームであり彼女が幼い頃にカモノハシの唄が好きだったことから父親から名付けられた。
  • 番組開始からしばらくスタッフに指摘されないまま長らく常連リスナーのペンネームを読み間違えていたことがあったが、投稿者本人があまり気にしていなかったため、名塚が指摘に気付いて以降もそのままのラジオネームで読むようになった。
  • エンディングは必ず名塚が自分の出演アニメと他の出演ラジオ番組の情報を告知している。
2007年

コーナー[編集]

誤挨拶
チャイムの後に鳴る「起立! 礼! "○○"」の最後の「着席」の「ち」に代わる間違えた挨拶を考えるオープニングコーナー
ほ~むるうむ
テーマのない普通のお便りのコーナー
シンガー・アート・ライターKAORI
リスナーから送られてきたお題をリズムに乗って絵描き唄で即興で描くコーナー。ゲストがいる場合はゲストもそのお題を描く。
かつては番組紹介ページ内の「かもさん画廊」に掲載されていた。
かもさんわがままサイエンス(2005年1月〜)
リスナー(ゲストがいる場合はゲストの疑問)の素朴な疑問(例:「水はなぜ透明なのか?」、「チョコレートの『レート』って何?」、「栗はどうしてそんなに重装備なの?」など)を募集し、それをかもさんが思いつきのままに答える自己満足的コーナー。いかに本当のように聞こえるかのように回答するコーナーのため、あくまで正確な答えは基本的に敢えて言わず名塚が面白おかしく楽しんでいる。
2008年10月20日配信分には心理テストとしてお題に出された時もあった。

出された疑問のお題[編集]

※「#」と配信日はお題予告時、ゲスト名がないものは名塚が考えたテーマ

2009年
  • どうしてティッシュペーパーは薄いのか?(#145/2月23日)
かもさん先生の保健室
#115募集、#117(2008年1月28日)から開始。名塚が保健の先生のようにリスナーの悩み相談を受け付ける。
このコーナー開始以降は「かもさんわがままサイエンス」と交互に行われている。

終了したコーナー[編集]

English完璧かも…さん 略してE.K.K.
あの美人教師キャサリン名塚先生に英文を訳してもらう。
体育会系かおり
リスナーのスポーツに関する話を紹介するコーナー。
かもさん数分クッキング
リスナーから募集した「食べ物」「飲み物」「調味料」の3種類の食材をランダムに合わせて出来あがった料理を試食するコーナー。引いたクジの食材は本番中(ラジオ上ではCMの間)に近店で購入してエンディングで食べていたが微妙だったり不味かったりの組み合わせが多かったためこのコーナーは終了した。

ゲスト[編集]

2012年
  • #(月日) [[]]


2015年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b アニスタ.TV時代に登場。顔は見せなかったものの#18に名塚の父親、#19に見学していた姉・雅絵が『シンガー・アート・ライターKAORI』に参加してイラストを描いた
  2. ^ 本業の合間を縫って自分の作品やTWO-MIXの作品のCD告知をしていた。本人いわく年に1回のペースでゲスト出演したいと番組内で発言していたが、2007年以降登場していない。
  3. ^ 音楽プロデューサー
  4. ^ 同じ音泉番組の「石田燿子のHYPER ANISON WEB♪」出演者。「ぷち・でぃーばのミッションサプライズ」のコーナーで出されたミッションの同番組の番宣のために出演。
  5. ^ 新曲CD(2006年9月27日発売済の10thアルバム『10 LOVE』)の告知と「〜飯塚雅弓の月刊ラジオグランプリ〜 ともだち100人できるからっ♪」の番宣絡みで登場。ちなみに名塚は「ともだち-」(2006年9月26日配信分)の方にゲスト出演しており、同番組の収録の方が先だったが配信曜日の関係上で「かも學」の方が1日早い配信日になった。
  6. ^ 林奈々子がリーダーのユニット、初のメンバー全員出演。デビューミニアルバムCD『狼なんかこわくない』(2007年3月28日発売)の宣伝で登場。ちなみにメンバーの年齢は林(23)→妻鹿(22)→岩本(21)→武石(20)(2007年3月現在)と並び順になっている。
  7. ^ 毎週水曜日配信の『ケータイ少女 〜ラジオスピリッツ〜』パーソナリティ(携帯電話向け恋愛シミュレーションゲーム『ケータイ少女』リン役)。名塚は同携帯電話ゲームにも出演しており、『-ラジオスピリッツ』には#5にもゲスト登場済み。なお父親はレーシングドライバー寺田陽次郎
  8. ^ 4月12日収録(「うたわれるものらじお」+「Radio ToHeart2」合同イベント特別番組「リスナーの皆さ~ん!!公開録音でメロメロであります!!スペシャルラジオ」宣伝を兼ねて「真・うたわれのテーマ」〔4月25日発売〕が流れた)。ひげ独身は小山の愛称。「うたわれるものらじお」程ではなかったものの、この番組でも自主規制放送禁止用語レベルの下ネタ発言(レンゲの話からあの毛の話に持っていったりなど)が炸裂していた(剣戟SE音あり)。
  9. ^ sorachocoバースデーライブ『sorachoco☆Tea Party vol.2』(7月29日開催)告知出演。
  10. ^ アイエフ放送局」より、名塚のCM明けフリートーク終了後に登場。神様はインターネットゲーム「KOC」のディレクターや企画その他雑用、神様見習い1号はアイデアファクトリーの候補担当、主に「アイエフ放送局」でのゲームの宣伝活動を行っている。番組紹介の画像ではPS3専用ソフト(「アガレスト戦記」)で顔を伏せている。
  11. ^ ボーカル(Vo.)、作詞担当。アルバム『空ノ言葉』宣伝。
  12. ^ アルバム「sweet」(08年1月30日リリース)宣伝で約1年半ぶりに登場。
  13. ^ 剣伎衆かむゐ」のメンバー(剣伎衆かむゐOfficial Web Site
  14. ^ 名塚がゲスト出演したラジオ『声優学園情報バラエティ『私立 ESP学園』』のパーソナリティ
  15. ^ 大滝は専属照明
  16. ^ 「おしえてかもさ~ん!」コーナー終了後、退室
  17. ^ 2011年9月27日収録。当初は#211(9月19日)に小豆畑1人で出演予定だったが収録予定日の前日に祖母が逝去し実家に帰省したため急遽延期していた
  18. ^ 東京ジャンケンメンバー

関連項目[編集]