名探偵Mr.カタギリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
名探偵Mr.カタギリ
漫画
原作・原案など 鐘田頌太朗
作画 宇野比呂士
出版社 講談社
掲載誌 週刊少年マガジン
レーベル 少年マガジンコミックス
発表号 1986年44号 - 1988年17号
巻数 全5巻
話数 全28話[1]
テンプレート - ノート

名探偵Mr.カタギリ』(めいたんていミスターカタギリ)は、宇野比呂士による日本漫画作品。『週刊少年マガジン』(講談社)にて1986年から1988年にかけて連載された。単行本は講談社少年マガジンコミックスより全5巻。第2巻より「ORIGINAL STORY BY 鐘田頌太朗[2]、「原案/鐘田頌太朗」[3]との原作者表記が入っている。[4]

連載は当初は1、2ヶ月に1回の不定期掲載で始まり、1987年22号から40号まで隔週連載、1987年44号から毎週連載となった。連載誌では、「ACT.11 悪夢の予告編」(1987年32号)より原作者名が表示されている。

原案担当の鐘田頌太朗は、同誌に同時期に連載されていた石垣ゆうき100万$キッド』(1986年41号-1988年19号)の原案も担当していた。

登場人物[編集]

片桐 正人(かたぎり まさと)
22歳[5]。探偵。愛車はアルファロメオ・スパイダー(後の依頼遂行時に海にハマり廃車。以後はMGに)。
お金がないため、自分の探偵事務所を持っておらず、いつも喫茶店「綺麗」で依頼人を待っている。「綺麗」では「ツケ」で飲み食いしており、その金額は溜まりに溜まって1年分になってしまっている。依頼人のためなら、犯罪すれすれの事をしてでも仕事を成功させる。そのやり方はかなり荒っぽい。そのため周囲の人達からは「お前は探偵ではなく詐欺師なのではないか」と言われている。特技は声帯模写、縄抜け(敵に縛られた時)、射撃。走っているパトカーのタイヤを撃ち抜く事が出来る。
マスター
28歳[5]。喫茶店「綺麗」のマスター。
片桐の溜めた「ツケ」を回収するため、片桐の仕事を手伝ってくれる。ツケ回収のためなら何でもする人物で、熱気球に乗って窃盗を手伝ったり、銀行強盗を手伝ったりする。ツケの支払いの代わりに友人から麻雀で巻き上げたというダンヒルのライターを片桐から受け取るが「made in KINGKONG」というとんでもないシロモノで、猛烈な火で酷い目に遭っている。片桐とは客と言うよりも親友に近いノリだが、片桐に殺人の嫌疑がかかった時、包丁をつきつけられて電話での工作を余儀なくされる。その時「俺たちに友情は無いのか」と片桐に問うている。特技はなぜか特殊メイク。
菊池 なみこ(きくち なみこ)
第3話「お嬢さまイタズラ脅迫事件」の依頼人。片桐が依頼を解決してくれて以降、片桐やマスターとよく行動を共にするようになる。
単行本第2巻「大使令嬢誘拐事件」の時点で16歳[6]。単行本第5巻のキャラクター紹介ページでは17歳とされている[5]。K女子高等学校の生徒で、M会社の専務令嬢。田園調布に住んでいる[7]。駐日大使の令嬢を幼馴染にもち、大使館で開催された社交パーティーに招待されるなど(「大使令嬢誘拐事件」)、上流階級の人々とも交流がある。

書誌情報および収録エピソード一覧[編集]

宇野比呂士 『名探偵Mr.カタギリ』 講談社(少年マガジンコミックス)、全5巻

2巻より「ORIGINAL STORY BY 鐘田頌太朗」「原案/鐘田頌太朗」の表記あり。[4]

発行年月 ISBN 収録エピソード 初出 備考
1 1987年5月 ISBN 4-06-311241-1 ACT.1 名画「聖母(マドンナ)」詐欺事件 1986年44号 掲載時サブタイトルなし
ACT.2 ランチュウ盗難事件 1987年1号
ACT.3 お嬢さまイタズラ脅迫事件 1987年6号
ACT.4 悪徳病院・臓器密売事件 1987年10号
ACT.X 謎の男・美女追跡事件
(読み:なぞのチカン・おんなのこおいまわしじけん)
1987年18号 全5ページの小品
2 1987年8月 ISBN 4-06-311271-3 ACT.1 ストラディバリを手に入れろ![8] 1987年18号
ACT.2 アイドルを救え! 1987年22号 この回より隔週連載
ACT.3 参上!! こうもり男爵(バット・バロン) 1987年24号
ACT.4 大使令嬢誘拐事件 1987年26号
ACT.5 ハッカーは誰だ? 1987年28号
3 1987年10月 ISBN 4-06-311288-8 ACT.1 大空の怪事件 1987年30号
ACT.2 悪夢の予告編(プレビュー) 1987年32号
ACT.3 現金(キャッシュ)強奪大作戦 1987年34号
ACT.4 特効薬があぶない 1987年36号
ACT.5 教授(プロフェッサー)の犯罪美学 1987年38号
ACT.6 悪事は決して儲からない 1987年40号
4 1987年1月 ISBN 4-06-311309-4 ACT.1 消えろ! 古代の大神秘!! 前編 1987年44号 この回より週刊連載
後編 1987年45号
ACT.2 片桐の完全犯罪プラン 前編 1987年46号
後編 1987年47号
ACT.3 時の迷宮殺人事件 前編 1987年48号
後編 1987年49号
ACT.4 勝利の瞬間・・・・!! 前編 1987年50号
後編 1987年51号
ACT.5 人殺しのミツバチ 前編 1987年52号
後編 1988年1号
5 1987年4月 ISBN 4-06-311336-1 ACT.1 クリスマスには殺人を・・・・ 前編 1988年2・3号
後編 1988年4・5号
ACT.2 物言えぬ証人 前編 1988年6号
後編 1988年7号
ACT.3 あした元気になあれ 1988年8号
ACT.4 教授(プロフェッサー)の危険な挑戦 前編 1988年9号
後編 1988年10号
ACT.5 片桐を殺らなければならない男 前編 1988年13号
後編 1988年14号
ACT.6 すべては愛する人のために 前編 1988年15号
後編 1988年16号
ACT.7 初めての敗北・・・・ 1988年17号

雑誌掲載時、話数カウント(ACT)は連番になっており、最終回の「初めての敗北・・・・」は「ACT.28」。

単行本未収録エピソード[編集]

『週刊少年マガジン』1988年11号および12号に掲載された「ACT.25 不思議の国の犯罪」(前後編)は単行本未収録となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 連載時の話数表示に従う(最終話が「ACT.28」)。前後編に分かれて掲載されたエピソードは合わせて1話としてカウントされており、また単行本第1巻に収録された5ページの小品「ACT.X 謎の男・美女追跡事件」(初出:『週刊少年マガジン』1987年18号)は話数からは除かれている。
  2. ^ 単行本表紙および扉ページ
  3. ^ 単行本背表紙
  4. ^ a b 奥付では、第1巻は宇野比呂士が「著者」、第2巻以降は宇野比呂士と鐘田頌太朗の両名が「著者」として併記されている。奥付での著作権表示は、第1巻は「©宇野比呂士」、第2巻以降は「©宇野比呂士・鐘田頌太朗」。
  5. ^ a b c 単行本第5巻、キャラクター紹介ページ(221頁)
  6. ^ 単行本第2巻、131頁
  7. ^ 単行本第1巻、126頁
  8. ^ 単行本の本文ページより。目次では末尾の「!」がなく、「ストラディバリを手に入れろ」となっている。