名曲喫茶らんぶる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
名曲喫茶らんぶる

Cafe Ramble.jpg

名曲喫茶らんぶるの位置(東京都区部内)
名曲喫茶らんぶる
レストラン情報
開店 1950年 (1950)
種類 喫茶店
郵便番号/ZIP 160-0022
日本の旗 日本
住所 東京都新宿区新宿三丁目31番3号
座標 北緯35度41分26.1秒 東経139度42分14.2秒 / 北緯35.690583度 東経139.703944度 / 35.690583; 139.703944座標: 北緯35度41分26.1秒 東経139度42分14.2秒 / 北緯35.690583度 東経139.703944度 / 35.690583; 139.703944
テンプレートを表示

名曲喫茶らんぶる(めいきょくきっさらんぶる)は、東京都新宿区新宿三丁目にある喫茶店。店内でクラシック音楽を聴かせる名曲喫茶である。

概要[編集]

喫煙可能な一階、全席禁煙の地下一階と地下二階という3つのフロアで構成されており、地下部分は吹き抜けとなっている。元々は音楽をじっくりと聴かせる営業形態であったが、現在ではコーヒーや軽食を提供し、BGMとして有線のクラシック音楽を流している[1][2]。3000枚を超えるレコードを保管しているがそれらをかけることはなく、客からのリクエストも受け付けていない[3]。過去には昼と夜に「コンサートタイム」が開催されており、レコード係が選んだ曲やその月の新譜から構成される一ヶ月分のメニューに基づき、解説とともに音楽がかけられていたが、2006年の時点ではもう開催されていない[4]

旅行好きの創業者の趣味により、客船のような内装となっている[5]。内装の豪華さから、映画・ドラマ等の撮影場所としての打診を数多く受けているが、「映像撮影で店を貸し切りにしてしまうと、久し振りに店を訪れた客を迎えられない」という理由で写真撮影以外は断っている[2]。なお、提供されるパフェは作るスタッフごとに盛り付けが違う[6]

歴史[編集]

1950年に、内地留学生であった呂芳庭が新宿の中央通り商店街で創業した。太平洋戦争後、日本における朝鮮人や台湾省民、中国人はGHQによって「解放国民」とされ、GHQの横流れ品などを扱うことができたので、台湾人の呂も当時貴重だったLPを入手できた。医大卒かつクラシック・ファンであり、さらにフランス語に堪能というインテリであった呂は、他の台湾人が手を出したキャバレーやパチンコなどの商売を敬遠して、「琥珀」を意味するフランス語の「らんぶる(l'ambre)」を店名とする名曲喫茶を開いた[7][8]。1955年、現在地である新宿三丁目に移転した。1968年の新宿騒乱の際には、学生の逃げ込み場所として使われた[1]。1974年に改装をして現在の姿となるが、1955年当時の椅子やテーブルがそのまま用いられた[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「新宿大遊覧 新宿流・大人の憩える喫茶店 ※可否道、楽屋、らんぶる、スカラ座、武蔵野茶廊、談話室滝沢」『散歩の達人』1998年5月、 24頁。
  2. ^ a b 熊谷あづさ「遺しておきたい「古典喫茶」 東京編 ※カフェ・デ・プリマベーラ、アンヂェラス、アカシヤ、喫茶ルオー、カフェ・ド・ランブル、新宿らんぶる、珈琲ショパン、純喫茶丘、カド、DANTE、他」『男の隠れ家 臨時増刊号』2009年12月25日、 61-62頁。
  3. ^ “(中央線の詩 沿線風景 第6部 源流・新宿:35)喫茶物語:11”. 朝日新聞朝刊: p. 35. (2006年3月9日) 
  4. ^ “(中央線の詩 沿線風景 第6部 源流・新宿:34)喫茶物語:10”. 朝日新聞朝刊: p. 35. (2006年3月8日) 
  5. ^ “(中央線の詩 沿線風景 第6部 源流・新宿:33)喫茶物語:9”. 朝日新聞朝刊: p. 35. (2006年3月7日) 
  6. ^ 難波里奈「お菓子と物語 喫茶店研究家・難波里奈がおすすめ 物語がある喫茶店 ※『新宿らんぶる』パフェ 『ワンモア』フレンチトースト 『プチモンド』フルーツサンド 『ショパン』アンプレス、他」『ダ・ヴィンチ』2018年11月、 32頁。
  7. ^ 稲葉佳子「純喫茶宣言! 新宿の喫茶店文化は台湾人がつくった 名曲喫茶 誕生秘話 ※『名曲・珈琲「新宿 らんぶる」』」『東京人』2019年6月、 p82-83。
  8. ^ “(中央線の詩 沿線風景 第6部 源流・新宿:33)喫茶物語:9 /東京都”. 朝日新聞 朝刊. (2006年3月7日) 
  9. ^ 下里康子「朝帰りなんて朝飯前! 新宿東口・南口 新宿“カフェ街”変遷物語 ※今も現役!の古株喫茶たち「らんぶる」、「ローレル」、「武蔵野茶廊」」『散歩の達人』2003年4月、 23頁。

関連項目[編集]