名棋戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

名棋戦(めいきせん)とは1974年(第1回)~1980年(第7回)まで開催されていた、共同通信社主催のプロ将棋の公式棋戦棋王戦の予選としての役割も兼ねB級2組以下の棋士が参加[1]。1981年以降は棋王戦と統合された。前身は、1957年(第1回)から1973年(第17回)まで行われた古豪新鋭戦(C級棋士、三段が出場[2])、さらにその前身は1955年(第1回)から1956年(第2回)まで行われた六、五、四段戦である。前身の2つの棋戦にはC級の棋士が参加し、同時期に同じ共同通信社主催で行われた九、八、七段戦、日本一杯争奪戦、最強者決定戦の下位ランクの棋戦としての扱いだった。1959年度からは三段の参加も認められた。

歴代優勝者[編集]

六、五、四段戦[編集]

優勝者一覧
年度 優勝者(段位・称号等は当時)
1 1955 加藤一二三五段
2 1956 神田鎮雄六段

古豪新鋭戦[編集]

優勝者一覧
年度 優勝者(段位・称号等は当時)
1 1957 佐藤庄平四段
2 1958 関屋喜代作四段
3 1959 木村嘉孝四段
4 1960 二見敬三六段
5 1961 大内延介三段
6 1962 大内延介三段
7 1963 佐伯昌優五段
8 1964 米長邦雄四段
9 1965 賀集正三四段
10 1966 桜井昇五段
11 1967 中原誠五段
12 1968 桐山清澄四段
13 1969 北村秀治郎七段
14 1970 安恵照剛三段
15 1971 菊地常夫三段
16 1972 森安秀光五段
17 1973 森安秀光五段

名棋戦[編集]

優勝者一覧
年度 優勝者(段位・称号等は当時)
1 1974 田中正之[3]七段
2 1975 石田和雄六段
3 1976 若松政和五段
4 1977 佐藤大五郎八段
5 1978 青野照市六段
6 1979 谷川浩司五段
7 1980 北村昌男八段

脚注[編集]

  1. ^ 『将棋八大棋戦秘話』(河出書房新社)P.149
  2. ^ 『将棋八大棋戦秘話』(河出書房新社)P.147
  3. ^ 後に「田中魁秀」に改名。