名誉学員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

名誉学員(めいよがくいん)とは、主に大学等が定める称号学術称号のひとつ。学問領域に対し一定の功労のある部外研究者等に対して顕彰のために贈呈される。元首や要人等に対する儀礼・礼遇を目的として贈呈されることも多い。

具体的な事例として、2007年平成19年)5月24日スウェーデンウプサラ大学において、今上天皇、元国際連合事務総長 コフィ・アナンが同大学の名誉学員の称号を贈られ、金の首飾りと証書を贈呈されたことがあげられる。類似称号として、慶應義塾大学では名誉塾員の称号がある[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「「分類学の祖」リンネ 両陛下が偉業しのぶ 生誕300年危険式典」『産経新聞』2007年5月24日東京朝刊社会面、「リンネ生誕300年、両陛下、式典出席。」『日本経済新聞』2007年5月24日朝刊38頁、「皇室:両陛下がリンネ生誕300年行事 出席」『毎日新聞』2007年5月24日東京朝刊28頁、「「分類学の父」リンネ生誕300年 両陛下が記念行事に出席/スェーデン」『読売新聞』2007年5月24日東京朝刊33頁参照。

参照文献[編集]

  • 『産経新聞』2007年5月24日東京朝刊
  • 『日本経済新聞』2007年5月24日朝刊
  • 『毎日新聞』2007年5月24日東京朝刊
  • 『読売新聞』2007年5月24日東京朝刊

関連項目[編集]