名誉法廷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

名誉法廷(ドイツ語: Ehrenhof)は、ナチス・ドイツで設置された裁判所である。

概要[編集]

名誉法廷は、1944年8月2日アドルフ・ヒトラーによる総統命令で設置された[1] 。法廷はドイツ国防軍陸軍の元帥及び将官によって構成されていた。

1944年7月20日、ドイツ陸軍参謀大佐であったクラウス・フォン・シュタウフェンベルクらによるヒトラー暗殺計画7月20日事件が起こった。これをうけ、計画に加担した軍人を裁くこととなったが、軍籍にある者は通常軍法会議に送られる。しかしヒトラーは計画に加担した軍人を人民法廷で裁くよう命じた。そのため一度軍籍を剥奪する必要が生じ、名誉法廷の設置に至った。

名誉法廷では7月20日事件に加担したとして55人の軍籍が剥奪され、ローラント・フライスラーが裁判長を務める人民法廷へ送られた。

構成[編集]

階級は名誉法廷設置当時

脚注[編集]

  1. ^ Führererlass „Bildung eines Ehrenhofes zur Überprüfung der Beteiligten am Attentat vom 20.7.1944“, Adolf Hitler, 2. August 1944, dokumentiert in: Martin Moll: Führer-Erlasse 1939–1945. Franz Steiner Verlag, Stuttgart 1997.

参考文献[編集]

  • Arnim Ramm: Der 20. Juli vor dem Volksgerichtshof. Wissenschaftlicher Verlag Berlin, Berlin 2007, ISBN 978-3-86573-264-4 (Schriften zur Rechtswissenschaft 80), (Zugleich: Kiel, Univ., Diss., 2006).
  • Günter Gribbohm: Das Reichskriegsgericht. Die Institution und ihre rechtliche Bewertung. Berliner Wissenschafts-Verlag, Berlin 2004, ISBN 3-8305-0585-X (Juristische Zeitgeschichte. Abt. 1: Allgemeine Reihe 14).