名誉称号 (囲碁)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

名誉称号(めいよしょうごう)とは日本囲碁棋戦で特定の条件を満たした者に贈られる称号

概要[編集]

棋戦で連続5期もしくは通算10期タイトルを獲得した棋士は、名誉称号を名乗る資格を得る。称号としては「名誉棋聖」などのように、タイトル名の前に「名誉」をつけたものが用いられる(本因坊に関しては後述)。名誉称号は現役で60歳以上に達したとき、もしくは引退時に名乗ることができる。現在は連続10期以上タイトルを獲得した棋士は60歳未満で名乗ることができる。

複数の名誉称号を持つ棋士の場合、棋戦の序列が一番上の称号で記載される[1]か、「名誉三冠」などの名称で呼ばれる。また、名誉称号保持者が七大タイトルを奪取した際には、名誉称号ではなく保持しているタイトル名が優先される。たとえば、かつて藤沢秀行名誉棋聖が王座を奪取した際には「藤沢王座」と表記された。

将棋界との違い[編集]

囲碁の名誉称号に相当する資格として、将棋界では永世称号を用いている[2]。また、囲碁界では全タイトルで一律連続5期か通算10期保持で資格を得られるのに対し、将棋界では棋戦によって永世称号資格が異なる。例えば将棋の棋戦で、名人棋聖は通算5期で、竜王では連続5期あるいは通算7期で永世称号が与えられる一方、棋王は連続5期のみ、王将は通算10期のみとなっている(王位王座は囲碁と同じ)。しかしながら、総合すると囲碁界のほうが獲得のハードルが高い棋戦が僅かながら多く、称号資格者が将棋界よりも少ない[3]

名誉称号に関する事柄[編集]

名誉称号有資格者[編集]

括弧のない棋士は名誉称号を名乗ることのできる棋士、括弧のある棋士は名誉称号を名乗る資格は得ているものの、前述の条件を満たすまで名誉称号を名乗ることのできない棋士。

七大タイトル[編集]

名誉称号 該当者 達成 達成年
名誉棋聖 藤沢秀行 6連覇 1977年 - 1982年
小林光一 8連覇 1986年 - 1993年
井山裕太 6連覇 2013年 -
名誉名人 趙治勲 5連覇 1980年 - 1984年
小林光一 7連覇 1988年 - 1994年
永世本因坊 高川格 9連覇 1952年 - 1960年
坂田栄男 7連覇 1961年 - 1967年
石田芳夫 5連覇 1971年 - 1975年
趙治勲 12期・10連覇 1981年 - 1982年、1989年 - 1998年
(井山裕太) 7連覇 2012年 -
名誉王座 加藤正夫 11期・8連覇 1979年 - 1980年、1982年 - 1989年、1993年
名誉天元 林海峰 5連覇 1989年 - 1993年
名誉碁聖 大竹英雄 6連覇 1980年 - 1985年
小林光一 6連覇 1988年 - 1993年
(井山裕太) 6連覇 2012年 -
名誉十段

他棋戦[編集]

永世本因坊[編集]

本因坊戦はかつて「名誉本因坊」の称号を用いていたが、1998年以降「○○世本因坊」という称号に変更した。家元制最後の本因坊・21世本因坊秀哉の後に続く形で、22世、23世……の称号で呼ばれる。また本因坊保持者は、雅号を名乗るケースが多い。

なお本因坊9連覇の高川秀格は特例として1964年より現役で「名誉本因坊」を名乗ることが許されていた。また趙治勲も本因坊10連覇により、現役のまま60歳の誕生日を待たずして「二十五世本因坊」の名乗りを許された(現在は制度化)。

雅号 読み
1 二十二世本因坊秀格 しゅうかく 高川格
2 二十三世本因坊栄寿 えいじゅ 坂田栄男
3 二十四世本因坊秀芳 しゅうほう 石田芳夫
4 二十五世本因坊治勲 ちくん 趙治勲
5 二十六世本因坊文裕 もんゆう 井山裕太

脚注[編集]

  1. ^ 第43期 天元戦
  2. ^ ただし、囲碁の王座戦と同じく日本経済新聞社が主催者となる将棋王座戦の永世称号は、囲碁の名誉称号に合わせる形で「名誉王座」としており、資格の獲得条件も囲碁の名誉王座と同じく、王座のタイトルを連続5期か通算10期としている。
  3. ^ ただし、将棋界では大山康晴中原誠羽生善治の3人が複数のタイトル獲得と防衛を長年に渡って続けたことで多数の永世称号を保持しているため、人数的には少ない。