名鉄サ50形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

名鉄サ50形電車(めいてつサ50がたでんしゃ)は、かつて名古屋鉄道で運用されていた電車(付随車)である。

1941年(昭和16年)、軍需輸送による輸送力強化のため、余剰となっていたデワ1形などの電動貨車の台車を利用し、木製の車体を新川工場を新製した。当初から制御車化は考えておらず、電気機関車や電車に挟まれて運用された。

1941年(昭和16年)12月に6両(51 - 56)が完成すると、各務原線に配備され、長住町 - 各務原運動場前(陸軍各務原飛行場)で200形電車に挟まれて運用される。

1942年(昭和17年)7月に2両(57 - 58)が完成すると、サ50形は全車築港線に転属し、電気機関車に挟まれて運用される。

52、54、55、57は戦災により大破し、復旧されること無く1947年(昭和22年)に廃車。残り4両は引き続き築港線で電気機関車に挟まれて運用され、1957年(昭和32年)に廃車となる。

性能諸元[編集]

  • 全長:8,210mm
  • 全幅:2,640mm
  • 全高:3,544mm
  • 台車:ブリル21E
  • 自重:9.25t
  • 定員(着席):60(10)人

参考文献[編集]

  • 鉄道ピクトリアル2月号別冊「鉄道ピクトリアルアーカイブスセレクション30「名古屋鉄道1960~1970」 2015年発行