名鉄トラ70形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国鉄トラ70000形貨車 > 名鉄トラ70形貨車
名鉄トラ70形貨車
基本情報
種車 JR貨物トラ70000形
導入年 1996年(平成8年)
総数両 3
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
全長 9,456 mm
全幅 2,700 mm
全高 2,750 mm
荷重 17 t
実容積 44.5 m3
自重 9.7 t
換算両数 積車 2.0
換算両数 空車 1.0
走り装置 二段リンク式
軸距 5,000 mm
最高速度 75 km/h
備考 *譲渡された年
テンプレートを表示

名鉄トラ70形貨車(めいてつトラ70がたかしゃ)とは、かつて名古屋鉄道で運用されていた貨車無蓋車)である。

主に枕木輸送に運用されていた。

概要[編集]

  • 1996年(平成8年)、JR貨物より17t 積の無蓋車トラ70000形を譲り受けた車両である。3両(トラ71 - トラ73) [1]が在籍していた。
  • 枕木輸送をトラックによる輸送に変更されたことにより、2003年(平成15年)3月31日に全車が廃車となる。トラ71とトラ72は解体されたが、トラ73は控車として転用され、舞木検査場で運用されている[2]

主要諸元[編集]

  • 最大寸法:
全長:9,456mm
全幅:2,700mm
全高:2,750mm
  • 荷重:17.0t
  • 自重:9.7t

脚注[編集]

  1. ^ トラ71は元・トラ73130。トラ72は元・トラ73772。トラ73は元・トラ74142。
  2. ^ トラ73以前の控車は、元名鉄ト200形貨車(ト246)であり、現在は貨物鉄道博物館に保存されている。