名鉄杯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
名鉄杯
Oken World Meitetsu Hai 2017.jpg
2017年名鉄杯
オウケンワールドとセンチュリオンの競り合い
開催国 日本の旗 日本
主催者 日本中央競馬会
競馬場 中京競馬場
創設 2002年
2020年の情報
距離 ダート1400m
格付け OP
賞金 1着賞金2200万円
出走条件 サラ系4歳以上(国際)(特指)
負担重量 別定
テンプレートを表示

名鉄杯(めいてつはい)は日本中央競馬会(JRA)が中京競馬場で施行する、中央競馬特別競走である。名古屋鉄道(名鉄)より寄贈賞を受け、2002年に創設された[1]

概要[編集]

この競走では名鉄の特急用車両パノラマカーなどの名鉄特急)で使用されているミュージックホーンをアレンジした独自のファンファーレが使用されており[2][3]、発走前には名鉄ブラスバンド部による[3]ファンファーレの生演奏が行われる[2][3]。同時にゴール地点に設置されている大型のモニター画面「ターフビジョン」やグリーンチャンネル中継画面では、場内の風景をバックに、7000系1000系の新旧パノラマカー(共に4両編成[注 1])がすれ違うCG映像が流れるなど、GI競走と同等あるいはそれ以上の演出がなされている。これらのCGは鉄道会社からの提案又は持ち込みで行われている[要出典]

2019年現在の中央競馬で専用のCG映像を持つ競走は、GI以外では京王杯スプリングカップ京王杯2歳ステークスのみ、専用ファンファーレを持つ競走は当競走のほかには宝塚記念[注 2][4]のみである。名鉄により本競走にちなんだキーホルダーも製作し、数量限定で販売されている[5]

出走資格はサラブレッド系4歳以上のJRA所属の競走馬外国産馬含む)、JRAに認定された地方所属の競走馬及び外国調教馬である。負担重量は別定である[6]

JRAで行われる沿線大手私鉄5社の冠競走で唯一、グレード格付なき(重賞ではない)オープン特別競走である[注 3]

ジュライステークス[編集]

後述のとおり、2019年のJRAにおけるリステッド競走格付けの導入に伴い、名鉄杯もこのうちのひとつとして指定された。

しかし、翌2020年令和2年)開催では京都競馬場の改修工事に伴う開催日割の大幅な変動を受け、従来CBC賞中京記念などと名鉄杯を施行していた夏季中京開催が阪神競馬場に振り分けられることになった。これに伴いダート1800mでのリステッド競走は「ジュライステークス」と改称して阪神開催に組み込まれた[7]。名鉄杯は高松宮記念前日の土曜日である1回中京7日目・ダート1400mに番組を新設[注 4]する形で移設される[8]2016年2017年に3月にオープン競走として施行していた「夢見月ステークス」と同様の内容である。(夏季開催が小倉競馬場に移る2021年も同様の内容で施行される予定)

なお、同名の競走はこれまでに複数の競馬場で施行されており、1985年 - 1995年2012年 - 2016年(以上5年はダート1800m)に中京で、2008年 - 2010年に阪神でそれぞれ施行歴がある[9]

歴史[編集]

  • 2002年 - 4歳以上の競走馬による混合の別定の1000万円以下条件競走として「名鉄杯」が創設され、中京競馬場・芝1800mで施行。
  • 2004年 - 混合競走から除外。
  • 2005年 - ロックカーニバルが史上初の連覇。中舘英二騎手藤原英昭調教師もそれぞれ史上初の連覇。
  • 2007年
    • 混合競走に戻す。
    • 負担重量を定量(牡馬57kg・牝馬55kg)に変更。
    • 施行距離を芝2000mに変更。
  • 2009年
  • 2010年
    • 1600万円以下条件に降格。
    • 施行距離を芝1800mに変更。
  • 2011年 - 中京競馬場の改修工事のため休止。
  • 2012年
    • 1000万円以下条件に降格。
    • 施行距離を芝2000mに変更。
    • 高松宮記念前日の土曜日開催に変更。
  • 2013年
    • 負担重量を定量(4歳56kg・5歳以上57kg・牝馬各2kg減)に変更。
    • 施行距離を芝2200mに変更。
    • 五十嵐忠男が調教師として史上2人目の連覇。
  • 2017年
    • 出走資格が3歳以上に変更。
    • オープン特別競走に戻る。
    • 夏季に施行変更。
    • 日曜日の開催に戻る。
    • 負担重量を別定に変更。
    • 施行距離をダート1800mに変更。
  • 2018年
  • 2019年 - 当年よりJRAの番組上でもリステッド競走を競走格として取り扱うこととなり[13]、当競走も指定される[14]
  • 2020年
    • 前年までの名鉄杯に該当するリステッド競走がジュライステークス(阪神ダート1800m)に移設される。
    • ダート1400mに番組を新設する形で名鉄杯を移設。
    • 出走資格が4歳以上に変更。
    • 土曜日の開催に戻る。
    • COVID-19の流行により客を入れずに「無観客競馬」として開催。
    • 本来ならば生演奏でファンファーレを吹奏するのだが、COVID-19の流行により初となるCD音源を流すことになった。

歴代優勝馬[編集]

施行日 距離 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 条件
2002年3月17日 芝1800 トウカイキュート 牝5 1:49.0 武英智 松元省一 1000万下
2003年3月23日 芝1800 ハートランドヒリュ 牡7 1:49.1 菊沢隆仁 清水久雄 1000万下
2004年3月21日 芝1800 ロックカーニバル 牡4 1:47.2 中舘英二 藤原英昭 1000万下
2005年3月20日 芝1800 ロックカーニバル 牡5 1:47.8 中舘英二 藤原英昭 1000万下
2006年3月19日 芝1800 サウスポール 牡6 1:48.6 角田晃一 武宏平 1000万下
2007年3月11日 芝2000 スズカローラン 牝5 2:01.9 芹沢純一 橋田満 1000万下
2008年3月16日 芝2000 ヒカリシャトル 牡4 1:58.7 中舘英二 西浦勝一 1000万下
2009年1月11日 ダ1700 ニシノナースコール 牝7 1:44.4 大野拓弥 尾形充弘 オープン
2010年1月24日 芝1800 エアシャトゥーシュ 牡5 1:47.2 中舘英二 藤原英昭 1600万下
2012年3月24日 芝2000 マイネルガヴロシュ 牡5 2:04.5 伊藤工真 五十嵐忠男 1000万下
2013年3月23日 芝2200 カネトシマーシャル 牡5 2:17.4 藤岡康太 五十嵐忠男 1000万下
2014年3月29日 芝2200 トウシンイーグル 牡6 2:15.2 勝浦正樹 山内研二 1000万下
2015年3月28日 芝2200 ブランクヴァース 牡6 2:18.1 丸山元気 田中清隆 1000万下
2016年3月26日[15] 芝2200 サンライズセンス 牡4 2:13.8 岩崎翼 河内洋 1000万下
2017年7月16日[16] ダ1800 オウケンワールド 牡5 1:51.9 M.デムーロ 西村真幸 オープン
2018年7月15日[17] ダ1800 ラインルーフ 牡6 1:49.1 森一馬 松永昌博 オープン
2019年7月14日[18] ダ1800 スマハマ 牡4 1:47.6 藤岡佑介 高橋亮 リステッド
2020年3月28日[19] ダ1400 ダイメイフジ 牡6 1:23.1 菱田裕二 森田直行 オープン

脚注[編集]

  1. ^ 現在の名鉄1000系電車は、4両全てが特別車の編成は無く、一般車4両と特別車2両を繋げた6両編成である。
  2. ^ 以前は花のみちステークス(2014年は花のみち特別)、リボン賞(2015年のみ)も専用ファンファーレが使用されていた。
  3. ^ 京王杯(スプリングカップ・2歳ステークス)はGII、京成杯(本杯・オータムハンデキャップ)・京阪杯阪急杯はGIII競走
  4. ^ 例年通りの開催日割では(2019年までの)2回中京5日目に当たる。同条件のオープン競走には昇竜ステークス(3歳OP)、プロキオンステークス(GIII)がある。
  5. ^ 2018年の国際セリ名簿基準委員会の競走一覧[11]では名鉄杯(Meitetsu Hai)がリステッド競走「(L)」と表記されているのに対し、2017年には名鉄杯は指定されていなかった[12]

出典[編集]

  1. ^ 特別レース名解説 1回 中京競馬” (日本語). 日本中央競馬会 (2012年). 2012年8月16日閲覧。
  2. ^ a b 坂田博昭 (2009年1月13日). “「歴史の節目」の名鉄杯” (日本語). 地方競馬日替わりライターブログ. 楽天競馬. 2012年8月29日閲覧。
  3. ^ a b c 中京 ファンファーレ” (日本語). 競馬場だより. 日本中央競馬会 (2008年3月14日). 2011年12月6日閲覧。
  4. ^ 中央競馬実況中継 ラジオNIKKEI第2 のツイート”. 2015年6月28日閲覧。
  5. ^ 名鉄 第2回中京競馬限定 鉄道グッズ 販売”. 鉄道コム (2013年). 2016年1月1日閲覧。
  6. ^ 平成29年第3回中京競馬番組日本中央競馬会、2017年4月9日閲覧
  7. ^ 令和2年度(2020年)リステッド競走一覧”. 日本中央競馬会 (2019年11月20日). 2019年11月27日閲覧。
  8. ^ 令和2年第1回中京競馬番組”. 日本中央競馬会 (2019年11月20日). 2019年11月27日閲覧。
  9. ^ レース名[ジュライステークス]の検索結果 netkeiba.com、2019年11月27日閲覧
  10. ^ 平成30年第3回中京競馬番組日本中央競馬会、2018年4月9日閲覧
  11. ^ INTERNATIONAL CATALOGUING STANDARDS and INTERNATIONAL STATISTICS 2018”. The Jockey Club Information Systems. 2019年8月3日閲覧。
  12. ^ INTERNATIONAL CATALOGUING STANDARDS and INTERNATIONAL STATISTICS 2017”. The Jockey Club Information Systems. 2019年8月3日閲覧。
  13. ^ 平成31年度(2019年)開催日割および重賞競走について”. 日本中央競馬会 (2018年10月22日). 2019年8月3日閲覧。
  14. ^ 平成31年度(2019年)リステッド競走一覧”. 日本中央競馬会 (2018年11月20日). 2019年8月3日閲覧。
  15. ^ 2016年結果netkeiba.com、2016年3月31日閲覧
  16. ^ 2017年結果ヤフー競馬、2017年7月16日閲覧
  17. ^ 2018年結果ヤフー競馬、2018年7月15日閲覧
  18. ^ 2019年結果ヤフー競馬、2019年7月14日閲覧
  19. ^ 2020年結果ヤフー競馬、2020年3月28日閲覧