吏曹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吏曹
各種表記
ハングル 이조    
漢字 吏曹   
発音 イジョ    
日本語読み: りそう    
テンプレートを表示

吏曹(イジョ)は、朝鮮において、高麗末から李氏朝鮮にかけて置かれた行政機関。任官や人事考課など行った。正二品衙門。1392年太祖元年)に設置され、1894年高宗31年)の甲午改革で内務衙門に改称された。

概要[編集]

吏曹の官吏は人事権を握っていたので「天官」と呼ばれ、兵曹と併せて「両銓」とも呼ばれた。1389年恭譲王元年)、李成桂派によって六曹の機構が作られたのがその始まりだが、李朝初期は人事業務ではなく、他官庁の実務に携わっていた。1405年太宗5年)、六曹の機能を強化するため、吏曹にはそれまで尚瑞司が担っていた人事権が移行され、この時点で文官の人事権を掌握した。更に1414年には、武官・女官の人事権も与えられたことで、吏曹は完全に宮中の人事権を掌握した。

職掌は、銓選、勲封、封爵、禄牌、録案、賜牌、告身、郷吏の派遣などであった。銓選は特進や兼帯させたり、告身は官職を剥奪したりすることができた。

構成[編集]

官位 官職 定数 備考
正二品 判書 1人
従二品 参判 1人
正三品堂上 参議 1人
正五品 正郎 3人
正六品 佐郎 3人
  • 假郎聴1人、録事1人、書吏25人、書写1人、庫直1人、政庁直2人、文書直1人、使令21人、軍士2人