向丘村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
向丘村
廃止日 1938年10月1日
廃止理由 編入合併
稲田町向丘村宮前村生田村川崎市
現在の自治体 川崎市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 神奈川県
橘樹郡
団体コード 当時存在せず
隣接自治体 川崎市
橘樹郡稲田町、宮前村、生田村
都筑郡山内村
向丘村役場
所在地 神奈川県橘樹郡向丘村大字平
外部リンク 当時存在せず
 表示 ウィキプロジェクト

向丘村(むかおかむら)は、1889年明治22年)4月1日から1938年昭和13年)10月1日まで存在した神奈川県橘樹郡

概要[編集]

神奈川県橘樹郡北部の村。平瀬川の沿岸にあたる。西部は現在の神奈川県川崎市宮前区北部にあたり、東部は高津区多摩区にまたがる。

地理[編集]

歴史[編集]

村名の由来[編集]

旧長尾村の鈴木久弥の命名による。「新編武蔵風土記稿」に登場する向ヶ岡[1]などによるものと推定される。

沿革[編集]

  • 室町時代 - 菅生郷の地名が見られる。
  • 戦国時代 - 長尾村、平之村の地名が見られる。
  • 江戸時代 - 以下の5村が成立。
    • 上作延村(旗本上氏、戸田氏の相給→幕府領)
    • 長尾村(旗本大河内氏・村上氏・木造氏の3給→幕府領、旗本木造氏・村上氏の相給→幕府領)
    • 平村(旗本木造氏知行→幕府領)
    • 下菅生村(旗本木造氏・椿井氏の相給→幕府領、旗本椿井氏知行)
    • 天真寺新田(幕府領)
  • 1868年明治元年)
    • 旧暦6月17日 - 神奈川府の管轄となる。
    • 旧暦9月21日 - 神奈川府が神奈川県に改称。
  • 1874年明治7年) - 大区小区制の施行により、平村、長尾村、上作延村、下菅生村、天真寺新田が第5大区第6小区になる。
  • 1875年(明治8年) - 下菅生村、天真寺新田が合併して菅生村が成立。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、上作延村、長尾村、平村、菅生村および下作延村の飛地が合併して向丘村が成立。
  • 1938年昭和13年)10月1日 - 川崎市に編入。同日向丘村廃止。
  • 1951年(昭和26年) - 軍用地が解放され、その地に向ケ丘という大字が設定される。
  • 1961年(昭和36年)4月15日 - 旧平村・旧長尾村の各一部から五所塚が起立。
  • 1971年(昭和46年)11月1日 - 土地区画整理事業により、旧長尾村の一部と、旧宮前村の一部から神木が起立。
  • 1972年(昭和47年)4月1日 - 川崎市が政令指定都市に指定され、旧村域が高津区になる。
  • 1975年(昭和50年)2月1日 - 旧長尾村の一部が多摩区に編入され、住居表示が実施される。長尾が起立。
  • 1982年(昭和57年)7月1日 - 川崎市高津区から宮前区を分区。旧村域のうち旧平村、菅生村の全域と、旧長尾村の一部(1975年に多摩区に編入された地域を除く)が宮前区になる。同時に旧長尾村の未施行区域で住居表示が施行され、神木本町が起立。

現在の町名[編集]

川崎市高津区

  • 旧下作延村飛地 : 向ヶ丘
  • 旧上作延村 : 上作延

川崎市多摩区

  • 旧長尾村(一部) : 長尾

川崎市宮前区

脚注[編集]

  1. ^ 「総説 山川 向ヶ岡」『新編武蔵風土記稿』巻ノ58橘樹郡ノ1、内務省地理局、1884年6月。NDLJP:763983/39

関連項目[編集]