向井修二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
向井修二

向井 修二(むかい しゅうじ、1940年 - )は、日本画家

来歴[編集]

1940年(昭和15年)、神戸市に生まれる。大阪美術学校(現・大阪美術専門学校)で学ぶ。1959年(昭和34年)、西宮市美術協会で元永定正と出会い、同年の第8回具体美術展に出品。1961年(昭和36年)、具体美術協会の会員となる(解散まで在籍)。同年の第10回具体美術展で《記号の部屋》を出品。1963年(昭和38年)、グタイピナコテカで初個展。1965年(昭和40年)にサンフランシスコ美術館で開催され、1967年(昭和42年)まで全米を巡回した「日本の新しい絵画と彫刻」展に出品[1]

主な作品収蔵先[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]