向宣政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

向 宣政(むかい のぶまさ、永禄3年(1560年) - 元和4年4月25日1618年6月17日))は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将出羽久保田藩家老家格宿老廻座である向氏(のちに小鷹狩《小鷹垨》氏に改姓)の祖。通称は右近大夫。弟は向俊政(庄兵衛)。子女は向政次、向重政など2男2女。

生涯[編集]

永禄3年(1560年)、誕生。飛騨国姉小路氏三家(古川氏・小島氏・向氏)氏族の一族と思われるが、詳細は『秋田武鑑』では不明。

はじめ飛騨国小鷹利城に住し、姉小路高綱の死後に城主となり、家督を継承して姉小路宣政と名乗ったとされる(持城に向小島城)。しかし、幼少であったため、後見役の牛丸重親が城を乗っ取ろうと企て、それから逃れるべく家臣の後藤重元(帯刀)によって脱出。

天正年間中に、常陸国戦国大名佐竹義宣に仕官する。なお、弟の俊政も300石で仕官する。関ヶ原の戦いの後に主君・義宣が出羽久保田藩へ転封となると、これに追随し横手城の城代となって2000石を知行する。慶長8年(1603年)に久保田城下士の指南を命じられ、後に家老となる。

元和4年(1618年)、死去。

別説[編集]

宣政は、三木真頼(みつき)の次男で、最初は小鷹狩政宗と名乗ったという。小牧・長久手の戦いでは徳川家康側についたため、豊臣秀吉の命を受けた金森長近に滅ぼされた。浪人となり、後に佐竹氏に仕官したという。

逸話[編集]

  • 後見役である牛丸重親の逆心により窮地に追い込まれるが、後藤重元が察知し脱出するも荒城郡小鷹狩郷角川村で追いつかれ、後藤重元は奮戦の末に宣政を逃し、母の縁である常陸国佐竹氏へ仕えた。
  • 慶長7年(1602年)10月には、横手城搦手城代を勤め、翌年、秋田に移り家老職(禄2400石)についた。
  • 傑作山桃雲寺(浄土宗)は、宣政が開基した寺院である。

子孫[編集]

  • 長男の向政次(清兵衛)は父に先立って死去し、次男の重政が兄の家禄を引き継ぎ、廣政ー庄九郎守秋と続く。尚、政次の妻は佐竹一族・石塚義辰(よしとき)の3女である。
  • また、宣政の弟・俊政の家は一代で無嗣断絶となる。
  • 唯一、飛騨姉小路氏一族として存続する。
  • 明治維新までに家老職を勤めた者6人を出した秋田藩の名家となる。幕末に小鷹狩源太がいる。
  • 横手在住の迎氏がいるが、向氏の別家である。

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

  • 土居輝雄著『佐竹史探訪 単行本』1998年、ISBN 978-4870201781

参考文献[編集]

  • 三浦賢童編『秋田武鑑 全』(無明堂出版、1981年、原著者は「久保田家中分限帳」の著者)
  • 『秋田県史 第1冊 藩治部』 秋田県
  • 『横手郷土史』
  • 土居輝雄『佐竹史探訪』
  • 秋田公文書発行の系図目録1より