向島ドック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
向島ドック株式会社
MUKAISHIMA DOCK YARD CO.,LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
722-8605
広島県尾道市向島町864-1
設立 1953年7月16日
業種 海運業
法人番号 4240001038631
事業内容 船舶修理
内航海運
マリーナ
代表者 代表取締役 杉原毅
資本金 9000万円
従業員数 165名(2012年4月末現在)
決算期 6月30日
外部リンク http://www.dock.co.jp/
テンプレートを表示

向島ドック株式会社(むかいしまドック、MUKAISHIMA DOCK YARD CO.,LTD)は、広島県尾道市に本社を置く造船会社。

向島ドック

概要[編集]

向島ドック株式会社は、内航船主体に船舶修理業務を行っている。取扱隻数は、年間約300隻。

事務所及び設備[編集]

  • 本社:広島県尾道市向島町864-1
    • 1号ドック:L 130m × 21m × 7.5m (入渠能力)7000G/T
    • 2号ドック:L 103m × 15.3m × 7m (入渠能力)3600G/T
    • 3号ドック:L 105m × 17m × 7m (入渠能力)3600G/T
    • №1浮ドック:L 145m × 28m × 8.5m (入渠能力)15000G/T
    • №2浮ドック:L 105m × 21m × 7.5m (入渠能力)6600G/T
  • 東京営業所:東京都江戸川区平井2-23-13 黒田ビル101号
  • 大連事務所:中華人民共和国大連市

グループ会社[編集]

  • コウセン産業株式会社
  • 瀬戸マリンサービス株式会社
  • コーエイ株式会社

沿革[編集]

  • 1929年(昭和04年04月) - 杉原正雄が現在地に杉原造船鉄工所を創立。明治40年開渠の乾ドックを修理復旧し、船舶修繕業を開業。
  • 1940年(昭和15年11月) - 法人化し、株式会社杉原造船鉄工所と改称。資本金100万円。
  • 1942年(昭和17年12月) - 戦時下四囲の要望に応え、株式会社杉原造船鉄工所は、戦時統制令によって設立された、株式会社日産造船所と合併し、陸海軍の指定工場となる。
  • 1949年(昭和24年09月) - 株式会社日産造船所解散。
  • 1950年(昭和25年06月) - 杉原正雄が、株式会社日産造船所の施設を一括譲受け、杉原造船所として再建に着手。
  • 1953年(昭和28年07月) - 資本金500万円の株式会社に改組すると共に商号を向島船渠株式会社と改称して、1400G/T乾ドック1基・ 建造船台500G/T1基にて、鋼船の改造修理及び建造を行う。
  • 1957年(昭和32年05月) - 1号建造台500G/Tを750G/Tに拡張。及び2号建造船台400G/Tを新設する。
  • 1959年(昭和34年06月) - 資本金1000万円に増資。
  • 1959年(昭和34年07月) - 1号建造船台750G/Tを1000G/Tに拡張。2号建造船台400G/Tを750G/Tに拡張。
  • 1962年(昭和37年06月) - 資本金2000万円に増資。
  • 1963年(昭和38年07月) - 浮ドック1400G/Tを新設。
  • 1964年(昭和39年09月) - 資本金3000万円に増資。
  • 1965年(昭和40年08月) - 資本金5000万円に増資。
  • 1966年(昭和41年05月) - 浮ドック1400G/Tを2000G/Tに拡張。
  • 1966年(昭和41年10月) - 船舶建造を中止し、船舶の修理専業工場となる。
  • 1967年(昭和42年02月) - おかじま寮B館新設。
  • 1968年(昭和43年01月) - 船員賄寮(ギャレー)新設。2号乾ドック3600G/Tを新設。
  • 1968年(昭和43年08月) - 資本金7500万円に増資。
  • 1969年(昭和44年08月) - 資本金1億円に増資。
  • 1969年(昭和44年11月) - おかじま寮C館新設。
  • 1969年(昭和44年12月) - 資本金1億2000万円に増資。
  • 1970年(昭和45年08月) - 3号乾ドック3600G/Tを新設。
  • 1971年(昭和46年03月) - 杉原竹子が代表取締役社長に就任。
  • 1972年(昭和47年08月) - 資本金1億3800万円に増資。
  • 1974年(昭和49年01月) - 1号乾ドック1400G/Tを7000G/Tに拡張。
  • 1974年(昭和49年08月) - 資本金1億5000万円に増資。
  • 1975年(昭和50年04月) - 電気室新設。
  • 1984年(昭和59年09月) - 小原敦が代表取締役社長に就任。
  • 1987年(昭和62年11月) - マリーナ施設新設。
  • 1990年(平成02年04月) - クラブハウス「ドック・オブ・ザ・ベイ」新設。
  • 1991年(平成03年03月) - 鋼材組立工場新設。
  • 1992年(平成04年06月) - 杉原毅が代表取締役社長に就任。
  • 1992年(平成04年07月) - 商号を向島ドック株式会社に改称し、社名ロゴマークを一新する。
  • 1992年(平成04年12月) - おかじまゲストハウス改装。
  • 1993年(平成05年11月) - 総合事務所完成。
  • 1997年(平成09年12月) - おかじま寮A館改築。サウナ付き大浴場併設。
  • 1999年(平成11年11月) - 工場・敷地拡張(NTT海底線跡地)。
  • 2000年(平成12年05月) - 機械整備工場移設、自動化ライン新設。
  • 2001年(平成13年02月) - 産業廃棄物処理・熱回収システム新設。
  • 2001年(平成13年03月) - 浮ドック移設、係船桟橋15m延長。
  • 2001年(平成13年04月) - 新配管工場完成。
  • 2001年(平成13年05月) - 軸系工場新設。
  • 2001年(平成13年08月) - 協力会社ハウス及び現図場改装。
  • 2001年(平成13年09月) - 電気工場新設。
  • 2002年(平成14年11月) - 資本金9000万円に減資。6000万円は資本準備金に。
  • 2003年(平成15年07月) - 社員食堂をセミカフェテリア方式に改装。
  • 2006年(平成18年03月) - 浮ドック2000G/Tを15000G/Tに新替。
  • 2007年(平成19年12月) - アネックスおかじま(旧ホテルおかじま)取得。
  • 2010年(平成22年12月) - 日本初鋼材運搬用貨物船「はいぱーえこ」を就航し、海運業を始める。
  • 2013年(平成25年11月) - 資材倉庫完成、電気室・ロッカールーム併設
  • 2014年(平成26年10月) - 貨物船「しまのわ」就航。
  • 2014年(平成26年12月) - 電気推進内航コンテナ船「ふたば」就航。
  • 2015年(平成27年04月) - おかじま寮B館改装。
  • 2015年(平成27年06月) - 社員食堂拡張。
  • 2015年(平成27年10月) - 貨物船「しまかぜ」就航。
  • 2016年(平成28年06月) - インフォメーションセンター(旧守衛所)改装。
  • 2016年(平成28年07月) - おかじま寮C館改装。
  • 2016年(平成28年07月) - アネックスおかじま南側2階建を船員寮に改装、アネックスAとする。
  • 2018年(平成30年02月) - アネックスおかじま中央部を実習生用宿舎に改装、アネックスBとする。
  • 2018年(平成30年03月) - アネックスおかじま独身寮を改装、アネックスCとする。
  • 2018年(平成30年06月) - 貨物船「はいぱーえこ」を代替。
  • 2018年(平成30年12月) - №2浮ドック6600G/Tを新設。
  • 2019年(平成31年02月) - リチウムイオン電池搭載型内航鋼材船「うたしま」就航。
  • 2019年(令和01年06月) - おかじま寮E館新設。

備考[編集]

尾道を舞台とする映画テレビに映ることが多い。 大林宣彦監督の新尾道三部作「ふたり」・「あした」のロケ地として使われた。

  • 「ふたり」では、向島ドック内のドック・オブ・ザ・ベイが主人公北尾実加役の石田ひかりと神永智也役の尾美としのりが食事をするシーンで使われた。
  • 「あした」では、造船設計技師で永尾要治役の峰岸徹が勤めていた会社として向島ドック本社事務所が使われた。また、映画の中で登場する「呼子丸」をCGなしで、船を水中から浮かばせるという難しいシーンに全面協力している[1]。 
  • NHK連続テレビ小説てっぱん」でも、たびたび浮ドックが映る。

脚注[編集]

その他[編集]

週末には、クレーンライトアップを行っている。東日本大震災のため、自粛されていたが、2011年4月28日に再開した。