君が青春のとき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
君が青春のとき
Hippie Love
監督 斎藤武市
脚本 山田信夫
倉本聰
加藤隆之助
出演者 吉永小百合
音楽 小杉太一郎
撮影 萩原憲治
編集 近藤光雄
製作会社 日活
配給 日活
公開 日本の旗 1967年6月3日
上映時間 94分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

君が青春のとき 』(きみがせいしゅんのとき)は、1967年(昭和42年)6月3日に公開された斎藤武市監督の日本映画である。

概要[編集]

吉永小百合主演の青春ものながら、報道の在り方にまで踏み込んだ意欲作。60年台後半に問題となった若者たち、いわゆる原宿族の風俗描写が見られる貴重な作品。

あらすじ[編集]

テレビ局の新人ディレクターとなった、木所香。初めて自分の企画であるドキュメンタリー「君が青春のとき」を手がけることに。香の制作意図は原宿族の生態をとらえ、現代の青春への問題提起をするものだった。その強い意気込みがゆえに、追跡対象のピン公というチンピラと、その姉のまゆみを傷つけてしまう。

作品データ[編集]

  • 上映時間(巻数 / メートル) : 94分(8巻 / 2,581メートル)
  • フォーマット : カラー - シネマスコープ・サイズ(1:2.35) - 24fps
  • 音響 : Westrex Recording System - モノラル録音
  • 映倫番号 : 14879[1]
  • 公開日 : 日本の旗日本 1967年6月3日
  • 配給 : 日活

スタッフ[編集]

  • 企画:大塚和
  • 脚本:山田信夫 (脚本家)倉本聰、加藤隆之助
  • 撮影:萩原憲治
  • 照明:大西美津男
  • 録音:高橋三郎
  • 美術:坂口武玄
  • 編集:近藤光雄
  • 助監督:木下喜源
  • 色彩測定:前田米造
  • 現像:東洋現像所
  • 製作担当者:野村耕祐
  • 振付:漆原政子
  • 監督:斎藤武市
  • スチール:荻野昇(ノンクレジット)

音楽・主題歌[編集]

出演[編集]

  • 吉永小百合 : 木所香
  • 山本圭 : ピン公
  • 米倉斉加年 : 伊部五郎
  • 内藤武敏 : 石田部長
  • 黒居正美 : 山下 (*クレジットでは、黒井正美)
  • 木浦佑三 : 佐伯
  • 斎藤チヤ子 : 北川冴子
  • 杉江弘 : 沼野
  • 紀原土耕 : 岡田
  • 野村隆 : 小沢
  • 市村博 : 原宿族A
  • 野呂圭介 : 南
  • 柴田新三 : 野中
  • 東郷秀美 : 部員A
  • 糸賀靖雄:部員B
  • 水川国也 : 木本
  • 田中滋 : 部員C
  • 吉田武史 : 原宿族B
  • 荒井岩衛 : 穴ぐらのバーテン
  • 鈴村益代:アパート管理人
  • 高田栄子:清掃婦
  • 北出桂子 : 看護婦
  • 高山千草:清掃婦
  • 下野涼子:ハルコ
  • 高木美恵子:ハルコの友人
  • ザ・バトラーズ:グループサウンズ
  • 十朱幸代 : 松下まゆみ
  • 仲谷昇 : 江波良太
  • 以下ノンクレジット
  • 賀川修嗣、本目雅昭 : 部員
  • 三谷忠雄、式田賢一、今村弘 : 麻雀する同僚
  • 平塚仁郎 : 喫茶店に入ってくる男
  • 水城英子:喫茶店の客
  • 園田健夫:レストランの客・喫茶店のバーテン
  • 宮沢尚子 : 看護婦
  • 矢藤昌宏、新津邦夫、熱海弘到、和田みどり : 同僚
  • 緒方葉子:喫茶店のカウンターの客
  • 澄田浩介:社員
  • 西原泰江:ドライブインの女

同時上映[編集]

『非行少年 陽の出の叫び』

『飛騨』(短編記録映画)

脚注[編集]

[ヘルプ]