君はいずこへ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
君はいずこへ
ビートルズ楽曲
収録アルバム ラバー・ソウル
リリース 1965年12月3日
録音 アビー・ロード・スタジオ
1965年10月24日-11月11日
ジャンル フォークロック[1]
時間 226 (UK stereo version)
2分33秒 (UK monaural version)
2分30秒 (USA stereo version)
2分29秒 (USA monaural version)
2分53秒 (The Beatles' Anthology 2 version)
レーベル パーロフォン
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン

ラバー・ソウル 収録曲
A面
  1. ドライヴ・マイ・カー
  2. ノルウェーの森
  3. ユー・ウォント・シー・ミー
  4. ひとりぼっちのあいつ
  5. 嘘つき女
  6. 愛のことば
  7. ミッシェル
B面
  1. 消えた恋
  2. ガール
  3. 君はいずこへ
  4. イン・マイ・ライフ
  5. ウェイト
  6. 恋をするなら
  7. 浮気娘

君はいずこへ」(きみはいずこへ、I'm Looking Through You)はイギリスロックバンドビートルズの楽曲である。

解説[編集]

本作は1965年12月3日に発売された6作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムラバー・ソウル』のB面3曲目に収録された。レノン=マッカートニーの作。実質的にはポール・マッカートニーが書いたとされる。リード・ヴォーカルはポール・マッカートニー。

歌詞は、ポールの当時の婚約者ジェーン・アッシャーに向けて書いた曲で[2]、変わってしまった彼女の心を嘆いている。

この曲は1965年10月24日にレコーディングが開始された。この日のアレンジはリリース版よりもテンポが遅く、リズムも異なり、ミドルエイトの部分がなかった[3][4]。この時の初期のヴァージョンが『ザ・ビートルズ・アンソロジー2』(1996年)に収録されている[5]。その後11月10日にリメイクとオーバーダビングが施され、『ラバー・ソウル』に収録された[6]

ミキシング[編集]

"Rubber Soul"(Capitol)のステレオ盤には、何故かイントロでのギターのミスが収録されている。

英米盤ともモノ・ヴァージョンではステレオ・ヴァージョンよりフェード・アウトのタイミングが遅く、2秒ほどエンディングを長く聴くことが出来る。

プレイヤー[編集]

収録盤[編集]

カバー[編集]

ザ・ウォールフラワーズがカバーした音源が、2001年公開の映画『アイ・アム・サム』で使用され、同映画のサウンドトラック盤に収録された。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ダブルトラック処理が施されている。

出典[編集]

  1. ^ Pollack, Alan W. (1993年7月23日). “I'm Looking Through You”. Notes On ... Series. 2019年1月12日閲覧。
  2. ^ Spitz, Bob (2005). The Beatles: The Biography. Boston: Little, Brown. p. 588. ISBN 0-316-80352-9. 
  3. ^ a b MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). p. 174. ISBN 1-84413-828-3. 
  4. ^ Lewisohn, Mark (1996). Anthology 2 (booklet). The Beatles. London: Apple Records. p. 65. 31796. 
  5. ^ Lewisohn, Mark (1996). Anthology 2 (booklet). The Beatles. London: Apple Records. p. 14. 31796. 
  6. ^ Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. p. 68. ISBN 0-517-57066-1.