君は月夜に光り輝く

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
君は月夜に光り輝く
著者 佐野徹夜
イラスト loundraw
発行日 2017年2月25日
発行元 KADOKAWA
ジャンル 恋愛小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 文庫判
ページ数 324
公式サイト www.kadokawa.co.jp
コード ISBN 978-4-04-892675-1
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

君は月夜に光り輝く』(きみはつきよにひかりかがやく)は、佐野徹夜による日本小説。発光病という不治の病に侵された女子高校生が残り少ない生命においてやり残したことを、偶然病院にやって来た同級生の男子高校生に「代行」してもらうことで互いに心を通わせていく恋愛小説である。

佐野は本作が2016年に第23回電撃小説大賞を受賞し[1]、作家デビューした[2]2017年2月25日KADOKAWAより発売されてから、2018年9月時点で30万部の発行部数を記録している[3]

2019年に実写映画版が公開[4]

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

岡田卓也(おかだ たくや)
高校1年生。姉を失ってからは生きることに嫌気が差している。
渡良瀬まみず(わたらせ まみず)
卓也と同じ高校に通う高校1年生。しかし、発光病という不治の病に侵されて以降は病院生活を余儀なくされている。
香山彰(かやま あきら)
卓也とまみずの同級生であり、卓也の学友。
岡田鳴子(おかだ めいこ)
卓也の姉。15歳で亡くなった。
平林リコ(ひらばやし リコ)
卓也がアルバイトをしている勤め先の先輩。

映画[編集]

君は月夜に光り輝く
監督 月川翔
脚本 月川翔
原作 佐野徹夜『君は月夜に光り輝く』
製作 春名慶(企画・プロデュース)
岸田一晃(企画・プロデュース)
神戸明
製作総指揮 山内章弘
出演者 永野芽郁
北村匠海
甲斐翔真
松本穂香
今田美桜
優香
生田智子
長谷川京子
及川光博
音楽 伊藤ゴロー
主題歌 SEKAI NO OWARI
「蜜の月 -for the film-」
撮影 柳田裕男
編集 坂東直哉
制作会社 東宝映画
製作会社 「君は月夜に光り輝く」製作委員会
配給 東宝
公開 2019年3月15日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2019年3月15日に公開[4]。監督は、映画『君の膵臓をたべたい』などを手がけた月川翔が務める。同作の主演を務めた北村匠海と朝ドラ『半分、青い。』の主演を務めた永野芽郁のダブル主演[3]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]