君島一郎 (デザイナー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

君島 一郎(きみじま いちろう、1929年2月27日 - 1996年7月14日)は日本の服飾デザイナー埼玉県本庄市出身。

「日本を代表するファッションデザイナー」などと高く評価する声も多かった。

概略[編集]

略歴[編集]

長野工業高等専門学校建築学科卒。1956年、ファッション界に転向[1]

このコレクション参加により、パリの社交界で認知されるようになった。
  • 1979年 パリにパリキミジマを開店。パリの社交界で評判となった。
他にも中国政府や上海市の招きによりいくつかのファッションショーに出品。
  • 1991年 パリのファッション雑誌『ロフィシェル』(L'Officiel)にて作品を発表。

君島一郎によるブランドKIMIJIMAは、いわゆる社交界や上流階級にも好まれ、日本では皇族の愛用者も得た。こうしてファッション雑誌などのメディアでKIMIJIMAブランドが紹介される時には”皇族もお召しになる”といったイメージが添えられるようになり、それにより世の女性の間で”憧れのブランド”との位置づけを得ることにも成功、一時期、日本のオートクチュール界で一大勢力を誇った。

1993年1月8日、皇太子妃に内定した小和田雅子が皇室会議に提出するための写真を帝国ホテル内「佐藤写真」で撮影した際、着用したスーツは君島が仕立てたものであることが、後日、君島本人からも明かされた。

スキャンダルと死[編集]

こうした成功の中、1995年12月5日、女優の吉川十和子婚外子の君島明(旧姓・佐藤。その後さらに君島誉幸と改名)と11月中旬に婚約したことを発表、その一見華やかな結婚がマスコミで話題になった(婚姻届は'95年12月11日、結婚式は'96年2月)。だがその発表を機にして、明が本妻・君島由希子の実子ではないことや、息子にまつわる様々なスキャンダル、君島家の複雑な家族関係・人間関係、兄の立洋と明の異母兄弟間の対立[2]等々が次々に発覚、連日マスコミで大きく扱われるようになり、それらの芳しからぬイメージがKIMIJIMAブランドに常につきまとうことになり、ブランドイメージは短期間で地に落ちることになった。君島のブティック各店は売上が激減、経営は一気に悪化した。

1996年7月14日、君島一郎は急死した。

その後[編集]

君島は莫大な借金を遺したとされ、君島が遺した法人およびブティックは、家族間、特に立洋との様々な争いの後(当時“骨肉の争い”とたびたび形容された)、君島明が相続することになったものの、支払いが滞るトラブルをたびたび引き起こした。結局ブティックも2000年代に全て閉店となり現在では一店舗も残っていない。

家族[編集]

法律上の妻(本妻)は君島由希子。君島由希子との間に息子の君島立洋。他の女性との間に君島明(当時の名。佐藤明から改名、その後さらに君島誉幸と改名)。なお、明の実母と一郎の母親が養子縁組したため、明も君島姓。

関連書[編集]

  • 君島立洋『わが父君島一郎』新講社1996年、ISBN 4915872130

脚注[編集]

  1. ^ 君島一郎 20世紀日本人名事典
  2. ^ 「神田うの、ベビーシッター盗難事件の真実を初告白!脅威の実態が明らかに…」の本文中に立洋と明の対立の説明があるのが確認できる(テレビドガッチ 2015年12月13日7時発信、2016年10月2日閲覧)