吸光分光法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

吸光分光法とは媒質内を透過する時の吸光を利用して試料の組成を分析する手法。

概要[編集]

分光法の一種でプリズム回折格子のような分光器を使用して試料の含まれる媒質内を透過した光のスペクトルを調べることによって構成元素を分析する。

種類[編集]

原子吸光[編集]

励起された原子によって特定の波長の光が吸収される現象を利用する。

誘導結合プラズマ[編集]

励起に高周波数の変動磁場によってプラズマ内部に渦電流によるジュール熱を発生させることによって得られる高温のプラズマを利用する。

関連項目[編集]