吹田サービスエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吹田サービスエリア
吹田サービスエリア(上り線)
吹田サービスエリア(上り線)
所属路線 E1 名神高速道路
本線標識の表記 吹田
起点からの距離 517.8 km(東京IC起点)
吹田JCT/IC (3.3 km)
(6.7 km) 豊中IC
供用開始日 1963年7月16日
上り線事務所 24時間
上り線GS ENEOS
24時間
下り線事務所 24時間
下り線GS ENEOS
24時間
所在地 564-0001
(上り線)大阪府吹田市岸部北4丁目8-1
(下り線)大阪府吹田市岸部北4丁目7-1
テンプレートを表示

吹田サービスエリア(すいたサービスエリア)は、大阪府吹田市岸部北4丁目の名神高速道路上にあるサービスエリアである。

概要[編集]

1963年昭和38年)7月16日に供用開始。当時はトイレのみのサービスエリアであった。同年12月27日給油所1965年(昭和40年)7月8日売店1968年(昭和43年)2月20日に無料道路案内所が営業開始。

本線を渡る歩道橋があるので、駐車場ガソリンスタンドを除き小牧方面・西宮方面の施設を相互に利用が可能である。歩道橋を設けたのは、レストランが上り線にのみしか設けられなかったために下り線からも利用できるように配慮したためである。なお、当初は本線上をまたぐオーバーブリッジ・タイプとすることも提案されたが、建築基準法に触れることやコストの問題などから採用とはならなかった。

下り線の休憩施設が本線側にあったためか逆走事故が多く発生したため、逆走防止装置が設置されている[1]

道路[編集]

施設[編集]

上下線とも建物内の店舗は京阪レストランが運営している。

上り線(京都方面)[編集]

下り線(西宮・神戸方面)[編集]

  • 駐車場
    • 大型 67台
    • 小型 82台
  • トイレ
    • 男性 大8(和式4・洋式4)・小22
    • 女性 26(和式20・洋式6)
    • 車椅子用 1
  • ガソリンスタンド(JXTGエネルギー (ENEOS)(エネクスフリート(株))、24時間)
    • 以前は(株)JOMOネット関西(JOMO)→エネクスフリート(株)→伊藤忠エネクス→関西港南[コーナンフリート]が運営していた。
  • 電気自動車用急速充電器(24時間):要事前登録
  • フードコート
    • 焼肉690(10:00-20:00)
    • 釜ゆで大阪うどん 芦刈(24時間) ※ただし、釜ゆで大阪うどん提供時間は7:00から21:00までである。
    • トラジャコーヒー ドリップカフェ(7:00-20:00)
    • Cobara Suita(9:00-20:00)
  • ショッピング(24時間)
    • 名店街ゾーン
    • コンビニゾーン
    • 民芸・玩具ゾーン
  • 自動販売機
  • インフォメーション・FAXサービス(平日8:00-17:00、土曜・日曜・祝日7:00-17:00)
  • 携帯電話充電器(24時間)

[編集]

E1 名神高速道路
(35) 吹田JCT/IC - 吹田SA - (36) 豊中IC

名神吹田バスストップ[編集]

吹田市江坂町の国道423号との交点付近には名神吹田バスストップが設置されていた。名神高速を経由する高速バスが停車していたが、1970年代中ごろに廃止された。現在でもバスストップへの階段(出入り不可)が残っている。名神吹田バスストップ(yahoo地図)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高速道路における逆走事故と その対策について 西日本高速道路株式会社 保全サービス事業本部・保全サービス事業部 交通グループ、2010年4月

関連項目[編集]