吹田市警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

吹田市警察(すいたしけいさつ)は、かつて存在した大阪府吹田市自治体警察

概要

大阪府では全国に先駆けて、1947年(昭和22年)12月より試験的に自治体警察制度が導入された。吹田市でも吹田市警察署が設置された。1948年(昭和23年)3月7日の旧警察法の施行により、正式に発足した。

1950年(昭和25年)3月には警察寮が完成した。そして同年8月に、拳銃が全署員に貸与された。

その2年後の1952年(昭和27年)8月に、吹田市を揺るがす大規模暴動(吹田事件)が発生している。

1954年(昭和29年)に、旧警察法が全面改正される形で新警察法が公布された。これにより国家地方警察と自治体警察が廃止され、新たに都道府県警察として大阪府警察本部が発足。吹田市警察も大阪府警察に統合され、姿を消した。

関連項目

今日は何の日(10月20日

もっと見る

「吹田市警察」のQ&A