吾妻光俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吾妻 光俊(あづま みつとし、1903年11月9日 - 1973年4月21日)は、日本法学者。専門は、民法労働法社会保障法一橋大学名誉教授。恩師は末弘厳太郎。門下に蓼沼謙一(第8代一橋大学学長、元労働法学会代表理事)、横井芳弘中央大学名誉教授、元労働法学会代表理事)など。

人物[編集]

東京横田秀雄大審院院長・民法学者)の子として生まれる。1925年第一高等学校卒業。1928年東京帝國大學法学部法律学科卒業。同法学部助手。1930年東京商科大学附属商学専門部専任講師。1935年東京商科大学附属商学専門部教授。1936年東京商科大学商学部助教授。1936年労働法研究のためドイツイタリアアメリカ合衆国に留学( - 1939年)。1940年東京商科大学学生主事( - 1941年)。1941年東京商科大学商学部教授。

戦後は民法については概説書を著したほかは、労働法研究に転じ、孫田秀春が始め、戦時中は消滅状態にあった労働法講座を復活させ担当した[1]。1949年一橋大学法学社会学部教授。1951年一橋大学法学部教授。1973年一橋大学停年退官。同名誉教授。中央大学法学部教授に就くが、間もなく逝去した[2][3]

この他、1933年中央大学法学部兼任講師( - 1941年)。1941年中央大学法学部兼任教授( - 1973年)。1950年中央労働委員会公益委員( - 1973年)。司法試験第二次試験考査委員(旧司法試験)(1950年 - 1958年、1962年 - 1973年)[4]

門下[編集]

ゼミの指導学生に蓼沼謙一(第8代一橋大学学長、元労働法学会代表理事)、横井芳弘中央大学名誉教授、元労働法学会代表理事)、坂本重雄静岡大学名誉教授、元労働法学会代表理事)[5]喜多実(元南山大学教授)[6]、本田尊正(元青山学院大学教授)[7]早川章(元運輸省地域交通局長、元東京空港交通会長)[8]、竹内規浩(元スクワイヤー・サンダース・デンプシー(現スクワイヤ・パットン・ボッグス)弁護士、元米国ブリヂストン社長)[9]、大前和俊(元横浜地方裁判所横須賀支部長)[10]など。

親族[編集]

エピソード[編集]

参考文献[編集]

  • 石井保雄「吾妻光俊の戦後労働法学 : ある近代主義者の肖像」獨協法学(69) 2006
  • 石井保雄「戦時期の吾妻光俊の軌跡 : 「労働力のコントロール」理論前史」獨協法学(71) 2007

脚注[編集]

  1. ^ 蓼沼謙一「一橋における労働法学」
  2. ^ 以上について、『名誉教授吾妻光俊先生年譜』(一橋論叢 57(5), 1967年)
  3. ^ 好美清光「一橋における民法学」一橋論叢
  4. ^ 以上について、『名誉教授吾妻光俊先生年譜』(一橋論叢 57(5), 1967年)。
  5. ^ [1]
  6. ^ [2]
  7. ^ [3]
  8. ^ 「修士課程」
  9. ^ [4]
  10. ^ [5]
  11. ^ 以上について、『吾妻光俊先生に人と学説』(一橋論叢 57(5), 1967年)。