吾妻通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
日本 > 兵庫県 > 神戸市 > 中央区 > 吾妻通

吾妻通(あづまどおり)は兵庫県神戸市中央区町名の一つで、旧葺合区中南部、国道2号の北、春日野道商店街の西、生田川の東に位置する。郵便番号:651-0076

地理[編集]

住宅商業地域

東は脇浜町、南は国道2号を挟み北本町通、西は生田川を挟み(雲井橋、新生田川橋=国道2号で接続)雲井通、北は日暮通。東から順に一~六丁目が存在する。

一丁目に阪神春日野道駅を有する。『角川日本地名大辞典』(1988年)によれば二丁目に市営葺合住宅(葺合消防署)、三丁目に建設省近畿地方建設局兵庫国道工事事務所、四丁目に神戸市立吾妻小学校(現在中央小学校へ統合され廃校)・神戸市立あづま幼稚園・吾妻派出所・吾妻公園、五丁目に葺合警察署・賀川記念館(日本基督教団神戸イエス団教会本部・神戸イエス団教会・友愛幼稚園)、六丁目に生田川公園があるという[1]

歴史[編集]

明治34年(1901年)、葺合町の一部が耕地整理され町名がついた。『神戸の町名 改訂版』では、道路整備を担当したのが「吾妻組」だったため命名されたともいうが信じがたいとしており、「旭通と同じく日暮通、八雲通、東雲通と照応させたのではないだろうか」と推測される[2]

  • 明治42年(1909年)から賀川豊彦がこの一帯を拠点にキリスト教活動を始めた[2]
  • 大正11年(1922年)、吾妻尋常小学校が開校、後の吾妻小学校。
  • 平成8年(1996年)、吾妻小学校が中央小学校へ統合され、跡地は神戸市生涯学習支援センターとなる。

人口統計[編集]

  • 平成17年国勢調査(2005年10月1日現在)での世帯数650、人口1,118、うち男性583人、女性535人[3]
  • 昭和63年(1988年)の世帯数606・人口1,278[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『神戸の町名 改訂版』 神戸史学会、神戸新聞総合出版センター、2007年。ISBN 978-4-343-00437-6。
  • 角川日本地名大辞典 28 兵庫県』 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 竹内理三、角川書店、1988年。ISBN 978-4040012803。