吾平駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吾平駅
駅ホーム跡
駅ホーム跡
あいら
Aira
論地 (1.8km)
(1.5km) 永野田
所在地 鹿児島県鹿屋市吾平町麓
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 大隅線
電報略号 アイ
開業年月日 1920年(大正9年)
廃止年月日 1987年(昭和62年)
備考 *廃止当時は吾平町
テンプレートを表示

吾平駅(あいらえき)は、鹿児島県鹿屋市吾平町麓(廃止時点では肝属郡吾平町麓)にかつて設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)大隅線廃駅)である。大隅線の廃止に伴い、1987年(昭和62年)3月14日に廃駅となった。

歴史[編集]

地元の鉄道会社である大隅鉄道が、鹿屋から高山まで1920年(大正9年)12月23日に延伸した際に、その途中駅として開業した。当時は762 mm軌間軽便鉄道であった。また当初の駅名は同じ読みで漢字が異なり、姶良駅であった。これは、1988年(昭和63年)に同じ鹿児島県内の姶良郡姶良町に開業した日豊本線姶良駅とは別の駅である。

1935年(昭和10年)6月1日に鉄道省が大隅鉄道を買収して、古江線となった。その後国鉄標準の1,067 mm軌間への改軌工事が進められ、1938年(昭和13年)10月10日に完成した。また古江東線と古江西線を合わせて再度古江線となった。

年表[編集]

廃止時の構造[編集]

  • 志布志起点25.7 km。
  • 1面2線の島式ホームと側線1本を有する、列車交換が可能な駅であった。
  • 直営駅であった。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
大隅線
論地駅 - 吾平駅 - 永野田駅

現状[編集]

吾平鉄道記念館

廃止後、駅跡は鉄道公園として整備され、キハ20 452車掌車ヨ8953が保存されている。また、隣接して吾平町鉄道資料館が設置され、大隅線の歴史を今に伝えていたが、鹿屋市の行革方針により2015年(平成27年)9月30日をもって閉館となった。吾平鉄道資料館内にある資料等については、鹿屋市鉄道記念館(鹿屋市共栄町20番2号)のリニューアルと合わせて、移設・展示を予定。なお建物については、鹿屋市の地域包括ケアシステムの構築において中核的な役割を果たす鹿屋市地域包括支援センターに改修予定である[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「日本国有鉄道公示第353号」『官報』1951年12月22日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 吾平鉄道資料館の閉館について”. 鹿屋市. 2016年5月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • 吾平町『大隅線の歴史』 1995年

関連項目[編集]