吾輩は犬である

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吾輩は犬である
放送期間 2014年9月7日 - 2015年12月27日
放送時間 毎週日曜 7:00-7:30
放送局 TOKYO FM
出演 綿引さやか(主人公・マルの声)
テンプレートを表示

吾輩は犬である(わがはいはいぬである)は、TOKYO FMで放送されていたラジオ番組。

概要[編集]

「ヒューマンコンシャス~生命(いのち)を愛し、つながる心」というステーションメッセージを掲げるTOKYO FMが、「人とペットに優しい社会をめざす“PET FRIENDLY”」をテーマにした番組[1]

この番組は、「犬の目線で見つめた人間社会」をユーモラスに描き、それとともに、“PET FRIENDLY”に賛同する、各界の有識者、アーティストたちも登場し、「いのちを大切に育むマインドやライフスタイル」をリスナーと共有するのが目的[1][2]。ペットを愛するリスナーとの交流イベントなども展開する[1][2]

2016年1月より内容をリニューアルし、『PET FRINDLY~ペットと人のやさしい関係』(坂本美雨が担当)に衣替えした。

番組内容[編集]

この番組では1歳のオスの柴犬「マル」を主人公に、好奇心旺盛でちょっと社会派である、「マル」の飼い主のサトシが、毎週、いろんなところに「マル」を連れていくという設定で、その「帰り道」に、「ペット愛好家の有名人」との出会いが設けられる[1][2]

放送時間[編集]

  • 毎週日曜 7:00-7:30

出演者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “人とペットに優しい社会をめざして・・・“PET FRIENDLY”な新番組がスタート! ペット目線で、社会を考える、お散歩ラジオ番組『吾輩は犬である』”. MSN産経ニュース. (2014年9月1日). オリジナル2014年9月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140901151709/http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140901/prl14090116420167-n1.htm 2015年11月1日閲覧。 
  2. ^ a b c “犬目線で人間社会を描くラジオ番組『吾輩は犬である』”. RBB TODAY. (2014年9月1日). http://www.rbbtoday.com/article/2014/09/01/122966.html 2014年9月2日閲覧。