呂叔湘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
呂叔湘
出身地: 江蘇省鎮江市丹陽
職業: 言語学者
各種表記
繁体字 呂叔湘
簡体字 吕叔湘
拼音 Lǚ Shūxiāng
和名表記: りょ しゅくしょう
発音転記: リュー・シューシアン
テンプレートを表示

呂叔湘(りょ しゅくしょう、1904年12月24日1998年4月9日)は、中国言語学者、言語教育家。中国語の現代語文法および歴史文法に関する代表的な研究者。

生涯[編集]

呂叔湘は江蘇省丹陽に生まれた。名ははじめ「湘」、のちに「叔湘」。1926年に国立東南大学(現在の南京大学)の外国文学系を卒業し、中学校の英語教師をしていたが、1936年にイギリスに留学し、オックスフォード大学人類学を、ロンドン大学図書館学を学んだ。日中戦争が始まると、留学を途中で切りあげて1938年に帰国し、雲南大学・成都の華西協和大学・成都に疎開していた金陵大学で教えた。戦後は金陵大学が南京に戻ったため、ともに南京に移った。1948年からは上海開明書店で働いた。

中華人民共和国の成立後は清華大学中文系の教授となった。1952年から中国科学院語言研究所の研究員となり、翌年副所長、1963年から1982年まで所長をつとめた。

現代の普通話の規範的な辞典である『現代漢語詞典』は1958年以降に正式な編集をはじめたが、呂叔湘はその編集長だった。のちに主編は丁声樹にかわったが、途中に文化大革命をはさみ、正式版は1978年になってようやく商務印書館から出版された。

文化大革命では五七幹部学校に入れられた。1971年に自宅に戻ったが、その後も文革中は沈黙を保った。文革後の1978年から1985年まで『中国語文』の編集長、1980年に中国語言学会が成立すると1985年までその会長をつとめた。また『中国大百科全書』の語言文字の巻の主編でもあった。

主な著作[編集]

呂叔湘は1930年代以降中国語文法に関する論文を発表している。啓蒙的な著作も多い。

  • 『中国文法要略』(商務印書館1942・1944、全3巻。1956年の修訂本で1冊にまとめられる。1982年重版)
1940年代に書かれた中国語文法書として、王力高名凱のものと並び称される。本来中学教師用の参考書として書かれたため、例文は教科書から取られ、文言と口語の両方に対応している。王力のものと同様、オットー・イェスペルセンのランク理論を使っていることが1950年代に批判され、修訂本では自己批判した上で削除した。
  • 『文言虚字』(開明書店1944)
文言の代表的な虚字の用法を示したもの。
  • 『中国人学英文』(開明書店1947)
もと開明書店の雑誌『中学生』に連載したもの。中国人にとって英語の何が難しいかを説いた啓蒙書。
  • 『漢語語法論文集』(科学出版社1955。商務印書館1984増訂本)
1940年代に発表した主に文法史に関する論文をまとめたもの。増訂本は収録内容が大きく異なる。
  • 『語法修辞講話』(朱徳熙と共著、開明書店1952)
1951年に『人民日報』上に連載した一般むけの啓蒙的な文章をまとめたもの。
  • 『語文常談』(生活・読書・新知三聯書店1980)
1964年から翌年にかけて月刊誌『文字改革』に載せた中国語全般に関する一般むけの文章をまとめたもので、対話形式で書かれている。
  • 『漢語語法分析問題』(商務印書館1979)
1950年代以降におきたさまざまな文法に関する論争に関し、諸説を比較し自らの判断を述べたもの。邦訳あり(光生館)。
  • 『現代漢語八百詞』(呂叔湘主編、商務印書館1980)
現代中国語の文法的な語彙を集め、その用法を詳しく解説した辞典。邦訳あり(現代出版、のち東方書店)。
  • 『呂叔湘語文論集』(商務印書館1983)
  • 『語文雑記』(上海教育出版社1984)
  • 『近代漢語指代詞』(江藍生補、上海学林出版社1985)
1940年代の原稿をもとに江藍生がおぎなったもの。『漢語語法論文集』と並ぶ歴史文法に関する主著。

共著の作品にはほかに『現代漢語語法講話』(商務印書館1961。1979に重版)がある。また1979年に趙元任の『A Grammer of Spoken Chinese』の部分的な中国語訳を『漢語口語語法』の題で出版している(1980年に香港で丁邦新による完全な翻訳『中国話的文法』が出版された)。

文法関係以外では、自らの丹陽方言を研究した論文がいくつかある。

  • 『呂叔湘文集』(商務印書館1990-1993、全6巻)
  • 『呂叔湘全集』(遼寧教育出版社2002、全18巻)

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 呂必松 (1981). “呂叔湘”. 中国現代語言学家. 1. 河北人民出版社. pp. 125-137.