呂号第百十六潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
艦歴
計画 昭和17年度計画(マル急計画[1]
起工 1943年1月16日[1]
進水 1943年9月13日[1]
就役 1944年1月21日[1]
その後 1944年5月24日ヘッジホック攻撃により沈没[1]
亡失認定 1944年6月25日[1]
除籍 1944年8月10日[1]
性能諸元
排水量 基準:525トン 常備:601トン
水中:782トン
全長 60.90m
全幅 6.00m
吃水 3.51m
機関 艦本式24号6型ディーゼル2基2軸
水上:1,000馬力
水中:760馬力
電池 1号15型120個[2]
速力 水上:14.2kt
水中:8.0kt
航続距離 水上:12ktで3,500海里
水中:3ktで60海里
燃料 重油:50トン
乗員 38名
兵装 25mm機銃連装1基2挺
魚雷発射管 艦首4門
53cm魚雷8本
備考 安全潜航深度:75m

呂号第百十六潜水艦(ろごうだいひゃくじゅうろくせんすいかん)は、日本海軍潜水艦呂百型潜水艦(小型)の17番艦。

艦歴[編集]

1942年昭和17年)の昭和17年度計画(マル急計画[1]により、1943年(昭和18年)1月16日、川崎重工業泉州造船所[3]で起工。1943年9月13日進水。1944年(昭和19年)1月21日、川崎重工業神戸造船所[3]で竣工し、二等潜水艦に類別[1]。同日、横須賀鎮守府籍となり[4]、訓練部隊である第六艦隊第11潜水戦隊に編入された。

3月31日、呂116はパラオ大空襲により来襲した米機動部隊の迎撃のために出撃。4月13日に帰投した[5]。5月4日、第7潜水戦隊第51潜水隊に編入[4]

同日、呂116はを出港し、10日にサイパンに到着[4][5]。15日、あ号作戦のためにナ散開線に向かうべくサイパンを出港していくのを最後に消息不明[1][5]

アメリカ側の記録によると、18日、米軍はナ散開線の存在を暗号解読により認識したため、米護衛駆逐艦イングランド(USS England, DE-635)、ジョージ英語版(USS George, DE-697)、ラビー英語版(USS Raby, DE-698)の3隻からなる対潜部隊が向かった。28日0120、カビエン北北西沖でジョージが16km先にある船をレーダー探知。その8分後、レーダーの反応が消えたため、相手が潜水艦であると判断した。0150、イングランドは686mの距離で潜航中の潜水艦をソナー探知。深度52mの位置にいる潜水艦は頻繁に舵をきり、推進器音で敵のソナーを惑わせようとした。2回ほど攻撃に失敗したが、イングランドはヘッジホッグ24発を投下。その結果、3回の爆発音が聞こえ、潜水艦を撃沈した[1][5]。朝、部隊は潜水艦のものと思われるいくつかの木製甲板の破片を回収した。これが呂116の最期に瞬間であり、艦長の岡部猛大尉以下乗員56名全員戦死[6]。沈没地点はカビエン北北西225浬地点付近、北緯00度53分 東経149度14分 / 北緯0.883度 東経149.233度 / 0.883; 149.233

6月25日、アドミラルティ北方で亡失と認定され、8月10日に除籍された。

歴代艦長[編集]

艤装員長[編集]

  • 不詳

艦長[編集]

  • 岡部猛 大尉:1944年1月21日 - 5月24日戦死[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『日本海軍史』第7巻、379-380頁。
  2. ^ 『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集20巻』73頁。
  3. ^ a b 『写真日本海軍全艦艇史』資料篇「主要艦艇艦歴表」18頁。
  4. ^ a b c 『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集20巻』98頁。
  5. ^ a b c d 『日本海軍の潜水艦 - その系譜と戦歴全記録』163頁。
  6. ^ a b 『艦長たちの軍艦史』461頁、『日本海軍の潜水艦 - その系譜と戦歴全記録』163頁。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ判 日本海軍艦艇写真集20巻』潜水艦伊号・呂号・波号・特殊潜航艇他、光人社、1998年。
  • 勝目純也『日本海軍の潜水艦 - その系譜と戦歴全記録』大日本絵画、2010年。
  • 『写真日本海軍全艦艇史 Fukui Shizuo Collection』資料編、KKベストセラーズ、1994年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第一法規出版、1995年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9