呂護

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

呂 護(りょ ご、? - 362年)は、五胡十六国時代の人物。

生涯[編集]

後趙に仕えていたが、冉閔が乱を起こすとこれに従い、征虜将軍に任じられた。

351年8月、呂護は平南将軍高崇と共に洛州刺史鄭系を捕え、三河ごと東晋に帰順した。その後、心変わりして魯口に拠っていた王午の下に奔った。

352年7月、王午は安国王を自称して自立を宣言した。8月、前燕慕容恪封奕陽騖らと共に魯口攻略に向けて進軍して来ると、王午は籠城を図るも、10月に配下の将軍秦興に殺害された。呂護は秦興を誅殺すると、王午の後を継いで安国王を自称し、引き続き魯口を守った。

354年2月、慕容恪が再度魯口攻略のために到来すると、呂護は籠城を図った。1カ月あまりで魯口は陥落し、呂護は野王へ逃走した[1]。後に呂護は弟を派遣して前燕に謝罪し、河内郡太守に任じられた。

358年3月、上党で自立していた馮鴦が慕容評の攻撃を受けると、呂護の下へ帰順した。

361年2月、自立していた元後趙の将軍高昌が前燕の攻撃を受けて敗死すると、呂護はその領民を率いて東晋へ帰順を請うた。これを受け東晋は冀州刺史に任じた。呂護は東晋の兵を迎え入れてを急襲しようと目論んだ。

3月、慕容恪は5万の兵を引き連れて呂護の討伐に向かい、皇甫真にも1万の兵を与えて従軍させた。前燕軍が野王城外に至ると、呂護は籠城した。

包囲を始めて数カ月が経つと、追い詰められた呂護は配下の張興を出撃させたが、傅顔により撃退されたため、城内の士気はさらに下がった。食糧が尽きた呂護は、皇甫真の陣営へ夜襲をかけたが、皇甫真は備えを十分にしていたため突破できなかった。慕容恪はこの隙に攻撃を仕掛け、呂護の軍は大打撃を受け、呂護は妻子を棄てて滎陽へ逃げた。

10月、呂護は再び東晋に背いて前燕に帰順を請うと、許されて広州刺史に任じられた。

362年1月、呂護は前燕の将として洛陽攻略を命じられ、河陰へ進軍した。3月、洛陽の守将である河南郡太守戴施は宛へ逃走した。5月、桓温は庾希と鄧遐に3千の水軍を与えて洛陽救援に向かわせた。7月、呂護は小平津まで軍を退いたが、流れ矢に当たって戦死した。 

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 一説によると、野王へ逃走中に悦綰の追撃を受けて捕らえられ、降伏したともいわれている。