呉俊赫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
呉俊赫(オ・ジュンヒョク)
Oh Jun-Hyuk
SKワイバーンズ #39
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
出身地 韓国全羅南道
生年月日 (1992-03-11) 1992年3月11日(28歳)
身長
体重
187 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手 左翼手 右翼手 指名打者
プロ入り 2011年 2次8ラウンド(ハンファ・イーグルス)
初出場 2011年4月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

呉 俊赫(オ・ジュンヒョク、朝鮮語: 오준혁1992年3月11日 〜 )は韓国プロ野球に所属する大韓民国出身のプロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

ハンファ時代[編集]

2011年にハンファ・イーグルスと契約した。

しかし当時には似たようなプレースタイルの打者が多かったため出場機会に恵まれず、表立った成績を残すことはできなかったため兵役につき、2013年に警察野球団に入隊した。

2014年に除隊されチームに復帰したが、同年は一軍出場がなかった。

起亜時代[編集]

2015年5月に林準燮、李鍾煥朴成皓を相手にした大型トレードで柳昌植、金光洙、盧壽匡とともに起亜タイガースへ移籍した[1]

2016年李杋浩などレギュラー一塁手のバックアップとして自己最多の47試合に出場し、キャリアハイの成績を残した。またこの頃から外野手にも挑戦するようになる。

KT時代[編集]

しかし2017年は極度のスランプに陥り出番が激減。そして翌年6月には李昶鎭とのトレードでKTへ再び移籍が決定した[2]

新天地のKTでは黄載均や呉太坤や文相澈など一塁手の層が厚く、守備固めや代打での出場にとどまり30試合の出場にとどまった。

SK時代[編集]

さらに2019年5月には朴承昱、趙韓昱を相手にしたトレードで鄭炫とともにSKに移籍した[3]。しかし移籍後も出番はほとんど与えられず、プロ入り後ワーストの成績に終わった。

通算記録[編集]

年度 チーム 打率 試合 打数 得点 安打 2塁打 3塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 盗塁死 四球 死球 三振 併殺 失策
2011 ハンファ 0.000 2 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0
2012 0.133 10 15 1 2 0 0 0 2 2 0 0 0 1 3 1 0
2015 KIA 0.213 32 80 11 17 2 0 2 25 10 1 1 2 1 22 4 0
2016 0.265 47 132 18 35 8 4 2 57 15 1 2 9 1 38 2 1
2017 0.250 14 12 1 3 0 0 0 3 1 0 0 1 0 3 0 0
2018 KT 0.136 30 44 6 6 0 0 0 6 2 1 1 3 1 11 1 1
2019 SK 0.000 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0
通算 7シーズン 0.220 137 287 38 63 10 4 4 93 30 3 4 15 4 80 8 2

出身学校[編集]

脚注[編集]