呉匡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
姓名 呉匡
時代 後漢時代
生没年 〔不詳〕
字・別号 〔不詳〕
本貫・出身地等 兗州陳留郡
職官 部曲将〔何進〕
爵位・号等 -
陣営・所属等 何進
家族・一族 子:呉班 従子:呉懿

呉 匡(ご きょう、生没年不詳)は、中国後漢末期の武将。兗州陳留郡の人。子は呉班。従子は呉懿呉氏

何進配下。189年、何進が宦官誅殺を計画して逆に殺害された時、同僚の袁紹らに唆されて、何苗が宦官と内通して継兄(義理の兄)を殺害したと疑いを懐き、兵を率いて朱雀門で惨殺した。

その後の呉匡の行方は定かではないが、子と従子たちが旧縁のあった劉焉を頼って入蜀している。なお、従女の呉氏は劉焉の子劉瑁に嫁いでいる(穆皇后)。

参考文献[編集]