呉大澂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
呉大澂
呉大澂の肖像画(『清代学者象伝』)

呉 大澂(ご だいちょう、Wu Dacheng、1835年 - 1902年)。本来の名は「大淳」であって、のちに同治帝の名の載淳を避諱して「大澂」に改めた。字は止敬または清卿、号は恒軒または愙斎。清末の金石学者、書画家。

人物[編集]

江蘇省呉県(現在の蘇州)出身。1868年進士となり、翰林院編修、河北道、太僕寺卿、左副都御史を歴任した。1885年吉林省に派遣されてロシアとの国境問題を処理した。1886年、広東巡撫に抜擢された。1888年、河南山東河道総督に任命され、黄河の治水にあたった。1892年、湖南巡撫となった。日清戦争時には自ら請うて湘軍を率いて戦いに出たが、海城で敗れた。

画は山水・花卉を善くした。は若い時に陳碩甫に篆書を学び、李陽冰に書法が酷似していた。その後楊沂孫の影響を受け、金文と小篆を結合させ、一家をなした。

著作[編集]

  • 『愙斎集古録』
  • 『古字説』
  • 『権衡度量考』
  • 『恒軒所見所蔵吉金録』

関連項目[編集]

先代:
譚鈞培
広東巡撫
1886-1888
次代:
張之洞
先代:
李鶴年
河道総督
1888-1890
次代:
倪文蔚
先代:
王文韶
湖南巡撫
1892-1894
次代:
王廉