呉文鎔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

呉 文鎔(ご ぶんよう、Wu Wenrong、1792年 - 1854年)は、朝の官僚。字は甄甫江蘇省儀徴出身。

略歴[編集]

1819年進士となり、翰林院侍読学士や礼部侍郎などの職を歴任した。1838年曽国藩が湖南省試を受験したときの試験官を務めた。1839年、福建巡撫となった。翌年には湖北巡撫に任命されたが、阿片戦争の発生で東南沿海の防備のために就任しなかった。1841年に江西巡撫に、1848年には浙江巡撫となり、さらに雲貴総督に昇進した。1853年太平天国天京を都とすると、清の朝廷は呉文鎔を湖広総督に起用した。しかし1854年2月、胡以晃頼漢英率いる太平天国の西征軍湖北省黄州付近で戦って敗北し、投水自殺した。曽国藩はその死を深く悼んだという。文節の諡号を贈られた。

先代:
魏元烺
福建巡撫
1839-1840
次代:
劉鴻翺
先代:
伍長華
湖北巡撫
1840-1841
次代:
銭宝琛
先代:
銭宝琛
江西巡撫
1841-1848
次代:
傅縄勛
先代:
傅縄勛
浙江巡撫
1848-1850
次代:
常大淳
先代:
程矞采
雲貴総督
1850-1852
次代:
羅繞典
先代:
季芝昌
閩浙総督
1852-1853
次代:
慧成
先代:
張亮基
湖広総督
1853-1854
次代:
台湧