呉新亨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
呉 新亨
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 台南州嘉義市(現:中華民国の旗 中華民国
生年月日 (1924-01-08) 1924年1月8日
没年月日 (1997-09-26) 1997年9月26日(満73歳没)
身長
体重
170 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1943年
初出場 1943年
最終出場 1952年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

呉 新亨(ご しんきょう、1924年1月8日 - 1997年9月26日)は台湾台南州嘉義市出身の元プロ野球選手外野手)、プロ野球審判員。右投げ右打ち。1948年昭和23年)は呉元敝1949年(昭和24年)以降は萩原 寛(はぎはら ひろし)と名乗った。

来歴・人物[編集]

台湾の強豪、嘉義農林学校 を卒業後、1943年に来日し大和軍に入団する。同年戦局悪化によりチームが解散したため、翌1944年東京巨人軍に移籍。巨人では二番・中堅手のレギュラーとなり、打率.326(リーグ4位)、19盗塁の好成績を記録し、盗塁王に輝く。

戦後も巨人に籍を置いて中堅手のレギュラーを守りながら一番を打ち、1946年には打率.285(リーグ18位)の記録を残した。その後、戦前からの中心選手が続々と復帰したこともあり下位打順に回るが、結婚して萩原寛と改名した[1]1949年から翌1950年にかけては2年連続で規定打席に入り、両年とも打率.270、20盗塁以上をマークした。1951年になると、南村不可止与那嶺要の加入により急激に出場機会が減少する。それでも1952年の日本シリーズには代走で出場し、日本シリーズ連覇に貢献した。同年の日本シリーズ終了後に現役引退。

1955年パシフィック・リーグの東京審判部に入局し、1980年まで審判を勤めた。1977年からパ・リークが審判員袖番号を採用しているが、1980年引退まで20の番号を付けている。1981年には1年だけ東京審判部の指導員を務めた。1997年9月26日死去。満73歳没。

逸話[編集]

ある年の大阪遠征で、チームメイトから素うどんを食べに行こうと持ち掛けられた際、呉は台湾から内地に来たばかりでまだ日本語を十分に理解していなかったために素うどんの意味がわからず、「いえ、ボクはが入ったウドンは食べません」とはっきり答えた。あまりにも素直な返事だったので誰も二の句が継げなかった。また、戦前の巨人には呉波がおり、巨人OBが昔話をした際に二人の呉をよく間違えたが、「酢ウドンの呉」といえばすぐに呉新亨のこととわかったという[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1943 大和 66 229 209 10 31 0 3 0 37 7 13 5 2 -- 18 -- 0 29 -- .148 .216 .177 .393
1944 巨人 32 142 129 20 42 7 1 0 51 10 19 5 4 -- 9 -- 0 8 -- .326 .370 .395 .765
1946 97 424 382 58 109 17 7 0 140 31 19 6 7 -- 34 -- 1 27 -- .285 .345 .366 .712
1947 91 326 303 28 68 16 3 1 93 19 10 7 0 -- 21 -- 2 24 -- .224 .279 .307 .586
1948 96 259 246 18 54 10 1 1 69 19 12 8 6 -- 5 -- 2 20 -- .220 .241 .280 .522
1949 128 496 468 61 129 18 7 6 179 47 24 10 5 -- 23 -- 0 38 -- .276 .310 .382 .692
1950 124 539 476 70 131 27 4 6 184 48 25 7 15 -- 47 -- 1 45 8 .275 .342 .387 .728
1951 23 10 10 5 2 0 0 0 2 1 0 1 0 -- 0 -- 0 1 0 .200 .200 .200 .400
1952 33 8 7 10 2 0 1 0 4 0 3 1 0 -- 1 -- 0 2 0 .286 .375 .571 .946
通算:9年 690 2433 2230 280 568 95 27 14 759 182 125 50 39 -- 158 -- 6 194 8 .255 .306 .340 .646
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

背番号[編集]

  • 15 (1943年)
  • 20 (1944年)
  • 2 (1946年 - 1952年)

登録名[編集]

  • 呉 新亨 (1944年 - 1947年)
  • 呉 元敞 (1948年)
  • 萩原 寛 (1949年 - 1952年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『巨人軍の男たち』98頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]