呉明捷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
呉 明捷
臺灣嘉義農林棒球隊主力 KANO Baseball Team members of TAIWAN.jpg
呉明捷(中央)
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 苗栗県
生年月日 1911年
没年月日 1983年
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

呉 明捷(ご めいしょう、1911年 - 1983年)は、台湾苗栗県出身の野球選手(投手内野手)。右投げ右打ち。その投球は「麒麟児」「怪腕」と評された。

来歴・人物[編集]

1931年第17回全国中等学校優勝野球大会台南州立嘉義農林学校のエースで4番・主将の、文字通りの大黒柱として出場、全試合を一人で投げ抜き、同校を初出場ながら準優勝に導いた。 同大会の台湾予選におけるノーヒットノーラン(対台中一中戦)および甲子園大会における完封(対神奈川商工戦)は、それぞれ台湾野球史上初の快挙である。

1933年早稲田大学に進学[1] 、早大では一塁手に転向して打者として活躍、1936年には東京六大学野球での当時の通算ホームラン数のタイ記録となる7本を記録[2]同年秋のシーズンでは打率0.333で首位打者を獲得している[3]

1938年に早大を卒業した後はプロ野球には進まず、台湾籍のまま東京台湾拓殖に入社して社会人野球選手となった。

1945年に終戦によって台湾拓殖が整理されると同時に野球選手を引退、それ以降も台湾には戻らず、日本で職に就いて暮した。毎日新聞社に就職、文化部記者として文化部長まで務めた。千葉日報専務取締役で引退。千葉市の自宅で悠々自適に過ごした。 1983年病気により、千葉市内にて死去。享年72歳。戦後、日本国籍を失った後は日本国籍を再取得することなく、亡くなるまで中華民国の国籍のままだった。

プレースタイルなど[編集]

ワインドアップモーションから大きくテイクバックを取り、そのまま上半身ごと身体をひねって投げ下ろす力感あふれるフォームから繰り出す速球に威力があった。変化球は、カーブシンカーを持っていた。

そのダイナミックな投球フォームは当時の新聞から“呉投手のモーションはすこぶる大がかりで、球が、一度に二つも三つも飛び出しそうな気配”と評された。

第17回全国中等学校優勝野球大会における呉の投手成績は、初戦の神奈川商工戦こそ被安打1、奪三振8、与四死球4で完封(スコア:3-0)したものの、続く札幌商戦では打ち合いとなり奪三振8ながら被安打10、与四死球7、失点7(スコア:19A-7)。 準決勝の小倉工戦では被安打8、与四死球3、失点2ながら奪三振は3にとどまった(スコア:10A-2)。

決勝の中京商戦では、酷使による右手指の負傷を押して出場したが、ケガと疲労に加えて中京商の抜け目ない攻撃に遭って苦戦、3回に2死からヒットと四球で1、2塁とされてから三遊間にタイムリー、打者走者は本塁送球を見て2塁を狙い、その際に2塁刺殺を焦った捕手が2塁に悪送球(エラー)して2点、4回には無死1塁から投一間バント安打、この打球を処理するべき二塁手が二塁ベースカバーに入っていたスキを突かれて無死2、3塁とされ、その後1死は取るものの自らの暴投でさらに2点を追加されて力尽きた(スコア:0-4A)。

なお決勝戦での呉の投手成績は、被安打11、奪三振0、与四死球8であった。飛田穂洲はこの試合での呉の投球を「呉のカーブはその疲労とともに速力を減じ、コントロールにも甚だ悩み、中京にこれを狙われて崩れを見せるに至った」と評じている。

同大会での嘉義農林の快進撃は、呉の投球に加え、準決勝までの3試合で32得点した嘉義農林の強力打線によるものが大きい。なお呉自身は打者としても大会通算で打率0.412、三振0と活躍した。

参考文献[編集]

  • アサヒスポーツ・第17回全国中等学校優勝野球大会特別号(第九巻 第十九号臨時増刊・1931年8月30日発行)

脚注[編集]

  1. ^ 早稲田に縁の深い映画「KANO~海の向こうの甲子園~」多摩稲門会のページ(2015年2月9日参照)
  2. ^ 呉以前には1930年慶大宮武三郎がマークしたのみ。なおこの記録は1957年長嶋茂雄に更新(8本)されるまで約20年間破られなかった。
  3. ^ 東京六大学野球リーグ戦・首位打者東京六大学野球連盟のページ(2015年2月7日閲覧)