呉法憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
呉法憲
Wu Faxian.jpg
1955年
プロフィール
出生: 1915年8月
死去: 2004年10月17日(89歳)
職業: 軍人・政治家
出生地: 中華民国江西省永豊県
死没地: 中華人民共和国山東省済南市
各種表記
繁体字 吳法憲
簡体字 吴法宪
拼音 Wú Fǎxiàn
和名表記: ご ほうけん
テンプレートを表示

呉 法憲(ご・ほうけん、1915年 - 2004年10月17日)は、中華人民共和国の軍人。

略歴[編集]

1915年、江西省吉安市永豊県に生まれる。

1930年、中国共産主義青年団に参加、また中国工農紅軍に参加。長征にも参加。

1932年、中国共産党入党。

抗日戦争期、解放戦争期を通して、八路軍新四軍で活動。

中華人民共和国建国後は、主に空軍の創立、発展に従事し、空軍政治委員、空軍司令員を務める。

林彪との密接な関係で知られ、林彪の子の林立衡(林豆豆)、林立果を空軍で引き受ける。

文化大革命中は、さらに中国人民解放軍副総参謀長、中国共産党中央軍事委員会弁事組副組長、中国共産党中央政治局委員を務める。いわゆる林彪派・四大金剛の一人であった。

1971年9月林彪事件に連座、隔離審査され、1973年8月中国共産党を除名される。1976年12月には秦城監獄に投獄される。

1980年11月-1981年1月の林彪四人組裁判で懲役17年、政治権利剥奪5年の判決を受ける(隔離審査期間は刑期に繰り込み)。

1981年9月、病気治療を理由に仮釈放される(保外就医)。以後、山東省済南で一市民として生活する。1988年刑期満了、これ以後は退職高級幹部の待遇を受ける。晩年は能書家で知られた。また1995年に完成する回想録を執筆した。死後香港で出版された回想録『呉法憲回憶録 歳月艱難』は、中国現代史の貴重な記録であり、特に林彪事件について中国での公式見解に強く異議を唱えている。

2000年脳溢血で倒れ入院し、意識不明のまま2004年10月17日逝去。

参考文献[編集]

  • 『呉法憲回憶録 歳月艱難』 香港北星出版社、2006年
  • 荒井利明『「敗者」からみた中国現代史』 日中出版 2011年