呉美代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

呉 美代(くれ みよ、1927年8月1日 - 2017年11月21日[1])は、日本詩人

略歴[編集]

東京生まれ。鎌倉女学院卒。本姓・土橋。現代詩人会会員[2]。『詩と思想』編集参与。土橋治重に師事し、のち再婚。

著書[編集]

  • 『紅 呉美代詩集』 国文社、1982年。
  • 『危ない朝 詩集』 国文社、1986年。
  • 『花幻想』 未来社、1988年。
  • 『はじめてのように 呉美代詩集』 土曜美術社、1991年。
  • 『呉美代詩集』 土曜美術社出版販売〈日本現代詩文庫〉、1993年。
  • 『海は揺れないではいられない 詩集』 土曜美術社出版販売、1997年。
  • 『大樹よ 詩集』 土曜美術社出版販売、2008年。

脚注[編集]

  1. ^ 『文藝家協会ニュース』2017年12月
  2. ^ 『文藝年鑑』2016