周南市野球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
周南市野球場
(津田恒実メモリアルスタジアム)
Tsuda Tsunemi Memorial Stadium
Shunan Baseball stadium.JPG
施設データ
所在地 山口県周南市大字徳山450番地1(周南緑地[1]内)
座標 北緯34度2分29.2秒 東経131度49分34秒 / 北緯34.041444度 東経131.82611度 / 34.041444; 131.82611座標: 北緯34度2分29.2秒 東経131度49分34秒 / 北緯34.041444度 東経131.82611度 / 34.041444; 131.82611
開場 1971年
所有者 周南市
管理・運用者 周南市体育協会(指定管理者
グラウンド 内野:土(シンダー舗装)
外野:天然芝
照明 照明塔:6基
(最大照度:投捕間3500Lx、内野3000Lx、外野2000Lx)
使用チーム • 開催試合
JABA徳山大会社会人野球、毎年4月下旬 - 5月上旬開催)中国地区大学野球連盟全国高等学校野球選手権山口大会など
収容能力
15,000人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:14,000m2
両翼:100 m
中堅:122 m

周南市野球場(しゅうなんし やきゅうじょう)は、山口県周南市周南緑地[1]にある野球場。愛称は津田恒実メモリアルスタジアム。施設は周南市が所有し、周南市体育協会が指定管理者として運営管理を行っている[2]

概要[編集]

1971年6月、旧徳山市の周南緑地運動公園敷地内に「徳山市野球場」として完成した。2003年新南陽市熊毛町鹿野町と合併し周南市となったことに伴い、現名称に改称した。

外野のスコアボードの彼方には石油化学コンビナートの煙突が林立しており、工業都市・周南を象徴する風景が垣間見える。高校野球中国地区大学野球連盟社会人野球などの公式戦が毎年行われており、特に毎年ゴールデンウィークには社会人のJABA徳山大会が行われるなど、県内アマチュア野球の中心球場として機能している。

歴史[編集]

かつて旧徳山市には徳山市営毛利球場(1948年完成)があった。旧毛利藩邸の跡地に建設されたもので、球場正面には毛利邸の門がそのまま残された印象的な造りだったが、老朽化に伴う閉鎖に伴い、新たに整備されたのが本野球場である。なお、1971年5月16日に閉鎖された毛利球場の跡地は、ボウリング場などの「モウリプラザ」を経て、徳山市文化会館(現・周南市文化会館)の建設用地となった。

2011年10月おいでませ!山口国体を前に大規模な整備が行われた。これにより、公認野球規則の両翼100m、中堅122mを確保したほか、車椅子席や多目的トイレの整備、エレベーターの設置などのバリアフリー化が行われた。それまでパネル式だったスコアボードは、映像表示可能なフルカラーLED方式となった(山口県内の野球場では初)。

広島東洋カープの投手として活躍した津田恒実が合併前の新南陽市出身であり、2012年に野球殿堂顕彰競技者となったことから、周南市では津田の功績を讃え、周南市野球場について、津田に因んだ愛称を新たに付与することをこの程決定し、新たな施設整備に付随する関連補正予算を2012年9月の周南市議会に提案[3]。そして公募の結果、同年12月14日に球場の愛称が「津田恒実メモリアルスタジアム」と決定した[4]。翌2013年3月10日の広島対DeNAオープン戦開催時に命名セレモニーが行なわれた[5]

施設概要[編集]

  • グラウンド面積:14,000m2
  • 両翼:100m、中堅:122m
  • 内野:シンダー舗装、外野:天然芝(バーミューダグラス)、アンツーカ舗装
  • 収容人員 15,000人(メインスタンド:4,800人、内野スタンド:コンクリート造ベンチ付3,300人、バリアフリーゾーン1,000人 外野スタンド:土盛芝生5,900人)
  • ナイター設備:6基(最大照度:投捕間3500Lx、内野3000Lx、外野2000Lx)
  • スコアボード:フルカラーLED方式(表示部幅16m、高さ6m)

過去に行われたプロ野球[編集]

公式戦
オープン戦
ウエスタンリーグ

交通[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成15年4月21日 周南市条例第115号 周南市体育施設条例 第二条
  2. ^ 周南市"周南市指定管理施設一覧表"平成24年4月1日現在(2012年11月6日閲覧。)
  3. ^ 早世の「炎のストッパー」、故郷の球場名に 読売新聞 2012年8月26日閲覧
  4. ^ 津田恒実さん:山口県周南市に「メモリアルスタジアム」 毎日新聞、2012年12月14日
  5. ^ 故津田投手しのぶ 球場に「メモリアルスタジアム」の愛称付く - スポーツニッポン、2013年3月10日