周回展示

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

周回展示(しゅうかいてんじ)は、競艇の選手紹介を兼ねた試走(競馬パドックに相当)である。

周回展示

競艇では前のレースが終了した後に、スタート展示というピットから待機行動、そしてスタートまでの実際のレースと同じ行程をこなすリハーサルを行ってから、出走番号(舟番)の若い順番に第2マークに集まって、1人ずつ2周回の展示航走を行う。選手は第2マークからスタートし、1周目の第1マーク→第2マーク→2周目の第1マークの順番で3回にわたってターンする。

観客はその3回のターンを見て選手のモーターボートの調子を観察することになる。また2周目の第1マークを回った後の最後の直線150mの展示タイムを測定し、これを舟券発売中にモニターや大型ビジョンで放送される各種競技情報でチルト角度、部品の交換状況などといった各種レース情報資料として紹介される。

レース場によっては、前記展示タイムとは別の地点で計測されるタイム(一周タイム・回り足タイムなど)も併せて発表される。

以前、スタート練習(S練)が一時期廃止(1991年3月)され、この周回展示だけしか行われなかったことから「展示航走」といわれていたが、S練が「スタート展示」として再開されてからは名称が「周回展示」と変更された。

なお、悪天候時は周回展示が1周に短縮される場合がある。

関連項目[編集]