周学昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
周学昌
Zhou Xuechang.jpg
プロフィール
出生: 1898年3月19日
光緒24年2月27日)[1]
死去: 1952年11月27日
中華人民共和国の旗 中国上海市
出身地: 清の旗 直隷省保定府安新県
職業: 政治家
各種表記
繁体字 周學昌
簡体字 周学昌
拼音 Zhōu Xuéchāng
和名表記: しゅう がくしょう
発音転記: ジョウ シュエチャン
ラテン字 Chou Hsüeh-ch'ang
テンプレートを表示

周 学昌(しゅう がくしょう)は、中華民国の政治家。南京国民政府(汪兆銘政権)の要人である。芝侯

事跡[編集]

国立北京大学、広東大学を卒業し、1925年民国14年)、黄埔軍官学校教官となる。以後、北伐東路軍第2師政治部主任、国民政府労工部調査科主任、中国国民党党員志願軍団秘書長兼政治部主任、中央党部幹事、山東棗荘鉱区工会指導主任、北平市党務指導委員と歴任した。

1931年(民国20年)、北平市政府教育局局長に任命される。翌年10月、陝西省政府委員兼教育庁庁長、同省党部執行委員となった。1938年(民国27年)、西康建省委員となる。

1939年(民国28年)8月、汪兆銘(汪精衛)に合流し、その下で国民党中央委員に任命された。翌年9月、中央党務訓練団教育長に任命されている。1941年(民国30年)2月、東亜聯盟中国総会理事会副秘書長となる。5月、同南京分会常務理事兼書記長に異動した。8月、国民政府社会行動指導委員会委員となる。9月、糧食管理委員会常務委員に任ぜられた。12月、南京特別市市長に任命され[2]汪兆銘政権崩壊までその地位にあった。翌年2月には、新国民運動促進委員会委員となっている。

日本敗北直後の8月17日、周仏海の配下である税警局隊長・周鎬率いる南京国民政府税警団の一部が、南京の中央儲備銀行総部の建物を占拠し、南京国民政府軍の武装解除と政府要員の逮捕を開始した(周鎬事件)。このとき、周学昌も税警団に逮捕されたが、支那派遣軍総参謀副長今井武夫が周鎬を説得したことにより、釈放された[3]

同年9月26日、蒋介石の国民政府により周学昌は結局漢奸として逮捕された。翌1946年(民国35年)10月19日、死刑判決を言い渡され、1947年(民国36年)5月の上訴審でも死刑判決は維持された。しかし、その後死刑は結局執行されず、1949年(民国38年)1月、南京から上海に移送され、中華人民共和国成立後も上海で収監され続けた。

1952年11月27日[4]、周学昌はそのまま上海提籃橋監獄で病没した。享年55(満54歳)。

[編集]

  1. ^ 鄭仁佳「周学昌小伝」による。徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』939頁は、1897年(清光緒23年)生まれとしている。
  2. ^ 徐同上による。劉寿林ほか編『民国職官年表』1134頁は「1942年1月就任」としている。
  3. ^ 劉傑『漢奸裁判』、156-157頁。なお、徐友春同上は、周学昌は「京滬行動総隊」により8月16日に逮捕された、としている。
  4. ^ 余子道ほか1615頁による。鄭同上は同年11月26日としている。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1。
  • 鄭仁佳「周学昌小伝」『伝記文学』ホームページ(台湾、要繁体字フォント)
  • 余子道ほか『汪偽政権全史 下巻』上海人民出版社、2006年。ISBN 7-208-06486-5。
  • 劉傑『漢奸裁判 対日協力者を襲った運命』中央公論新社、2000年。ISBN 4-12-101544-4。
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1。
 Flag of the Republic of China-Nanjing (Peace, Anti-Communism, National Construction).svg 南京国民政府(汪兆銘政権
先代:
蔡培
南京特別市長
1942年1月 - 1945年8月
次代:
(廃止)