周思茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

周思茂(しゅう しぼう、生年不詳 - 688年)は、文人本貫貝州漳南県。

経歴

弟の周思鈞とともに早くから知名を知られた。右史から太子舎人に転じた。麟台少監・崇文館学士に累進した。武則天は周思茂とともに元万頃范履冰苗神客胡楚賓らを召し出し、『列女伝』・『臣軌』・『百寮新戒』・『楽書』などを編纂させた。思茂らは「北門学士」と呼ばれて武則天に重用された。668年垂拱4年)、酷吏による弾劾を受け、獄中で死去した。

伝記資料

  • 旧唐書』巻190 列伝第140中 文苑中
  • 新唐書』巻201 列伝第126 文芸上

今日は何の日(8月18日

もっと見る

「周思茂」のQ&A