周易下経三十四卦の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
八卦
後天図
Trigramme2634 ☴.svg
Trigramme2632 ☲.svg
Trigramme2637 ☷.svg
Trigramme2633 ☳.svg
  Trigramme2631 ☱.svg
Trigramme2636 ☶.svg
Trigramme2635 ☵.svg
Trigramme2630 ☰.svg
先天図
Trigramme2631 ☱.svg
Trigramme2630 ☰.svg
Trigramme2634 ☴.svg
Trigramme2632 ☲.svg
  Trigramme2635 ☵.svg
Trigramme2633 ☳.svg
Trigramme2637 ☷.svg
Trigramme2636 ☶.svg
六十四卦
上経(1-30
下経(31-64

周易下経三十四卦の一覧では『易経』に記載された六十四卦のうち下経にある34卦を総覧する。上経の30卦については周易上経三十卦の一覧を参照。


31.咸 32.恒 33.遯 34.大壮 35.晋 36.明夷 37.家人 38.睽 39.蹇 40.解
41.損 42.益 43.夬 44.姤 45.萃 46.升 47.困 48.井 49.革 50.鼎
51.震 52.艮 53.漸 54.帰妹 55.豊 56.旅 57.巽 58.兌 59.渙 60.節
61.中孚 62.小過 63.既済 64.未済

卦名次序歌訣[編集]

乾坤屯蒙需訟師,比小畜兮履泰否;
同人大有謙豫隨,蠱臨觀兮噬嗑賁;
剝復無妄大畜頤,大過坎離三十備。
咸恆遯兮及大壯,晉與明夷家人睽;
蹇解損益夬姤萃,升困井革鼎震繼;
艮漸歸妹豐旅巽,兌渙節兮中孚至;
小過既濟兼未濟,是為下經三十四。

[編集]

咸

(かん、ピンインxián)は六十四卦の第31番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

上に多感な時期の少女、下にやはり多感な少年がいる。二者相互の感受性が頂点に達し「咸」という。繋辞伝では「その拇に感ず」としている。

原文[編集]

咸、亨。利貞。取女吉。

  • 初六、咸其拇。
  • 六二、咸其腓。凶。居吉。
  • 九三、咸其股。執其随。往吝。
  • 九四、貞吉悔亡。憧憧往来、朋従爾思。
  • 九五、咸其[月+毎]。无悔。
  • 上六、咸其輔頬舌。


各爻解義[1][編集]

初六
咸の卦は、各爻を肉体に配して、足の指先から、股、胸、背中、口と感動の伝わる順序を説いている。初六は拇(ぼ)、即ち足の指先に感じたようなもので、気が外(九四)にかかっている。
六二
その腓(ひ)といって、こむら、ふくらはぎにまで上ったところである。凶であるが、艮山の卦の中であるから、止まる所を知れば吉である。
九三
下体の上位、よく感ずる股にあたる。じっとしておれない所で、上六に随うことばかりで、まだ心掛けが出来ておらない。積極的行動はいけない。
九四
道を守って変わらなければ吉で、悔いはなくなる。九四は上体の心臓部で、最も心を要する。熱中してそわそわ(憧々往来)するばかりでは、同じような者の話に過ぎなくなって、広く本当のことが分からない。
九五
[月+毎](ばい、背肉)は最も感の伝わらぬ所、公平無私な所である。そこにまで感ずるのであるから、悔いは無いが、感じ求める所が瑣末である。よろしく大いなる感激の対象を持たねばならぬ。
上六
輔(頬骨)・頬・舌にあたる所。盛んに感激を語る所である。兌澤の三爻は口を表し、言笑を意味する。伝に、滕口説也とあり、滕は騰に通じ、「その口説をあぐるなり」とするのが通説である。虞翻はこの字を媵(よう)としている。然らば「媵・口説するなり」で、侍女共がわいわい言うことになって、わかり易い。

[編集]

恒

(こう、旧字体:恆、ピンインhéng)は六十四卦の第32番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

原文[編集]

恒、亨。无咎。利貞。利有攸往。

  • 初六、浚恒。貞凶。无攸利。
  • 九二、悔亡。
  • 九三、不恒其徳。或承之羞。貞吝。
  • 九四、田无禽。
  • 六五、恒其徳貞。婦人吉、夫子凶。
  • 上六、振恒。凶。

各爻解義[編集]

初六
恒を浚(ふか)くす。貞なるも凶。利(よろ)しきところなし(辞)。始に求むること深ければなり(伝)。浚(しゅん)はさらえることである。結合の始めにあたって、夫婦の仲と雖も、なるほど包み隠しはいけないが、いきなり洗いざらい、根掘り葉掘りしてよかろう道理はない。自然で穏厚でなければならぬ。
九二
悔い亡(な)しと簡単に記してある。初爻のようにして、中してゆけば、何も言うことはないのである。
九三
然るに漸く年月がたって、安定してくるに従い、よろめきが始まる(不恆其徳)。そこで羞(はじ)をかかされるようなことが生じる。
九四
雷の初爻、陽動の著しい傾向を見るが、四爻は陰位で、下の三爻を容れて、六五の主を輔けるのが本命である。うまいことを考えて私意に駆られても、何も得る所はない。田(かり)して禽(とり)なし(辞)である。
六五
恒を守って変わらぬこと。婦人は勿論吉。夫子(おとこ)は凶。二爻が陽になって、悔い亡しとあるのは面白い。家内は柔順であって、しかもしっかりしており、有能であってほしい。
上六
恒を振るう。凶(辞)。振を震とするも同じである。恆の上爻であるから六五を補って、最も恒の徳を賢明に守らねばならぬのではあるが、三爻と同じく、却って恒を失い易い。恒に二徳がある。一は久常・変わらぬということ。他は変わらぬ努力ということである。然るに人は各々その好む所に僻するもので、常を守ることに偏る者は、とかく拘泥し、やまぬ努力を重んずる者は、常の徳をみだり易い(『周易訓解』(蔡淵・節山…朱子の畏友・元定の子)この上六は後者のことである。家庭における舅・姑、会社における会長・顧問、政府における元老・重臣。そもそも人間の晩節皆これを深く省みねばならない。

[編集]

遯

(とん、ピンインdùn)は六十四卦の第33番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。通称「天山遯」。 六月に配される。

原文[編集]

遯、亨。小利貞。

  • 初六、遯尾。厲。勿用有攸往。
  • 六二、執之用黄牛之革。莫之勝説。
  • 九三、係遯。有疾厲。畜臣妾吉。
  • 九四、好遯。君子吉、小人否。
  • 九五、嘉遯。貞吉。
  • 上九、肥遯。无不利。


各爻解義[編集]

初六
遯の尾なり。厲(あやう)し。往く所あるを用うるなかれ(辞)。往かずんば何の災いあらんや(伝)とある。進行の象から見れば尻尾にあたる。妄進に加わらねば何でもない。それがそのまま遯である。
六二
正位にして九五と正応している。最初からの志操を固く守って、主と戴く者と助け合ってゆけば良い。何ものも邪魔することは出来ない。
九三
色々の係累の為にままならぬ立場である。あぶない。困ったものと思っても、大象の教えの通り、悪まずして、厳しければよい。なめられてはいけない。ぴりっとした所がなければならぬ。これを誤れば天地否となる。これまでは艮山であって、不動を本意とする。
九四
初六と正応するが、これに往かないで遯に進む。故に「好めども遯る」(辞)という。為すある人物は家庭にあって、妻子と一緒に睦び遊んでいたのでは何にもならない。愛しはするが、自分の仕事にのがれねば駄目である。大臣・重役たちも、俗事や名利の累から遯れねばならぬ。地位についての進退の義より言えば、上下共に争い凌ごうとする気勢がある。ここが退き時である。然し小人はこれができない。
九五
支配的決定的立場である。本来の志業を正しくして、節操を変えることがなければ吉。それこそ悪い傾向から立派に逃れることで、嘉遯とする。
上九
肥遯(辞)とある。ゆたかに遯るである。余裕綽々として問題の拘束からのがれるのである。隠居・顧問・会長・元老の境地である。古易では肥が飛になっている。係累から飛び出す意である。

大壮[編集]

大壮

大壮(だいそう、旧字体:大壯、ピンインdàzhuàng)は六十四卦の第34番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。通称「雷天大壮」。二月に配される。

原文[編集]

大壮、利貞。

  • 初九、壮于趾。征凶。有孚。
  • 六二、貞吉。
  • 九三、小人用壮、君子用罔。貞厲。羝羊触藩羸其角。
  • 九四、貞吉。悔亡。藩決不羸。壮于大輿之輹。
  • 六五、喪羊于易。无悔。
  • 上六、羝羊触藩、不能退、不能遂。无攸利。艱則吉。


各爻解義[編集]

初九
大壮の始めである。どんどん物事が生じてゆく(有孚)のであるから、この始めに当たって軽率に進むは凶である。折角の孚(まこと)が窮する。
九二
初九に続いて、所信を変えずに往けば吉。
九三
小人ほど勢いに乗じて妄進しようとする。君子は無をもってする。羝羊(おひつじ)が角ふりたててひた走る果は、藩(かき)に引っかかって動きが取れないというようなことになる。
九四
正義を履んで変わらねば吉。藩(かき)も破れて助かろう。大車の輹(とこしばり)をしめて、安全にするようなものである。
六五
正大にして自重すれば、悔いることはない。妄進する羊はいつの間にか易(さかい)で見えなくなる。
上六
要するに妄進すれば、にっちもさっちもゆかなくなって凶なのであるから、私心私欲を去り、全体の調和を考えて苦心努力してゆけばよい。咎も長じないのである。


[編集]

晋

(しん、旧字体:晉、ピンインjìn)は六十四卦の第35番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

原文[編集]

晋、康侯用錫馬蕃庶、昼日三接。

  • 初六、晋如、摧如。貞吉。罔孚、裕无咎。
  • 六二、晋如、愁如。貞吉。受茲介福于其王母。
  • 六三、衆允。悔亡。
  • 九四、晋如鼫鼠貞厲。
  • 六五、悔亡。失得勿恤。往吉无不利。
  • 上九、晋其角。維用伐邑、厲吉无咎。貞吝。


各爻解義[編集]

初六
人は進もうとすれば沮まれるものであるが、変わらずに正を行うのである。吉。孚(まこと)とされなくても、余裕をもってゆけば咎はない。
六二
初爻に続いて変わることなく行ってゆけば吉。上に仁慈の長者があって、それから大いなる福を受けるであろう。
六三
漸くその人物の出来ぶりを衆が允(まこと)とする。悔いることはない。
九四
下の坤地を去って、上卦離火の始め、大いに進むが、元来陰徳を修めねばならぬ所である。ところが兎角野心に駆られて、君側の大奸(鼫鼠)となり易い。戒慎せねばならぬ。
六五
明徳を明らかにする孚に生きれば悔いはない。失も得も恤(うれ)うる要はない。往けば慶がある。
上九
離火の上爻は元来正義の為には戦うべきであることを明らかにしたものである。この晋の場合も、進むに当たって無理解や妨害のあることを苦にしないで、余裕綽々としてゆくべきことを説いている。戦う動物ならば、上爻はその角まで来たところである。戦うことは厲いが、咎はない。一貫して志操を立てねばならぬ。然しその影響力はまだそう大きくはないことを知らねばならぬ。


明夷[編集]

明夷

明夷(めいい、ピンインmíngyí)は六十四卦の第36番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

地の下に明のの日が入る、即ちすべてが暗黒に支配される形である。韜晦のときといえ勿論卦の象はよくない。

原文[編集]

明夷、利艱貞。

  • 初九、明夷、于飛垂其翼。君子于行、三日不食。有攸往、主人有言。
  • 六二、明夷、夷于左股。用拯馬壮、吉。
  • 九三、明夷、于南狩、得其大首。不可疾貞。
  • 六四、入于左腹、獲明夷之心、于出門庭。
  • 六五、箕子之明夷。利貞。
  • 上六、不明晦。初登于天、後入于地。


各爻解義[編集]

初九
明白なことが行われない情勢を見て、さっさと群を去ってゆくことである。その為に生活に困るようなこともやむをえない。心配してくれるものは文句を言うであろう。
六二
侵害の形勢が顕著になって、左股に傷を負った状態である。正比する初九即ち正しい部下がしっかりすれば吉。
九三
ここで慨然として正義の力を振るい起こし、明を夷る主勢力を捕えるのである。悩んではならない。信念を以て進むのである。
六四
上爻に入るの始め、相手方に属する。文王で言えば、殷側に飛び込んで、その腹中が分かったのである。さっさと出てゆかねばならぬ。
六五
明夷の一番重大な所である。辞に「箕子の明夷」とある。箕子は殷の紂王の親戚。殷の三仁(微子・比干・箕子)と言われる一人である。紂の驕奢を諫めて合わず、人より亡命を勧められたが、それは主の暴虐を世に知らせることになるから出来ないと言って承知せず。遂に佯狂して隠れた。実は拘禁されたが、死は免れたと、見られる。武王・紂を亡ぼし、治世の要を彼に問うて、その答えを録したものが『尚書洪範』で、武王は彼を朝鮮に封じ、敢えて臣としなかったと言う伝説はいかにも中国にふさわしい。この志節を以て一貫するが利しと爻辞は断じている。
上六
明夷の極、三爻に正応する。則ち目標である大首である。徳に晦く、始めは勢力を振るっても、終には打倒される。翻然非を改めて。上爻にふさわしく私心・私欲を去り、その徳を修めたならば山火賁の白賁となって咎はない。


家人[編集]

家人

家人(かじん、ピンインjiārén)は六十四卦の第37番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

原文[編集]

家人、利女貞。

  • 初九、閑有家。悔亡。
  • 六二、无攸遂。在中饋。貞吉。
  • 九三、家人嗃嗃、悔厲吉。婦子嘻嘻、終吝。
  • 六四、富家。大吉。
  • 九五、王假有家。勿恤、吉。
  • 上九、有孚、威如、終吉。


各爻解義[編集]

初九
最初に悪い傾向の生ぜぬように閑(ふせ)いでおかねばならぬ。
六二
家内の中心で、家を代表して外に働く九五に正応する。我意を通してはならない。一同に料理して食べさせるように、常に皆を調和してゆけば吉。
九三
教育ざかりの場である。厳しすぎてはいけないが、それくらいに心がければ吉。女子供達を甘えさせすぎると、家のしまりが無くなる。
六四
家内を良く治めてゆけば、ここに於いて家を富ますことができて、大吉である。
九五
主人の威令がよく行われ、家人仲好く相愛する。
上九
家道の究竟は、何とかして家を良くしてゆきたいという孚(まこと)があって、万事自分に反省し修養努力する所から、自然と威厳があることである。さすればどこまでも吉。


[編集]

睽

(けい、ピンインkuí)は六十四卦の第38番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

兌の少女と離の中年女とが目を叛け争う。西の九紫であり卦象としては最悪の部類。

原文[編集]

睽、小事吉。

  • 初九、悔亡。喪馬勿逐、自復。見悪人无咎。
  • 九二、遇主于巷。无咎。
  • 六三、見輿曳。其牛掣。其人天且劓。无初有終。
  • 九四、睽孤。遇元夫、交孚。厲无咎。
  • 六五、悔亡。厥宗噬膚。往何咎。
  • 上九、睽孤。見豕負塗、載鬼一車。先張之弧、後説之孤。匪寇婚媾。往遇雨則吉。


各爻解義[編集]

初九
かかり合わぬように放任しておけば宜しい。どんな見っともない人間でも構わぬ。
九二
反目していても、大切な相手と肩のこらぬ所で遇える。咎はない。
六三
反目していても、かけ離れ、相手が碌な者に見えない。坊主憎けりゃ袈裟まで憎い(ここでは牛の角のできそこない、「其牛掣」となっている)ような所があるが、終にはそうでもなくなる。
九四
とかく睽(そむ)いて孤りぼっちになり易いが、孚(まこと)を以て交われば、初め厭うた者も相感じて、意志も疎通する。難しいことであるが、咎はない。元夫とあるは兀(こつ)夫である。
六五
ここに至って、或いは又この一番大切な人によって、まあ、善かったと言うことになる。躊躇なく交わって何の咎もない。慶びがある。がっぷり食いついてくるであろう。
上九
要するに自ずから反目して、独りぼっちで、正応の六三と同じように、相手が泥まみれの豚共か、真人間でない鬼畜のように見えて、くたばれとばかりに弓引きかねないが、よくよく見ればそうではない。敵ではなくて、同志である。睦み合えば、わだかまりは皆無くなって爻しまう。

[編集]

蹇

(けん、ピンインjiǎn)は六十四卦の第39番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

原文[編集]

蹇。利西南。不利東北。利見大人。貞吉。

  • 初六、往蹇、来誉。
  • 六二、王臣蹇蹇、匪躬之故。
  • 九三、往蹇、来反。
  • 六四、往蹇、来連。
  • 九五、代蹇、朋来。
  • 上六、往蹇、来碩。吉。利見大人。


各爻解義[編集]

初九
焦らず時を待つがよろし。
六二
九五と正応する。自分が主と仰ぐものの為に、一身の問題を事とせずして、どんな苦労もすべきである。
九三
険に直面する艮の三爻である。進めば険になやむ。反って六二の賢人と力を併せるが宜しい。
六四
慎重に反省修養して、九三・六二の誠実な人々と力を併せて、九五を輔けねばならぬ。
九五
色々な艱苦を冒すのであるが、苦を分かち、輔けてくれる朋がある。
上六
蹇には常に反省して徳を修めると大功がある。立派な人物に従うほど良い。



[編集]

解

(かい、ピンインxiè)は六十四卦の第40番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

原文[編集]

解、利西南。无所往、其来復吉。有攸往、夙吉。

  • 初六、无咎。
  • 九二、田獲三狐、得黄失。貞吉。
  • 六三、負且乗、致寇至。
  • 九四、解而拇、朋至斯孚。
  • 六五、君子維有解、吉。有孚于小人。
  • 上六、公用射隼于高墉之上。獲之无不利。


各爻解義[編集]

初六
解の卦の原則で往って咎はない。
九二
六五の主の信任を得て、険を突破する有為の人物に当たる。険に陥れる三小人(初六・六三・上六を狐にたとえる)をしとめて成功する。初志を貫けば吉。
六三
小人がその器でないのに出世して、わざわざ事態を危険に陥れるような、みっともない、誰を咎めようもないことに立ち至るものである。
九四
問題解決の端緒を開くのであるが、六三に牽かれがちである。思い切って、足を抜け。然らば朋至り(九二)、信頼されるであろう。
六五
九二の有為なる人物に信任して、険を解けば吉。小人自ずから感じて身を退くであろう。
上六
最も危ないのは高位にある小人である。容易に手の届かぬ所にいる難物である。高い城壁の上の隼(はやぶさ)は射て落とせば至極宜しい。

[編集]

損

(そん、ピンインsǔn)は六十四卦の第41番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

原文[編集]

損、有孚。元吉。无咎。可貞。利有攸往。曷之用。二簋可用亨。

  • 初九、已事遄往、无咎。酌損之。
  • 九二、利貞。征凶。弗損益之。
  • 六三、三人行、則損一人。一人行、則得其友。
  • 六四、損其疾。使遄有喜。无咎。
  • 六五、或益之。十朋之亀弗克違。元吉。
  • 上九、弗損益之。无咎。貞吉。利有攸往。得臣无家。


各爻解義[編集]

初九
ぐずぐずせず、速やかに実行すれば咎はない。よく情状を酌量して損ぜねばならぬ。
九二
一貫して行うによろし。無理に強行してはわるい。なるべく損ぜずして、益するようにせねばならぬ。ところがこの時、又この局に当たる者は功をあげようとして無理をするものである。
六三
この爻には解しにくい辞がかけてある。「三人行けば則ち一人を損じ、一人行けば則ち其の友を得」と。山澤損の、澤は乾の一陽を損じたる者、山は地に一陽を益したるもの。その六三は上九と正応する。地天泰の三爻を上爻に高めたものと言うことが出来る。余あるものを損じて上に応ぜしめる意とする。
六四
克己抑制の結果、疾を生ずる傾向がある。速くこれを治せば喜びがあり、咎はない。
六五
徳によって上より祐がある。元吉。いかなる貴重な占いによっても否定することは出来ない。
上九
究極の理は損せずして之を益すということである。先輩・長者・顧問に備わる者は最もこれに注意せねばならぬ。そして変わることなければ吉。大事を成すことが出来る。従う者を得て、世の為、公の為に、私家を計らない。


[編集]

益

(えき、ピンインyì)は六十四卦の第42番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

原文[編集]

益、利有攸往。利渉大川。

  • 初九、利用為大作。元吉。无咎。
  • 六二、或益之。十朋之亀弗克違。永貞吉。王用享于帝。吉。
  • 六三、益之用凶事、无咎。有孚中行、告公用圭。
  • 六四、中行告公従。利用為依遷国。
  • 九五、有孚恵心。勿問元吉。有孚恵我徳。
  • 上九、莫益之。或撃之。立心勿恒。凶。


各爻解義[編集]

初九
元来この卦は損の克己・統制に対して自由・民主を本位とするものであるから、最初が大切である。

辞に、用(もっ)て大作と為すに利し。元吉。咎なし。伝に、下・事を厚くせざるなりとある。「為大作」は「大作を為す」と解するのが通説である。大作は大いなる作用・大事・大仕事で、これをやってのければよろし。益は損よりも一般に好ましいことであるが、自由にせよ、民主にせよ、委任にせよ、これは重大な問題であって、軽々しく行えることではない。踏み出し、最初に当たって余程自重せねばならぬ。下は元来事を厚くせぬものである。どうしても軽率になりがちであると解する方が、よく現実に当てはまると言える。

六二
誠実に自重しておれば必ず他より助力がある。いかなる貴重な占いによるも、これを否定することは出来ない。永貞なれば吉。王はこの人を以て神にこたえ、神も嘉納されるであろう。
六三
出兵のような凶事にも咎はない。本来そういうこともあるからである。孚有り、偏せず進むことである。信が大切である。
六四
その誠心誠意の行動が益々容れられて、信託を受け、国都を遷すような重大事さえ任されて利し。
九五
誠実で、恵の心に富めば、占い問う要もない、元吉。その感応する所、皆その徳をありがたしとする。大いに志を得るであろう。
上九
最後に注意すべきことは、功に慢じて節を失うことである。巽風の卦は、説卦伝に「其の究は操卦と為す」とあり、落ち着いておらず、妄動する。雷風恆の三爻にも、其の徳を恆にせず。或いは之が羞を承く(羞をすすむとも解される)と指摘している。外からの攻撃も始まるであろう。それは水雷屯となって、新に険難に陥ることになるのである。



[編集]

夬

(かい、ピンインguài)は六十四卦の第43番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。通称「沢天夬」。 三月に配される。

原文[編集]

夬揚于王庭。孚号、有厲。告自邑。不利即戎。利有攸往。

  • 初九、壮于前趾。往不勝為咎。
  • 九二、惕号。莫夜有戎勿恤。
  • 九三、壮于[九+頁]。有凶。君子夬夬。独行遇雨、若濡有慍、无咎。
  • 九四、臀无膚。其行次且。牽羊悔亡。聞言不信。
  • 九五、莧陸、夬夬。中行无咎。
  • 上六、无号。終有凶。


各爻解義[編集]

初九
時期が早く、力も弱い。軽挙は失敗で、咎がある。
九二
警告を要する。いかなる不慮の事態が発生しても心配ないだけの防御力を進めておかねばならない。
九三
昂奮が顔に出るようではいけない。君子夬々で、気節は変わらぬが、あまり人に訴えず、自ら敵中に赴いて相手の意表に出て、味方から怒られる位のことがあっても、咎はない。
九四
正義の為に孤軍奮闘する段階から、共鳴する衆と共にする段に入ったのであるが、重責のある地位だけに、とかく決心がつかない。ああか、こうかと惑う。
九五
決定的地位段階である。爻辞に莧陸(けんりく)夬々とある。莧陸は和訓、山ごぼう、或いは「うまいゆ」と言って、陰湿の地にはびこり、本草によれば、根がはびこって、抜いても抜いても取りきれない。小人の類、絶ち難きこと之の如しとある。

   

上六
通説では、結局小人は声も立てられない。所謂年貢の納め時である。上爻変じて乾為天である。乾の上九に曰く、亢龍悔い有り。これを深く戒めねばならぬ


[編集]

姤

(こう、ピンインgòu)は六十四卦の第44番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。通称「天風姤」。五月に配される。

原文[編集]

姤、女壮。勿用取女。

  • 初六、繋于金柅、貞吉。有攸往、見凶。羸豕孚蹢躅。
  • 九二、包有魚。无咎。不利賓。
  • 九三、臀于膚。其行次且。厲无大咎。
  • 九四、包无魚。起凶。
  • 九五、以[木偏+巳]包爪。含章、有隕自天。
  • 上九、姤其角。吝无咎。


各爻解義[編集]

初六
立派な主義・信念を以て自制し、貞なれば吉。動いては凶。然るにまだ実力も無いのに軽率に動きたがるものである。
九二
初六の遇は先ず九二との間である。ここで初六を包容するのは咎は無い。しかし賓として迎えてはよくない。
九三
初六に意があるが、九二を憚っていらいらする段である。厲いが、よく反省すれば大した咎は無い。
九四
内卦は天の下に在って、野であり、民衆である。九五を輔けて善政に任じなければならぬ地位の者が、初六を九二・九三に隔てられて、遊離する傾向がある。善処せんにも手がとどかぬ憾みがある。それは凶である。
九五
姤を善くするか、悪くするかの決定的な主体である。中正の徳を以て能く包容し、自然に邪悪の力が消散するように心がけねばならぬ。
上九
姤其角(辞)とある。角つきあいである。とかく人と人と遇う時は、そうなりがちである。それはうまくない。互いに人を容れる雅量がなければならぬ。特に上九のような立場にある者は、それがなければならぬ。

[編集]

萃

(すい、ピンインcuì)は六十四卦の第45番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

原文[編集]

萃、亨。王假有廟。利見大人。亨。利貞。用牲吉。利有攸往。

  • 初六、有孚不終。乃乱乃萃。若号、一握為笑。勿恤。往无咎。
  • 六二、引吉。无咎。孚乃利用禴。
  • 六三、萃如、嗟如。无攸利。往无咎小吝。
  • 九四、大吉、无咎。
  • 九五、萃有位。无咎。匪孚。元永貞。悔亡。
  • 上六、斉咨、涕洟。无咎。


各爻解義[編集]

初六
聚まる者何か期する所あってのことであるが、始めは中々まとまらない為に、心も動揺を免れない。しかし遠慮なく議論もすれば、忽ち笑語の間柄となる、心配はない。進行して咎はない。
六二
同志引き連れて吉(引吉)。咎はない。誠意を以て、礼を簡素にするがよろし。
六三
この段階はどうもうまくゆかなくて、慨嘆ばかりである。しかし上爻悦んで相交わる卦で、往いて咎はない。小吝。
九四
地の三爻を容れて、九五の主の為に補佐する六の立場であるが、陽九である。本来の立場を誤らず、大いに為すあれば、大吉にして咎はない。
九五
多勢が何としても集まる所である。しかし四爻が九で、まだ悦服されきらないものがある。こせつかず、元いに、長期体制で、変わらねば悔いはない。
上六
萃の極み、憂うべきは、人が集まって却ってゆきづまることである。即ち天地否となる。この理をよく心配してゆけば咎はない。


[編集]

升

(しょう、ピンインshēng)は六十四卦の第46番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

原文[編集]

升、元亨。用見大人。勿恤。南征吉。

  • 初六、允升。大吉。
  • 九二、孚乃利用禴。无咎。
  • 九三、升虚邑。
  • 六四、王用亨于岐山。吉无咎。
  • 六五、貞吉。升階。
  • 上六、冥升。利于不息之貞。


各爻解義[編集]

初六
陽位に陰在している。深く地中に下りた木の根である。疑いなく(允)生長する。大吉。
九二
孚をもって素直にゆけば咎はない。
九三
すくすくと延びる。升虚邑と言って、無人の境を行くようなものである。この爻は、他の爻と異なり、吉凶も利・不利も、何もない。つまり占辞がない。しかし三爻であるから、暗に戒慎を忘れてはならない。
六四
文王がその多年培養しあげた実勢力を以て敢えて覇を争わず、恭順な態度で岐山(西山)を祭り、諸侯の地位に甘んじたのは吉。咎がない。
六五
それだけの順を踏んで変わらねば吉。大いに志を得て、階を升るようなものである。
上六
冥升とある。升進を欲する余り目がくらむことである。どこまでも変わらぬ志操が必要である。でないと折角の効果が消滅してしまう。

[編集]

困

(こん、ピンインkùn)は六十四卦の第47番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

為水とともに難卦の一つ。

原文[編集]

困、亨。貞。大人吉无咎。有言不信。

  • 初六、臀困于株木。入于幽谷、三歳不覿。
  • 九二、困于酒食。朱紱方来。利用享祀。征凶。无咎。
  • 六三、困于石、據于蒺[莉+木(下部)]。入于其宮、不見其妻。凶。
  • 九四、来徐徐。困于金車。吝有終。
  • 九五、劓刖、困于赤絨。乃徐有説。利用祭祀。
  • 上六、困于葛藟于臲[兀(偏)+危(旁)]。日動悔。有悔征吉。


各爻解義[編集]

初六
尻を下したまま、どうにも具合が悪い状態で、谷底から出られないようなものである。一変すれば「澤」の卦である。窮境にあるとも、屈せずして自ら悠然として学び、処さねばならない。
九二
武士は食わねど高楊枝の気概でおらねばならない。妄りに求めてはいけない。さすれば意外な貴人の来訪によってお役に立つ慶びもあろう。
六三
石の上にも三年と言う、或いは蔓草の棘に苦しめられて身動きならぬ窮状であり、家に返れば、妻も居らぬという情けなさである。しかしこれを変ずれば「澤風大過」で亨る。
九四
初六と正応して大いに活動しようとするが、陰位であり、九二に制せられて思うに任せぬ。しかし使命は果たせる。
九五
困の決定的な位である。鼻を切り、足を切る断罪のように、邪魔を排除してゆかねばならない。思うようにはゆかぬが、次第に悦びがある。天の福を受けることが出来よう。
上六
困は究竟、つた・かずらの類のまといつくようなもので、行動に悔いることが多いが、よく悔い悟ってゆけば吉である。


[編集]

井

(せい、ピンインjǐng)は六十四卦の第48番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

原文[編集]

井、改邑不改井。无喪无得。往来井井。汔至亦未繘井、羸其瓶、凶・

  • 初六、井泥不食。旧井无禽。
  • 九二、井谷射鮒。甕敝漏。
  • 九三、井渫不食。為我心惻。可用汲。王明並受其福。
  • 六四、井甃。无咎。
  • 九五、井洌、寒泉食。
  • 上六、井収勿幕。有孚元吉。


各爻解義[編集]

初六
世間に困苦の為、自己そのものはどうなっていたか。井は泥(にご)って飲めもせず、廃井に鳥も来ぬ有り様である。
九二
手入れをすると、井戸の奥からちょろちょろ水がそそいで、小魚位が生きられる。つるべは古びて壊れて漏るばかり。
九三
やっと井を渫(さら)ったが、残念ながら濁りが澄まぬ為に、まだ飲めない。しかし役に立つ井である。追って飲める。上に在る者が盟って努力すれば、いかなる汚れた世でも、やがて人々は福を受けることが出来るのである。
六四
渫えた後、井の内側を石だたみ、しきがわら(甃)を施した。これで大丈夫である。立派な井である。
九五
卦辞に、井冽(きよ)し。寒泉食はるとある。清冽な冷たい飲み水が滾々として湧くことである。俗に汚れた自我を掘り下げて、頽れぬように自修しながら、終によく真我に徹すれば、受用不尽なることを表し得ている。
上六
井の極意は人の渇きを医し、世の用に立つことである。爻辞に言う。井收(みずく)めば幕(おお)う勿れ。孚有れば元吉と。


[編集]

革

(かく、ピンインgé)は六十四卦の第49番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

原文[編集]

革、已曰乃孚。元亨。利貞。悔亡。

  • 初九、鞏用黄牛之革。
  • 六二、已曰乃革之。征吉无咎。
  • 九三、征凶。貞厲。革言三就、有孚。
  • 九四、悔亡。有孚改命。吉。
  • 九五、大人虎変。未占有孚。
  • 上六、君子豹変。小人革面。征凶。居貞吉。


各爻解義[編集]

初九
しっかりと地歩を固め、積極的行動をしてはならない。
六二
十分時期の熟した後、改革を行う。前進して吉、咎はない。
九三
自重を要する。勢いに乗じて進めば凶。貞にして厲し。改革を要望する声がくり返し決定的となって、初めて成就する。
九四
この三段階を経て、漸く実際に改革を行って、志を伸ばす事が出来る。
九五
改革の主役が堂々とその姿を表す所(虎変)である。占うを要せず、成果が上がる。
上六
形勢既に定まれば、結局指導者も全て豹変(一変)し、民衆も面を革めて順うものである。強行すると凶。情勢をよく観て落ち着いて変わることがなければ吉。

[編集]

鼎

(てい、ピンインdǐng)は六十四卦の第50番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

原文[編集]

鼎、元吉亨。

  • 初六、鼎顛趾。利出否。得妾以其子。无咎。
  • 九二、鼎有実。我仇有疾。不我能即。吉。
  • 九三、鼎耳革、其行塞。雉膏不食。方雨虧悔。終吉。
  • 九四、鼎折足、覆公餗。其形渥。凶。
  • 六五、鼎黄耳金鉉。利貞。


各爻解義[編集]

初六
鼎(かなえ)を逆さまにして、旧来たまっていた悪い滓を一切出してしまうが良い。従来の物に良いのがなければ、新たに気に入ったものを調達してゆけば咎はない。
九二
新しい内容を盛って、これから大切な調理にかかるのであるが、仕事の仲間が、適格でなく、中々ついて来ない。しかし注意して遂行すればよい。
九三
所謂革命建設の難事業である。ゆきづまりである。鼎には耳が大切である。これを両手で持って動かせるのである。その耳を変えねばならぬ為に動かせない。調理が運べない。折角脂の乗った、うまい雉肉が食えないようなものである。九三はいずれにも正応がない。とかく上下流通を欠いて、為に粛清事件などが生ずる段である。もし六五とうまく通ずることが出来れば、結局吉なのである。
九四
鼎の足が折れて、折角大切な料理をひっくり返し、重罪を犯すようになることを戒めねばならぬ。「其形握」とあるが、其刑重とする説をとる。
六五
漸く立派な調理のでき上った所である。黄金耳鉉。利貞(辞)。鉉は両耳にかけ渡してある“つる”を言う。鼎鉉(ていげん)は大臣宰相のことでもあるから、ここでは立派な輔弼の臣を備えていることである。又耳は自ずから賢者の言に善く聴くことを意味する。主たる者の大徳である。
上九
革命新建設に当たっては、当事者はどうしても多事多難に捕えられて困迷することが多い。上九のような立場に賢者が居って、よく情勢を判断して忠言し、道を誤らさぬようにできれば、こんな利いことは無い。大吉。


[編集]

震

(しん、ピンインzhèn)は六十四卦の第51番目の卦。上下ともにで構成される。通称「震為雷」。

原文[編集]

震、亨。震来虩虩。笑言唖唖。震驚百里、不喪匕鬯。

  • 初九、震来虩虩。後笑言唖唖。吉。
  • 六二、震来厲。億喪貝、躋于九陵。勿逐。七日得。
  • 六三、震蘇蘇。震行无眚。
  • 九四、震遂泥。
  • 六五、震往来厲。意无喪有事。
  • 上六、震索索。視矍矍。征凶。震不于其躬、于其隣、无咎。婚媾有言。


各爻解義[編集]

初九
吃驚するような問題が突発した時である。落ち着いて警戒し、後で笑い話になるように心がけることである。吉。
六二
脅威が続く、財産も棄てて、安全な場所に逃れねばならぬことがある。その場合財産など追っかけてはならぬ。正を守って屈せずにおれば、一わたり済むと、復ってくる。
六三
震蘇々たり。震行・眚(わざわい)なし(辞)。震蘇々。位当たらざればなり(伝)とある。通説は蘇々を驚かされた後、ほっとして、ぼんやりしていることと解し、九三であるべきところゆえ、しっかりしてゆけば、わざわい(自ら作るわざわい、天災に比す)なしとするのであるが、むしろ文字と象の通り、雷鳴が弱まって、思い出したようにごろごろやっていることと解する方がよい。放っておいても大丈夫である。
九四
震終に泥(なづ)む(辞)とある。遂を隊即ち墜とする説(荀爽)もある。尤もである。

この爻を中心として前後を見れば「坎水」である。変ずれば「地雷復」の卦である。正を以て進むべきである。

六五
震が重なるその決定的地位であるから、いくら脅威が加わっても、有事の覚悟を失わずにゆけば大丈夫である。春秋には祭祀をすべて有事としているから、祭祀を廃せぬようにすると解してよろしい。「億」の字があるが、六二に同じ。
上六
震は要するに長続きするものでない。索々として終わるものである。それに矍々(きょろきょろ)するのが弱点である。大体脅威は自分にふりかからぬ先に、隣を見て覚悟せねばならぬ。この象辞に、婚媾有言とあるが、これは間違って混入したものであり、古の卜辞であろうとするのが妥当である。

[編集]

艮

(ごん、ピンインgèn)は六十四卦の第52番目の卦。上下ともにで構成される。通称「艮為山」。

原文[編集]

艮其背不獲其身。行其庭不見其人。无咎。

  • 初六、艮其趾。无咎。利永貞。
  • 六二、艮其腓。不拯其随。其心不快。
  • 九三、艮其限。列其夤。厲薫心。
  • 六四、艮其身。无咎。
  • 六五、艮其輔。言有序。悔亡。
  • 上九、敦艮。吉。


各爻解義[編集]

初六
背と関連して、夬や咸と同様、肉体に例を採っている。下体の初であるから趾(あしゆび)のところである。正を失わず、永く変わらぬ志操あれば咎はない。
六二
腓(こむら・ふくらはぎ)にあたる。五に正応せず、三に正比す。中正を守ってゆきたいのであるが、九三が気になって不快である。
九三
腰(限)である。これが安定せねばならぬ。これが安定せねばならぬ。肝腎要は肝と腎と腰のことである。腰椎に異状が生ずると、色々の病が始まる。これが悪いと必ず脊柱が枉がったり、副脱臼が起こる。其の夤(せじし)を裂くは外部現象である。厲いこと心をやくものがある。この爻変ずれば山地剥である。
六四
大臣・輔弼の重位・首脳をいただく上体である。君子の守たる、其の身を修めれば、すなわち天下平らか(『孟子』・「尽心」)である。己を修めて以て人を安んずる(『論語』・「憲問」)ことができる。身に反って、誠なるは、楽これより大なるはない(『孟子』・「尽心」)。
六五
「輔に艮る」輔は頬骨で、「言・序あり」。つまり言を正しくするのである。言を正しくすることは信を立てるのである。悔いる所はない。
上九
敦艮。吉。終わりを厚くするのである。始めあるも、終わりあるは少ない。晩節を全くすることは難い。上九変ずれば「地山謙」。艮徳は謙徳である。

[編集]

漸

(ぜん、ピンインjiàn)は六十四卦の第53番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

原文[編集]

漸、女帰吉。利貞。

  • 初六、鴻漸于干。小子厲。有言无咎。
  • 六二、鴻漸于磐。飲食衎衎。吉。
  • 九三、鴻漸于陸。夫征不復、婦孕不育。凶。利禦寇。
  • 六四、鴻漸于木。或得其桷。无咎。
  • 九五、鴻漸于陵。婦三歳不孕。終莫之勝。吉。
  • 上九、鴻漸于陸。其羽可用為儀。吉。


各爻解義[編集]

初六
干(水ぎわ)に漸(すす)んできた状態で、子供は未熟で急に飛び立つことは危険である。とやかく物議はあっても問題ではない。
六二
盤(おおいし)にまで進んできて、そこで悠々と仲よく飲食しながら英気を養っている。無駄に食べているのではない。
九三
一挙に飛ぼうとして高地にすすむが、群が伴わない。二・四共に陰であり、三爻は艮の上爻で、厚重でなければならぬ。夫は仲間を外れ、妻はとり残されて、妊娠したが、子を育てるすべもないことになって凶である。それよりも外敵を防いで、安全を保証する体制を整えねばならぬ所である。
六四
用意を調えてから進むが、安全を得ない、仮に憩う所(桷。平枝)があれば間違いはない。
九五
遂に遥かな高所に至ったが、群を率いて此処に至るのは随分な苦労で、好い同志と深く信託して、しかも軽々しく他の嫉視排擠を起こさぬようにしてゆかねばならぬ。さすれば願う所を得て吉である。恋愛結婚の成功もこの範疇に入るであろう。清の華霞峯(学泉)の注解には、「二は軽進せず、五は軽任せず、相須つの久しき、相信ずるの深き、誠を推す一日、契を結ぶ終身にして、而て夙昔の願始めて酬はる」と。
上九
辞に陸とあるが、逵(“き”、雲路)の誤りである。鴻の大軍が順序正しく悠々と雲路はるかに渡ってゆく。是れ誠に人間の好模範である。

帰妹[編集]

帰妹

帰妹(きまい、旧字体:歸妹、ピンインguīmèi)は六十四卦の第54番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

原文[編集]

帰妹、征凶。无攸利。

  • 初九、帰妹以娣。跛能履。征吉。
  • 九二、眇能視。利幽人之貞。
  • 六三、帰妹以須。反帰以娣。
  • 九四、帰妹愆期。遅帰有時。
  • 六五、帝乙帰妹。其君之袂、不如其娣之袂良。月幾望。吉。
  • 上六、女承筐无実、士刲羊无血。无攸利。


各爻解義[編集]

初九
妹を帰(とつ)がせるのに娣(“てい”、介添え)をつける。跛(びっこ)でも能く承け合って歩けるようにしてゆけば吉とする。
九二
眇(すがめ)にして能く視るとするように、悦んで理性を失ってはならない。奥ゆかしい心がけを持たねばならぬ。
六三
雷の初陽・九四に熱中する兌の女子で、放任すれば「須を以てす」、即ちはした女の所業になる。反省して介添えの娣とともに帰がねばならない。
九四
前半を過ぎた所で、結婚は期がやや遅れたと言えるが、陰の位で、陽動の象である。変わらずに待ってゆけばよろしい。
六五
漸く道を誤たずにめでたく結婚式をあげるのであるが、かの殷の天使帝乙がその妹を帰がせた時のように、花嫁の衣裳が介添えの装いに及ばなかったような質素ぶりが吉。常に望月の欠けたることの無しと思えばではいけない。
上六
雷の上爻で、始めほどになく後の消える象である。実が無い。それを戒めねばならぬ。


[編集]

豊

(ほう、旧字体:豐、ピンインfēng)は六十四卦の第55番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

上に鳴、下に火があり相助け合って極盛を極める。よほどの自戒が必要。

原文[編集]

豊、亨。王假之。宜日中。

  • 初九、遇其配主。雖旬无咎。往有尚。
  • 六二、豊其蔀。日中見斗。往得疑疾。有孚発若、吉。
  • 九三、豊其沛。日中見沫。折其右肱。无咎。
  • 九四、豊其蔀。日中見斗。遇其夷主。吉。
  • 六五、来章、有慶誉。吉。
  • 上六、豊其屋、蔀其家。闚其戸、闃其无人、三歳不覿。凶。


各爻解義[編集]

初九
爻辞に、「其の配主に遇う。旬と雖も咎なし。往けば尚(たっと)ばるるあり」とある。自分の配偶となる主人公であるから、通常九四とし、旬(ひと)しとは、その立場や使命をひとしくすると解せられるが、旬は均或いは釣ともなっており、遇うということからも、六二とする方が妥当と思える。初九は中正な六二に倣えば尊敬されると解した方がよくわかる。しかしこれは卜旬の旬であろう。次の伝の旬を過ぐるは災也とあるによっても明白と思うが、殷代から一旬(十日)一旬に占ったもので、一ぱい一ぱい、遅れてもよいからとにかく往けということに解した方が妥当と思われる。
六二
中正を守って新たな意義に富んだ生活を変わることなく、発達させてゆくことである。爻辞に其の蔀(ほう)を豊にす。日中・斗を見るとあるが、蔀は「しとみ」、或は蔀は灌木雑草の類とし、いずれにしても光を遮って昼尚暗く、その暗がりより明を見るから、日中斗星を見る訳である。豊の時はそれほど自ら晦まして、漸く世間のことがわかるのである。好い気になれば上から疑われ疾まれねばならない。
九三
調子に乗る時であるから、大切な右の肱ぐらい折りかねない。その沛(はい)を豊にすることである。沛は通説では蔀(しとみ)に比すべき旆(とばりばた)のこととするが、公羊伝に草棘を沛と曰い(何楷)、斉侯・沛に田(かり)すとあるが、蔀と同じく草木繁茂して、禽獣の匿れる所である。豊の互体は「風木」であり、約象では「澤」であるから、象も合う(応劭)とする説も興味が深い。
九四
六二と同じ。ただ「其の夷主に遇う」という難解な言葉がある。この爻は陰の位にある陽で、雷の初爻である。上の六五に比して大いに慎まねばならぬ。夷は等し・平らか・常の意で、自分と同じような立場の公平な相手である。初九に配主と言っ ているから、相応じて夷主は初九である。初九と相待ってゆけば吉を解されている。初九の配主を私は二爻と解するから、九四の夷主も六二とする。爻辞もぴったり合う。
六五
右のようにして自らゆかしい韜晦の徳を積んでゆけば、ここに章(あらわ)されて慶誉がある。吉である。
上六
要するに豊は平和な繁栄ではなく、変の多い時態を前にしての、目につき易い栄えであるから、よほど警戒する所が無いと、大家ががらんとして薄暗く、ひっそりとして、人気もないというような廃墟の光景となり易いことを思い知らねばならぬ。



[編集]

旅

(りょ、ピンインlǚ)は六十四卦の第56番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。


原文[編集]

旅、小亨。旅貞吉。

  • 初六、旅瑣瑣。斯其所取災。
  • 六二、旅即次、懐其資、得童僕貞。
  • 九三、旅焚其次、喪其童僕。貞厲。
  • 九四、旅于処、得其資斧。我心不快。
  • 六五、射雉、一矢亡。終以誉命。
  • 上九、鳥焚其巣。旅人先笑、後号咷。喪牛于易。凶。

各爻解義[編集]

初六
そもそも旅にあたっては、こせこせしてはならない。恥のかきすてなどは最もいけない。それで災にかかるのである。
六二
旅次のこと、一晩とまりを宿、二晩とまりを信、三晩以上を次という。十分の旅費を持ち、忠実な従者を連れておれば、間違いはない。
九三
旅舎から焼け出されたり、旅の間に平常の心得を失って、従者から愛想をつかされ、逃げられたりすることを戒めねばならぬ。
九四
丁度明らに麗いた所であるから、明の有る人に礼遇されて、禄も与えられ、護衛もつけられるに至ったが、旅は旅で、何となく落ち着かず、楽しくない。
六五
行旅の間に最も善く認められ、名誉と幸福に恵まれた状態である。爻辞に射雉一矢亡とある。諸説紛々いずれも牽強付会の憾を免れない。要するに古代の占辞であるから、後になっては止むを得ない。離は乾の中爻が陰に変じたものであり、柔を以て行く道である。一矢亡すはこの辺りに該当すると思う。
上九
上は陰位上六であるべきに九である。旅は柔の道であって、その極にある立場でありながら、ここの陽九は凶と言わねばならぬ。鳥の巣が焼けたようなもので、大騒ぎせねばならぬようなことにもなり、大切な役に立つ牛を領分の境から見失ってしまうというような災いを招く。不徳を慎まねばならぬ。


[編集]

巽

(そん、ピンインxùn)は六十四卦の第57番目の卦。上下ともにで構成される。通称「巽為風」。

原文[編集]

巽、小亨。利有攸往。利見大人。

  • 初六、進退。利武人之貞。
  • 九二、巽在休下。用史巫紛若。吉无咎。
  • 九三、頻巽。吝。
  • 六四、悔亡。田獲三品。
  • 九五、貞吉。悔亡。无不利。无初有終。先庚三日、後庚三日。吉。
  • 上九、巽在休下。喪其資斧。貞凶。


各爻解義[編集]

初六
風の吹き回しということがある。進退・節の無いのはいけない。中正に巽(したが)わねばならない。武人の貞、つまり大人の命を順奉して、死を以て変じないという節操が大切である。
九二
下の者にもよく聴き、下意を上達し(史)、上意を下達(巫)、うるさいことも厭わずに誠をつくしてゆけば吉。咎はない。
九三
あまりおとなしすぎてもよくない。主張する所は進んで行わねばならない。
六四
下を容れ、上を輔けてゆけば悔いはない。田(かり)して三品(神用・客用・主用のものを言う)の獲物のある所である。
九五
中正を守ってゆけば吉。利(よ)からぬことはない。初めは何だか頼りなくとも、終わりはよろしい。先庚三日、後庚三日、吉(象辞)とあるが、庚は更新の意を含み、先庚三日は五行によるに丁にあたり、後庚三日は癸にあたる。癸は揆(はか)ることで、因循姑息にならぬよう、更新してゆかねばならぬが、飽くまで丁重に、よく研究協議してゆけば吉。
上九
巽の極、いつまでも不自然な柔順迎合の態度を取っていると、持ち物も権威も失ってしまう結果になる。凶。

[編集]

兌

(だ、ピンインduì)は六十四卦の第58番目の卦。上下ともにで構成される。通称「兌為沢」。

原文[編集]

兌、亨。利貞。

  • 初九、和兌。吉。
  • 九二、孚。吉悔亡。
  • 六三、来兌。凶。
  • 九四、商兌。未寧、介疾有喜。
  • 九五、孚于剥。有厲。
  • 上六、引兌。


各爻解義[編集]

初九
和して兌(よろこ)ぶ。吉。
九二
孚あり兌ぶ。吉。象伝に信志なりとある。互いの志の相合うことから兌び合うのである。
六三
来り兌ぶ。凶。とは何故であろうか。前述の程伝にも示す通り、自ら邪媚の傾向がある。又外から邪心を以て迎合してくるものがある。それを悦んで受け入れる傾向もあることを戒めねばならぬ。
九四
商(はか)りて兌ぶ。未だ寧(やす)んぜず。介疾・喜有り(象辞)。四爻は下を承けて、上を輔ける大切な時処である。兌ぶ中に、思慮あり、協議がなければならぬ。気を緩うしてはいけない。介疾は大体二通り訓みかたがある。「疾(やまい)を介(へだ)つ」と「介して疾(にく)む」である。九四は九五と六三の中に介在する。いずれにも疾がある。双方為にする所あって狎れ合われてはいけない。その中に立って善処するというのが前者で、中に立って不義の行われることを気にして防ぐことが後者である。結局同じことである。
九五
中正で兌の主である。申し分ないのであるが、元来兌は好い気分になって、知らず識らず邪に媚び入られる性質があるから、九五は特にこれを慎まねばならぬ。この爻辞に、剥に孚あり。厲ありとなっている。剥は陽を消す陰の作用である。卦の面では、上六に位する小人にあたる。兌の九五変ずれば雷澤帰妹となるのである。
上六
引いて兌ぶ。伝に言う、未だ光ならず。卦の面から見れば、九五を或いは他の陽爻を引きつけることである。まだ独楽・自慊に達していない。兌の極致、亦功成り名遂げた、或いは名利の外に立つ者である上六に於いては、独り楽しむ(この独は孤独の独ではなく、自主自由、絶対的な意味の独である)、自慊(謙)に至らねばならない。

[編集]

渙

(かん、ピンインhuàn)は六十四卦の第59番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

原文[編集]

渙、亨。王假有廟。利渉大川。利貞。

  • 初六、用拯。馬壮。吉。
  • 九二、渙奔其机。悔亡。
  • 六三、渙其躬。无悔。
  • 六四、渙其群。元吉。渙有丘。匪夷所思。
  • 九五、渙汗其大号。渙王居无咎。
  • 上九、渙其血、去逖出。无咎。


各爻解義[編集]

初六
九二の剛中に順ってゆけば吉。
九二
離散の傾向ある時は急いで頼辺(よるべ)に奔れ。願を得て咎はない。
六三
民の離散を済う大業を興す為にはその身を投げ出してかからねばならぬ。さらば悔いなし。
六四
一身を渙するばかりでなく、その徒党を渙散してしまうことである(渙群)。渙すれば本当に民が丘(あつ)まる。権力政治に疲れた民衆の思う所である。さすれば、元吉。光大である。
九五
其の大号を汗す。王者が居って位を正すのである。咎なし。天下に王の大号令を発する。これは絶対である。汗の一たび出れば散じて再び戻らぬように、綸言・汗の如しである。大詔渙発はこれに基づく。
上九
其の血を渙す。去って逖(とお)く出ず。咎なし。血は汗血と言って、労苦・害悪の象徴である。要するにそういうものを散じてしまうことである。又この位に居る者は超然として古の賢者・陰士のように、派閥闘争、功名の争いから逃れ出なければならぬ。さすれば咎はない。


[編集]

節

(せつ、ピンインjié)は六十四卦の第60番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

原文[編集]

節、亨。苦節不可貞。

  • 初九、不出戸庭。无咎。
  • 九二、不出門庭。凶。
  • 六三、不節若、則嗟若。无咎。
  • 六四、安節。亨。
  • 九五、甘節。吉。往有尚。
  • 上六、苦節。貞凶。悔亡。


各爻解義[編集]

初九
節の卦であるから、いずれにせよ厄介な事態に臨んでのことである。この場合は通塞(つうそく)即ち事態の成り行きを静観して、自分は慎んでのり出さぬことである。
九二
門庭を出でず。凶とあり。伝に時を失うこと極まれるなりと説いている。二爻は中爻である。九五と応じて節を立てねばならぬ。その時に形勢を観望して、内に籠っていることは失節であり、凶である。この爻辞、門庭を出でざれば、と仮定に読む方よろし。
六三
節を失い易いところである。大いに嗟(なげ)かねばならぬことである。それを戒めれば咎無きを得よう。
六四
ここまで努力してくれば、苦も安らかになってくる。又面を変えて言えば、兌の上の四爻、九五爻の主を輔ける地位、節に安んじて行うことができる。
九五
全責任を以て節を立てる所である。乃公出でずんば天下の蒼生を如何せんやである。いかなる苦節にも甘んじて当たらねばならぬ。それでこそ人から敬重される。爻辞に曰く、甘節。吉。往いて尚(たっと)ばるるあり。
上六
苦節。貞。凶。悔亡。その伝に其道窮也とある。節は要するに苦である。尋常には道窮するのである。故に凶である。貞でなければならぬが、その貞は尋常一様の貞ではいけないというのが卦辞にある総説である。しかし節の極は甘んじて節に死なねばならぬこともある。凶に相違ないが、悔いはない。特に上六に位する者にこの憂が少なくない。


中孚[編集]

中孚

中孚(ちゅうふ、ピンインzhōngfú)は六十四卦の第61番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

原文[編集]

中孚、豚魚吉。利渉大川。利貞。

  • 初九、虞吉。有它不燕。
  • 九二、鳴鶴在陰、其子和之。我有好爵。我與爾靡之。
  • 六三、得敵。或鼓或罷、或泣或歌。
  • 六四、月幾望。馬匹亡。无咎。
  • 九五、有孚攀如。无咎。
  • 上九、翰音登于天。貞凶。


各爻解義[編集]

初九
虞(ぐ)吉。它(た)有れば燕(やす)からず。“虞”はおもんぱかる、憂えておもんぱかる、うれえて予防する等の義である。孚はそうあること、慈は悲であり、愛はかなしと道義である。“虞”を澤中にのみ棲む澤虞、一に固澤という鳥の名とする説がある。末の大家・錢啓新がこれを説き、孫夏峰(奇逢)が賛同している。初九は六四と正応する。深く信じて他意なかるべしと言うのである。
九二
同志相呼びかわして行くのである。辞に鳴鶴・陰に在り。其の子之に和す。我れ好爵あり。吾れ爾と之を靡(つく)さんとある。この卦二陰・二陽・二陰で、約すれな「離」となる。離卦は鳥を表す。真中が胴体で両端が翼である。約象は山で、山澤損となり、山下の澤に棲む鶴にたとえたのは妙である。
六三
同志と物議の多い段階である。「敵を得」と爻辞にあるが、六四と三とで、口相向う象がそれを物語っている。
六四
月とすれば、満月に近い。下に関わっておらず、九五の為に努力せねばならない。
九五
中正である。同志を率いて咎はない。
上九
翰音・天に登る。貞なるも凶とある。翰は羽である。固澤鳥が澤を去って天がけるは凶である。孚はあくまでも実地に即さねばならぬ。


小過[編集]

小過

小過(しょうか、ピンインxiǎoguò)は六十四卦の第62番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

原文[編集]

小過、亨。利貞。可小事、不可大事。飛鳥遺之音。不宜上、宜下。大吉。

  • 初六、飛鳥以凶。
  • 六二、過其祖、遇其妣。不及其君、遇其臣。无咎。
  • 九三、弗過防之、従或戕之。凶。
  • 九四、无咎。弗過遇之。往厲。必戒。勿用永貞。
  • 六五、密雲不雨。自我西郊。公戈取彼在穴。
  • 上六、弗遇過之。飛鳥離之。凶。之謂災眚。


各爻解義[編集]

初六
飛鳥は凶。艮の初六である。止まらねばならぬ。欲心を馳せるはいけない。
六二
中正である。辞に、其の祖を過ぎ、其の妣に遇う、其の君に及ばず、其の臣に遇う、咎なしという難解の語がある。祖は亡き父で陽(九三)、妣は亡き母で陰(初六)。三爻は君上、初爻は臣下に当たる。卦辞に上るに宜しからず、下るに宜しとある通り、六二は中正を守って、九三に上らず、初六に下って、咎無きを得る(明の來知徳・『周易集注』)。
九三
上六に正応するが、艮の上爻で、重厚でなければならぬ。上に求めて走れば凶たること疑いをいれぬ。
九四
六五に正比するが、卦の主旨に隋って下るに宜し。自ら用いてはならぬ。永貞なれ。永貞を用いる勿れと解する説もあるが、採れない。
六五
風天小畜の卦辞である密雲雨らず。我が西郊よりすをこの爻辞にとっている。そして公・弋(よく)して彼の穴に在るを取るとあるが、小過であるから陰盛んである。六五は兌の上爻にあたり、正に辞の通りということが出来る。卦全体は坎(あな)であるから、三四は彼の穴に在る者である。この有為の人物を引き出すことが出来れば、大雨沛然として天下を澤(うるお)すことも出来よう。
上六
小過はあくまでも謙下して重厚でなければならぬ。上六は九三に正応するのであるが、亢(あが)ると、飛鳥が網や弋(いぐるみ)にかかるように天災・人眚(わざわい)にかかる。凶。


既済[編集]

既済

既済(きせい、旧字体:既濟、ピンインjìjì)は六十四卦の第63番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

この卦は全てが当を得ており、最高の卦である。事象の判断では現状維持を中心に方針を決める時である。

原文[編集]

既済、亨小。利貞。初吉終乱。

  • 初九、曳其輪、濡其尾。无咎。
  • 六二、婦喪其茀。勿逐。七日得。
  • 九三、高宗伐鬼方。三年克之。小人勿用。
  • 六四、繻有衣袽。終日戒。
  • 九五、東隣殺牛、不如西隣之禴祭、実受其福。
  • 上六、濡其首。厲。


各爻解義[編集]

初九
ニ・三・四は「坎」である。坎は車の象又狐の象とする。初九は車の輪を曳く象であり、又狐とすれば、その尾にあたる。小過は無事に過ごすことであるから、既済となって、人々は調子に任せて進もうとする。それは危ないと曳き止めることである。狐は水を済(わた)るに尾を揚げる。尾を垂れて濡らせば泳ぎ渡れないと言う(後漢・『風俗通義』所伝)
六二
中正にして九五と正応する。妨害があっても棄て置けばよい。自然に解決する。勢い定まっているからである。
九三
重大段階であるが、時間をかけて取り組むこと。小人は用いてはならない。これを誤れば「水雷屯」の卦となって、大いなる危難となる。
六四
既済の半を過ぎて、すでに変化の機を含む所である。十分なる注意を要する。この爻辞に舟に小穴があって水が浸入する。それを在り合わせのぼろで塞ぐという例を引いている。
九五
既済の安定したかに見える時であり、上に立つ者は安心して驕怠の始まる時である。この時に於いて、よく情勢を比較検討して、神の嘉賞されるようであれば、実にその福を受けて、吉大いに来るであろう。
上六
安定は久しきを得ない。油断をすれば首を濡らす沈没を招く。厲きを知らねばならぬ。

未済[編集]

未済

未済(びせい、ピンインwèijì)は六十四卦の第64番目の卦。内卦(下)が、外卦(上)がで構成される。

原文[編集]

未済、亨。小狐汔済、濡其尾。无攸利。

  • 初六、濡其尾。吝。
  • 九二、曳其輪。貞吉。
  • 六三、未済。征凶。利渉大川。
  • 九四、貞吉悔亡。震用伐鬼方。三年有賞于大国。
  • 六五、貞吉无悔。君子之光。有孚吉。
  • 上九、有孚于飲酒。无咎。濡其首、有孚失是。


各爻解義[編集]

初六
卦辞の通り、小狐が川の中途に尾を垂れて濡らすようなものであるから、慎重に弁えねばならぬ。
九二
既済の初九に言う、車の輪を曳くところ、即ち軽率な進み方をしないで自重すれば吉。
六三
険の極ゆえ、軽率に進むは凶である。しかし前途光明あり、離は又舟の象であるから遂行するによろし。
九四
明らかに物を弁じ、方正の道を守って、ここに至り吉。悔いなし。六五の主の命を受け、鬼方を征伐して、大国に封ぜられた如く、志行われるのである。
六五
貞吉。悔いなし。君子の光あり。孚有りて吉。使命を果し、どっしり重鎮する所である。
上九
杯をあげて皆の為に祝福し、更に新たな意気を養う所である。酔いしれて不覚を招いてはいけない。

脚注[編集]

  1. ^ 参考文献:『易学入門』(著:安岡正篤 版:明徳出版社)


上経三十卦