周昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

周 昭(しゅう しょう、? - ?)は、中国三国時代政治家恭遠豫州潁川郡の人。

生涯[編集]

孫権の末年に、太史令丁孚・郎中項峻に命じて、『呉書』の編纂が行われたが、丁孚にも項峻にも史官としての天分はなく、彼らの編纂した内容は記しとどめておく価値もないものであった。孫亮が即位すると、韋曜・周昭・薛瑩・梁広・華覈の5人に命じて別に『呉書』の編纂を行わせ、昔の事柄を調査して、共同して本末のそなわった史書を作り上げることとなった[1]。『呉書』の編纂は孫晧の時代まで続けられ、55巻分の原稿が出来上がったが、編纂者が早くに亡くなったり、罪を得て流罪になったり処刑されたり、また呉が滅亡したことにより、史書としては未完に終わった。

周昭も、のちに中書令となったが、永安年間に事件に連座して獄に入れられ、華覈が上表して周昭を救おうとしたが、孫休はそれを聴き入れず、処刑されたという[2]

著書に『周子』9篇[3]、『新論』[4]などがある。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 三国志』呉志 薛綜
  2. ^ 『三国志』呉志 歩騭伝
  3. ^ 隋書』経籍志注
  4. ^ 太平御覧』注