周泓余

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

周泓余(しゅう おうよ、2000年7月1日 - )は、中国囲碁棋士湖南省長沙市出身、中国囲棋協会所属、五段。新人王戦優勝、穹窿山兵聖杯世界女子囲碁選手権準優勝など。

経歴[編集]

5歳の時に、湖南省棋類協会青少年囲棋奕戦教室で囲碁を学び、朱毅五段らに指導を受ける。2010年に湖南省迎春杯少年児童囲棋戦にてアマ五段を認められた。2011年より国家少年隊の湖南出身黄奕中七段の紹介で野狐道場、葛玉宏道場で学ぶ。2014年12歳で、岳陽市で行われた国藩杯全国アマチュア囲棋オープン戦の女子部1位となる。2015年には黄河杯全国アマチュア囲棋オープン戦の女子部優勝。同年初段。同年女子甲級リーグに参加し、芮廼偉李赫宋容慧を破って注目を集めた。建橋杯戦ベスト8。

2016年二段、国家囲棋隊入り。2017年三段。2018年穹窿山兵聖杯ベスト8、博思软件杯中国新秀赛ベスト8、女子名人戦ベスト4、四段。

2019年に男女混合の新人王戦決勝に進み、陳豪鑫に2-0で勝ち、女流棋士として於之瑩についで二人目の優勝。またこの時に昇段点に達して五段昇段。穹窿山兵聖杯で準優勝。

女子甲級リーグでは、蕪湖市チームなどで出場し、2018年は11勝7敗の成績で最優秀進歩賞。中国囲碁棋士ランキングでは、2019年10月103位。

主な棋歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦