周胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

周 胤(しゅう いん、? - 239年)は、中国後漢末期から三国時代の人物。周瑜の次男。廬江郡舒県の人。兄に周循、妹に周妃。『三国志』呉志に記録がある。

生涯[編集]

父の死後、興業校尉となり、孫権は皇族の女子即ち孫氏を彼に娶せる。1000の兵士を率いて公安に駐屯したという。

229年には、周瑜の子として都郷侯に封じられたが、他の功臣の子弟には及ばない。しかし、素行が悪であったため、のち罪を得て廬陵郡に配流された。

239年、諸葛瑾歩騭は連名で上奏し、周瑜のかつての功績に免じて周胤の罪を許すよう求めた。この後、朱然全琮もこれに同調したため、周胤を赦免することを決めた、まもなく死去。

参考資料[編集]